2016年05月05日

太陽と月の詩 212号 巻頭言

創立四〇周年を前にして


NPO法人語り手たちの会理事長 片岡輝


故櫻井美紀さんが会をスタートさせて来年で四〇年を迎えます。ゆうやけ文庫に赤ちゃんをおんぶして通って語りの魅力に目覚めた若いお母さんたちが今ではベテランの語り手となって、会の運営を担って活躍しています。わが子に語り聞かせようとして始めた語りも次第に図書館や園や学校で大勢の子どもたちに語りの楽しさを届けるボランティア活動へと発展し、高齢化社会とともに聞き手も大人や高齢者へと広がって来ました。語りの質を高めようと、創立二〇周年を記念して始めたセミナーも、入門講座から研究セミナー、ゼミと、語り手のキャリアとニーズに応えて充実した取り組みを展開しています。また、NPO法人化とともに語りを通して社会的に貢献することを目指して、全国各地の会員の協力を得てその地域での語りの活動を支援する事業や被災地へ語りを届ける支援、孤立して子育てをしている若い母親に赤ちゃんとお話しで楽しく遊ぶ機会を提供する「おはなしごっこ012」、障害児や高齢者にお話しを届ける活動、参加者全員で語るよろこび、聞く喜びを楽しむテラブレーション、海外の語り手との国際交流、語りの芸術性を追求する活動、語りの愛好者を結ぶ出版など幅広く行ってきました。私たちの誇りは、こうした多様な活動のすべてを会員のボランティアによって進めていることです。

いま、創立四〇周年を前にして、私たちはこれまでの活動を振り返りながら、より質を高め、内容を充実させ、広がりをもたせて、私たちが直面しているさまざまな問題を語りによって良い方向へと向かわせるには何をどうすればよいかを会員のみなさまとともに考えて参りたいと願っています。創立四〇周年記念事業をはじめ、会員の交流を密にするためのアイデア、会誌・会報にこんなページがあったらいいなの提案などなど、なんでも結構です。語りという文化を末永く伝えていくための知恵を集めて四〇年から五〇年への活動の基盤を力を合わせて築いて行こうではありませんか。みなさまからのお便りを心からお待ちしています。

posted by 語り手たち at 02:15| 太陽と月の詩