2016年09月29日

千話一夜のご案内

千話一夜 3


  〜車座になって語ったり聞いたり〜


・日時 10月2日(日)5時〜630分基礎講座終了後)

・場所 子ども文化研究所(目白駅下車1分 村松ビル3階)

・会費 100


*当日、直接いらしてください。

*どなたでもご参加いただけます。

*お好きな語りをお持ちください(聞き手のみ、もちろん可)


*問合せ 須山(042360-1272

    

posted by 語り手たち at 09:20| Comment(0) | 千話一夜

2016年09月20日

千話一夜 報告

千話一夜  第二回報告  9月11日


〜車座になって、気楽に、語ったり聞いたりの会〜


 二回目を迎えた「千話一夜」、今回は、まず、「生まれて初めて語ります!」とおっしゃる岩下さんから始まり、雪深い秋田でほんとにあった話や、松江や夕鶴の里で聴いてきた話、新聞記載の物語、日本や世界の昔話など。そして、語りに関するいろいろなお思いを語ってもらいました。お話ってほんとにいいですね!


参加者の語り                    司会 新田安季子


へびの食い合い(藤田浩子 語れやまんば)                        岩下祥子


うばすて山(子供に語る日本の昔話)                中山明子


雪国でほんとにあった話(パーソナルストーリ)         田中久美子


お月さまの話(おはなしのろうそく25              清智子


こぶとりじい(松江で聴いた出雲の話)               遠藤博子


福島、2つの風(福島の思い出、想いを語る)          伊知地晃子


偶然短歌(東京新聞短歌月評より)                 片岡輝


ちょうちょうの誕生(アボリジニの昔話 新読書社)        古谷ふみ

                   

うまいものやま(紙芝居 佐々木悦 童心社)           三好玲子


ぼくうまれたよ(毎日新聞の童話 木坂涼)           本郷美智恵


お日様お月さま雷様(夕鶴の里で聴いた話)           若林孝子


子守唄のなぞ(舌切り雀 小沢俊夫編 日本の昔話)       池上富士子


今、思っていること(語りの仲間や場への思いを語る)       熊井ユリ


シーリーコート(ケルトの妖精 あんず堂)            清水七重



これからの予定

 10月2日、11月6日、12月4日、1月8日、2月5日の各日曜基礎講座終了後に開催。

5時から6時半、参加費百円、当日、直接目白子ども文化研究所(目白駅下車徒歩1分)においでください。

*問い合わせ・記録 須山優子


posted by 語り手たち at 00:08| Comment(0) | 千話一夜

2016年09月13日

中野図書館 報告


 お話会の報告 【9月】  東京都中野区立中央図書館お話会


中野では、9月中旬がお祭り。町会ごとにお神輿、奉納踊り、屋台も出て、大人も子どもも楽しみにしています。

 伝えたい、地域のつながりを思い、テーマを「お祭り」にしました。人間だけでなく、動物、野菜、おばけまで、いろいろなお祭り のお話が集まり、「お祭りわっしょい」を楽しみました。

9月3日(土)               司会進行  伊知地晃子


第一部   テーマ「みんなで行こう!お祭りだ」(子ども5人 大人9人)

@ドドンとドン(手袋人形)(自作)          吉田孝子

Aおまつりおばけ(絵本)(せなけいこ フレーベル館)  伊知地晃子

Bわにわにのおでかけ(絵本)(小風さち 福音館書店)  雨宮明美              

Cにんじんだいこんごぼう(エプロン)(植垣歩子 福音館書店) 雨宮明美

Dあきやさいのあきわっしょい(絵本)(林木林 ひかりのくに) 吉田孝子


第二部 テーマ「歌って踊って楽しもう」(子ども12人 大人13人)

@のはらのなかま(パネル)(のはらうたよりアレンジ)   吉田孝子

Aばけばけばけばけばけたくん おまつりの巻(岩田明子 大日本図書)伊知地

Bこぶじいさま(語り)(赤羽末吉 福音館書店 より)  雨宮明美

Cとびすけ音頭(谷川俊太郎「すっとびとびすけ」より)    吉田孝子


第三部 テーマ「知恵と力で楽しもう」(子ども5人 大人8人)

@はしれカボチャ(語り)(エバ・メフト 瑞雲社より)       吉田孝子

Aあたしがテピンギー この子がテピンギー あたしたちもテピンギー(語り)

魔法のオレンジの木( 岩波書店)          雨宮明美

B木のまつり(語り) 新見南吉 新樹社より)        伊知地晃子

posted by 語り手たち at 00:04| Comment(0) | 中野図書館