2018年01月14日

片岡ゼミ公開講座

片岡ゼミ公開講座


『片岡ゼミの夢十夜』


新潮文庫に「眠れなくなる夢十夜」という本があります。

夏目漱石の「夢十夜」に触発された現代作家十名による作品集です。

わたしたちは、片岡輝氏の指導のもと、十人のゼミのメンバーで漱石の「夢十夜」を学んだ後、各自の夢物語を創作中です。

今回はゲストに俳人の小川学(をがわまなぶ)さんをお迎えし、ゼミでの創作過程を公開します。再話や創作に興味のあるかたの参加をお待ちします。

参加される皆さまの発言も大歓迎です。


日時  1918年1月27日(土) 13:15より

場所  目白ファッション&アートカレッジ ミネルヴァホール

      JR山手線目白駅より3分

参加費 1000円

お問い合わせ・参加申し込み

  新田安季子:045-479-5409

  山本直子 :042-327-4739


チラシはこちらから ⇒ 17公開講座チラシ地図入り.docx
posted by 語り手たち at 23:12| Comment(0) | 再話研究ゼミ

2018年01月09日

1月のお話


ひゅういやろのお正月


片岡輝・文 

花之内雅吉・絵


ひゅういやろのの、ひゅういやろ、とうとうたらり、とうたらり……お正月になると、にぎやかなお囃子にのって、さんばっさんのお人形が薄暗いお宮の中からニコニコと笑いながら現れて、ツーンと鼻が痛くなるような冷たい風に吹かれて、ぶるぶると身ぶるいをしながら、まるでうなるような、うたうような声で、「まずまずお舞いたまえ……」とくりかえして踊る人形芝居を、お父さんの肩車に乗ってみるのが、睦子のお正月の楽しみでした。今日は、大晦日。明日は待ちに待ったお正月です。


1月の写真@.jpg


ころが、冬将軍が朝から暴れ始め、吹雪が強いので、街から山道を登って来る路線バスが運休になってしまったのです。睦子のお父さんは、山の仕事が暇な間は、街で働いていて、いつも大晦日にたくさんのおみやげといっしょに帰って来るのです。

 睦子は、窓ガラスに鼻のてっぺんを痛くなるほど強く押し付けて、お父さんを乗せたバスが峠を越えて走ってくるのではないかと、粉雪の分厚いカーテンの向こうをにらみつけています。


1月の写真A.jpg


ひゅういやろ、ひゅういやろ……上のお兄ちゃんが吹く笛の音が、吹雪の中に吸い込まれていきます。

 「この分だと、さんばっさんも今年はお休みになるかもしれんぞ」

お兄ちゃんは中学生で、さんばっさんのお囃子で笛を吹く係です。

 「お父さんも帰ってこれないし、さんばっさんもお正月も今年は来ないんだろうか?」

睦子がしょんぼりしていると、おにいちゃんがこんな話を聞かせてくれました。

 「昔、きこりが、さんばっさんの祭りに燃やす薪をとりに山へ入っていった。すると


1月の写真B.jpg


将軍が、おれたちを追っ払って春の女神を呼び寄せるとは、ふとどき千万。そんな祭りは吹き飛ばしてくれよう≠ニ、びゅうびゅうぼうぼう雪交じりの嵐を巻き起こし、きこりを凍え死にさせようと、やっきになって攻めて来たそうな。きこりは、腰まで雪に埋まりながら、しびれて、もうなんにも感じなくなった両手に斧をしっかりと握りしめて、がっきがっきと木の幹にさんばっさんの人形を彫っていったんだと。一番叟は美しい春の女神、二番叟は千年も万年も生きたおじいさん、三番叟は福々しい福の神さまであったんだと。きこりが、さんばっさんを彫り終えたとき、きこりは、もう雪ん中にすっぽりと埋まっていたそうな」


C1月の写真.jpg


「ね、それできこりはどうなったの? さんばっさんのおまつりはどうなったの」

 「きこりがさんばっさんを彫り終えたとき、冬将軍は、吹雪の詰まった袋の中身をぜーんぶ使い果たして、さんばっさんにはとてもかなわんと、しっぽをまいてにげていったんだそうな」

 「あー、よかった!」

 睦子は、すっかり安心して、こたつの中で眠りこんでしまいました。


ぎの朝は、吹雪もやんで、うそのように

 おだやかな元日でした。睦子が目を覚ますと枕元に新しい羽子板と、きれいな羽根が並んでいます。

 「あ、お父さんだ! さんばっさんが冬将軍を追っ払って、お父さんを連れて来てくれたんだ

!さんばっさん、ありがとう!」

 ひゅういやろうのひゅういやろう……お兄ちゃんが吹く笛に、鼓がとうとうたらりとうたらり……と、にぎやかに加わって、さんばっさんがお宮から出てきました。お父さんの肩車に乗った睦子が、「ありがとう」と、お辞儀をすると、さんばっさんが三人そろって春の笑いを辺りに振りまくのでした。


D1月のイラスト.jpg






posted by 語り手たち at 22:48| Comment(0) | お話の国

2018年01月08日

中野図書館お話会 2018年【1月】 報告 

お話会の報告【1月】    東京都中野区立中央図書館お話会



2018年1月6日(土           司会進行 野田登志子


 今年初めての中野図書館のお話会でした。戌年にちなんで、1部では犬の出てくるお話を集めてみました。いろんな犬に出会いましたね。2部では寒い冬でも、心を温めてくれるお風呂と美味しいおでんを楽しみました。3部は世界の不思議な話を3つ聞いてもらいました。3部とも参加してくれたお子さんもいらして、子どもたちの笑い声に癒されたひと時でした。たくさんの絵本を手に取ってくれました。


今月の語り手 : 井上雅美、須山優子、野田登志子


第1部 テーマ いぬ年ワン!子ども7人 大人8

●ぽいぽい・たいそう (人形を使って詩) 

        のはらうたU くどうなおこ 童話屋 井上

●それはすごいなりっぱだね!(絵本) 須山

        いちかわけいこ アリス館  

●友だちをみつけた 犬 (語り) 井上

        末吉正子 むかし話ワールドへようこそ!一声社 

●氷のお山 (手遊び)野田 

●まどをトントントン (絵本) いわもとかずひろ 福音館 野田

●さて、わたしはだれでしょう!(パネル台を使って)自作 須山


紹介図書

・むかし話ワールドへようこそ! 末吉正子 一声社

・のはらうたU くどうなおこ 童話屋 

・うきうきしたら ジェズ・オールバラ 徳間書店

・まどをトントントン いわもとかずひろ 福音館

・どろんこハリー ジーン・ジオン 福音館

・それはすごいなりっぱだね!

         いちかわけいこ たかはしかずえ アリス館

・ゆうたはともだち きたやまようこ アリス館

・ジェリーのながーいながーい 矢野アケミ 大日本図書

・いぬ・ねこせかい地図絵本 高井ジロル カンゼン

・エルネスト たびするいぬのものがたり 

         ヨッヘン・シュトゥーアマン フレーベル館

・ころちゃんはどこ? エリック・ヒル 評論社


第2部 テーマ 寒い冬!でも心はホッカホカ 子ども8人 大人7

●猿のお風呂 (人形 わらべ歌) 野田

●おでんのゆ (絵本) 真珠まりこ ひさかたチャイルド 井上

●ゆきのひにトントン (語り) 

         絵本より やすいすえこ 鈴木出版 須山

●森のケーキ屋さん (ペープサート) おはなしかご 須山

●おおさむ こさむ (パネル) 自作 井上 


紹介図書

・おでんのゆ 真珠まりこ ひさかたチャイルド

・ゆきのひにトントン やすいすえこ  鈴木出版

・このゆきだるまだーれ 岸田衿子 福音館

・やまのおふろやさん とよだかずひこ ひさかたチャイルド

・おもちのおふろ 苅田澄子 学研

・ちくわのわーさん 岡田よしたか ブロンズ新社

・おおさむこさむ  こいでやすこ 福音館 

・おかしなゆきふしぎなこおり 片平孝文 ポプラ社

・なかよしゆきだるま 白土あつこ ひさかたチャイルド

・ゆきのひのゆうびんやさん 小出淡作 福音館

・きつねのおふろ 国松エリカ 偕成社 

・きらきら 谷川俊太郎 アリス館

・おふろだいすき 松岡享子 福音館


第3部 テーマ さあ、不思議な世界へいらっしゃい! 

子ども7人 大人4

●おばあさんの魔法の針 (語り) イヌイットの話 野田

      「二人語り 虎の巻」 末吉正子 一声社 

●ババヤガーの白い鳥 (語り) ロシアの昔話 井上

      「ババヤガーのしろいとり」 内田莉莎子 福音館 

●イボンとフィネット (語り) フランスの昔話 須山

      「子どもに聞かせる世界の民話」矢崎源之助 実業之友社  


紹介図書

・二人語り・虎の巻  末吉正子  一声社

・ババヤガーのしろいとり 内田莉莎子 福音館

・子どもに聞かせる世界の民話  矢崎源之助 実業之友社


今月の手遊び歌・わらべ歌 

氷のお山

 ペンギンさんが氷のお山を登ります 

       トッコトッコトコトッコ 

       スーッとすべっていい気持ち!

 白熊さんが氷のお山を登ります 

       ドッコドッコドコドッコ 

       スーッとすべっていい気持ち!

 犬さんが氷のお山を登ります 

       ワーンワンワンワンワワワンワン 

       スーッとすべっていい気持ち!


次回の中野区立中央図書館のお話会

2018年2月3日(土)

1部 : 130分〜2時                  幼児向け

2部 : 230分〜3           幼児・低学年向け

3部 : 315分〜345分            小学生向け


語り手 : 新田安季子、吉田孝子、須山優子

司会  : 須山優子



posted by 語り手たち at 00:25| Comment(0) | 中野図書館