2017年04月30日

太陽と月の詩 216号 巻頭言

創立四十周年のその先へ


片岡 輝


 世界の行く手になにやら不吉な暗雲が立ち込め、これまで揺るぎないものと安心していた大地に亀裂が走ろうとしている中、語り手たちの会は創立四十周年を迎えました。肉声の語りで人と人の心に橋を架けて、子どもたちの笑顔と幸せを守ろうと地道な活動を続けてきた私たちの志と実践の真価が、いま鋭く問われていると同時に、宗教、国境、民族、性別、教育、情報格差、貧富、正規雇用と非正規雇用、大都市圏と地方などなど、人びとを分断する力が強まっているからこそ、その流れに歯止めをかけ、引き裂かれた傷口を修復すべく、語りが果たす役割の重要性がかつてなく高まっていると感じています。


 子どもたちの笑顔と幸せは、子どもを取り巻くすべての人々の笑顔と幸せなくしてはあり得ません。すべての人々が等しく笑顔と幸せであるためには、社会がやさしさと寛容さに満ち、公平でガラス張りで互いに違いを認め合い、憲法を遵守し、人権を守って、他者を貶めることなく、平和を愛さなくてはなくてはなりません。その初めの一歩が、心を開いて言葉をかわすコミュニケーションです。


 折しも、東京では、約五〇〇年前、ネーデルランドで活躍した画家ピーテル・ブリューゲル一世が旧訳聖書に記載されている物語『バベルの塔』を描いた作品が公開され、話題となっていますが、天を衝く高い塔を建てようとした人間の驕りが神の怒りを買い、言葉を奪われた人間は意思の疎通が出来なくなり、塔が未完に終わるさまが描かれています。この物語が示す教訓については、諸説がありますが、ポスト・真実といわれる天をも畏れぬ空疎な虚言が世界を駆け巡っている現状の未来を予告しているかのように思えてなりません。私たちは、小さな真実と愛の言葉を地道に語り紡ぐことを創立四十周年のその先へ向かって続けて行く決意を新たにし、ともに歩み続けたいと願っています。


(NPO法人語り手たちの会理事長)



posted by 語り手たち at 00:48| Comment(0) | 太陽と月の詩

2017年04月23日

花咲く春語り 〜異国の友と〜


花咲く春語り 〜異国の友と〜


 飛鳥山の満開の桜の中、創立40周年記念事業第1弾は、桜が大好きなセーラ・ハリーさんと“のまりん”こと野間成之さんをお迎えして開催いたしました。

まず、第1部は、セーラさんの“なぞなぞ”から始まりました。イギリスの語り手は、語る前になぞなぞを出して聞き手を引き付けることが多いとか、早速会場の子ども達が答えてくれて盛り上がりました。なぞなぞで会場が和やかになったところで、セーラさんはご自分が実践しているプロジェクト「高齢者とのワークショップ」「なぞなぞを使った学校でのワークショップ」を紹介してくれました。そして紙芝居を2つ。表情も動作も豊かで、さすがエンターテイナー、言葉の壁を越えてとっても面白かったです。それには、通訳の寳田さんの力も大きくて、彼女が「語り」として訳してくれたことがとても聞きやすかったのです。


    

    IMG_1150セーラさん+紙芝居.jpg         IMG_1157セーラさん+紙芝居.jpg


 野間さんは、“紙芝居屋さん”としての豊富な経験から、紙芝居の合間合間に大事なポイントを教えてくださいました。日本にしかない紙芝居文化普及に海外でも大活躍の“のまりん”のひとこと一言に参加者一同大いに納得、そしてお腹を抱えて大笑い!参加型や英語の紙芝居までご披露いただき、会場はすっかり紙芝居のとりこになりました。



                                   

        IMG_1167 野間さん.jpg      


 桜の最中で、一服した後は第2部です。

会の創立とともに歩んでこられた大先輩、曲田さんには、語りとわらべ歌を、そして、藤木さんにはご自分で作られた鼻たれ小僧さま(人形)とともに語っていただきました。

それから「飛び入り」でお願いした皆さま…まず、こがさんは、自作「あんぱん」を参加型で。「あ〜ん、あ〜ん」があんぱんへ。みんな、余りの可愛さににっこり!西さんは、詩を語りながら紙風船を披露、そしてふくらまし方を伝授してくださいました。穴をふ〜と吹くより、紙風船を飛ばしながら叩いていると膨らむのですね。お次は、君川さん。自作の「おばばのお手玉」をしっとり、そして温かく語ってくださいました。そのお手玉!音響を担当してくれた若〜い太田さんが、5つの連続お手玉を見せてくれました。素晴らしい!最後は、会場の皆さんと福島のわらべ歌をかりて♪40周年 ハァ めでたい めでたい めでたいな〜♪と歌い、楽しい会を終了しました。私たちはもちろん、セーラさんも日本の昔遊びをとても楽しんでくださいました。


     IMG_1181曲田さん.jpg   IMG_1191藤木さん.jpgIMG_1194こがさん.jpgIMG_1205君川さん.jpgさんIMG_1202西.jpgIMG_1211太田さん.jpgIMG_1213 福島のわらべ唄.jpg


 それにしても、語り手たちの会員は何て個性的で多才な方ばかりなのでしょう。

参加の皆さまからの「長い時間があっという間でした。疲れるどころか、ルンルン帰りました」「うちへ帰ってからも、楽しくてにこにこしていました」など、うれしい感想をたくさんいただきました。


 72日の第2弾もどうぞご期待ください。


〜〜〜〜〜〜〜春語り プログラム〜〜〜〜〜〜〜〜


1

・セーラ・ハーリーさん なぞなぞ出題、プロジェクトの話、

      紙芝居「ダートムーアの助産婦」

         「カバはどうして今の暮らしを始めたのか

・野間成之さん 

      紙芝居「でんしゃがくるよ」(とよたかずひこ 童心社)

      紙芝居「ひもかと思ったら…」(古川たく 教育画劇)

      紙芝居「かめのえんそく」→英語バージョンで

      紙芝居「へっこきよめさま」(水谷章三 童心社)

      紙芝居「まんまるまんまたんたかたん」

(荒木文子 童心社)参加型


2

・曲田晴美さん  語り「子守泥棒」

藤田浩子 かたれやまんば)

           わらべ歌&手遊び

(ちゃちゃつぼ、ちょちちょちあわわ 他

・藤木恭子さん  語り「はなたれ小僧さま」

・こがようこさん 参加型語り「あんぱん」(自作)

・西れよ子さん  紙風船を詩の暗唱とともに

・君川みち子さん 語り「おばばのお手玉」

自作 『君川みち子女むかし』より)

・太田友城さん  お手玉遊び

・有志の皆さん  40周年祝い唄(福島県わらべ歌 替え歌)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

                              (報告 芝 須山)




posted by 語り手たち at 23:38| Comment(0) | 語りのイベント

2017年04月22日

和み語り

「和み語り」   テーマ:空をみあげて

日時: 2017年 5月10日(水) 14:30〜16:00頃
             (交流の時間を含みます)

場所: たまプラーザ地域ケアプラザ
            (рO45−910−5211)
                      田園都市線 たまプラーザ駅 徒歩2分

参加費: 無料

プログラム

1 一番初めは一宮

2 蛙と梟 会津の昔話                              芝匠子

3 青い星と赤い星 ネイティブアメリカンの昔話      野田登志子

4 ぼたんの花の精と若者 能登の昔話                高橋裕美

 

〜休憩〜


5 桃売り殿様 山形の昔話                           菅野智子

6 ヒデじいとキヌばあとヘビのはなし 自作           堀実和子

7 つばめのお宿 市ヶ尾の話(あおば紙芝居一座の作品)貞廣典子

8 茶話会



お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。
posted by 語り手たち at 13:31| Comment(0) | 全国語り情報