2016年10月31日

太陽と月の詩 214号 巻頭言

心に届く言葉
東京都 大竹麗子



「声はうそをつかない」・・心ない言葉、つまり心とは違う言葉を言ってしまうことはあるが、声は決してうそはつかない。音声で言葉を伝えた時、表意(意味)が届くのではなく、その言葉を発している人の内側の真意(本当の気持)が届くのだ。

 物語を語る者にとっては、実に重要な事だ。

「美しい」とか「暖かい」を意味する言葉を発しても、その人の内側に、本気でその思いが内在していなければ、何度「美しい」をくり返しても「美しさ」は届かない。一字一句違わない原稿を二者が語った時に、一方はただの報告文のようになり、一方は、語った内実が深く確かに聞き手の心に届く、と言う事が生じるのもこのことによる。

 1932年に国連からの依頼で、アインシュタインとフロイドが「人はなぜ戦争をするのか」を書簡にて考察し合ったことがある。

 結論は「それにはその国の文化の在りが大きく関わっている」だった。

文化という言葉は茫漠としているが「人を人としての幸福へ向かわせてゆく広く大きな力である」と言う意味を内包する。人類の最大の文化遺産は言語である。

 その言語文化の最高峰であるストーリーテラーの我が国の内実はどうなのだろう?

日本ではまだまだ社会的なストーリーテラーの歴史は浅く余暇的趣味としてとらえられている。

臨床心理医が認められていなかったように児童文化という世界も、文化という名称だけはしっかりついているが、確かな質的内実と広がりを、他のマスメディアに匹敵する程、もてているのだろうか? 子ども達への美しい言語文化を大人達は本気で考えてきたのだろうか?と問いたい。

 だが、かつて臨床心理医が賢明に汗を流し実績を積み上げて、社会にみごとなプロフェッショナルの仕事を実現させたように、かつて朝日新聞紙上にて天野祐吉氏が「この国の将来に最も大事な事は、〃心に届く言葉の関係〃を本気で築いてゆく事なのだ」と叫ぶように言っていた様に、今、全国の子どもの文化に関わる人達が 本気でこの道を「仕事です!」と言える高みまで深めてゆき、必ずや地上の星となることを私は信じて、自分自身もこの道をリスペクトして歩み続けてゆきたい。


                     (会員 おはなしかご主宰)




posted by 語り手たち at 21:18| Comment(0) | 太陽と月の詩

2016年10月30日

千話一夜のご案内

千話一夜  第4


    車座になって語りっこしましょう〜


日時:116日(日)5時〜630

場所:目白子ども文化研究所(目白駅下車2分)

参加費:100


当日、直接会場においでください。聞き手も大歓迎

問い合わせ:須山(042-360-1272)



posted by 語り手たち at 16:42| Comment(0) | 千話一夜

2016年10月29日

中野図書館 報告

お話会の報告【10月】  東京都中野区立中央図書館お話会

 テーマは、秋も本番を迎えたので、1部、おいしいものいっぱい! 2部、景色の中で秋を見つけよう! 3部、秋のお話をたっぷり!にしました。暑かったり涼しかったり季節の変わり目ですが、やっぱり秋といえば、おいしいものですね(^^♪ 参加の子ども達とお話の中で味わいましたよ。景色の中から、秋色をみつける2部は、ハロウインも欠かせません。1部から3部まで、たっぷりと秋のお話に浸りました。紹介絵本も大人気!にこにこ笑顔の子ども達でした。図書館工事のため、しばらくお休みの中野お話会、ちょっぴり寂しいスタッフです。

(来年の5月から再開します) 


10月1日(土)                   司会進行  須山優子


第一部   テーマ「おいしいものいっぱい」(子ども6人 大人11人)
@きのみのケーキ(絵本)                           清水七重

A何たべる(パネル)(おはなしかご)                    村田厚子

Bリスとドングリ(語り)(かたれやまんば)                 須山優子

Cきょうのごはん(絵本) (加藤休ミ 偕成社)              村田厚子


第二部   テーマ「秋を見つけよう」(子ども8人 大人10人)

@うさぎのゆうびんはいたつ(パネル) (おはなしかご)            村田厚子

Aいばりんぼうのおんどり(語り)(セイフ・エディーンロウタ 学研) 村田厚子 

Bハロウィンのランプ(絵本)(小林ゆき子岩崎書店)      清水七重

C神様の贈り物(語り)(タフィー・トーマスから聞いた話)   須山優子


第三部 テーマ「秋のおはなし、たっぷりと」(子ども4人 大人6人)

@シーリーコート(語り)(ケルトの妖精 あんず堂)       清水七重

Aおしょうさんとこぞうさん(語り)(藤田浩子 かたれやまんば) 須山優子   

B狐の嫁入り(語り)(日本の民話 角川文庫)          村田厚子






posted by 語り手たち at 15:09| Comment(0) | 中野図書館