2016年12月29日

千話一夜 ご報告

千話一夜 第5回報告   12月4日


 〜車座になって、語ったり聞いたり…〜


 今回は11人といつもよりは少なめの参加でしたが、和やかに楽しく語り合いました。

「絵本を語る」難しさ、工夫点などいろいろ話し合いました。


参加者の語り(参加者11名)     司会 新田安季子


・猿の生き胆(『日本昔話百』三省堂)

 岡田千佳子

・クリスマスツリーのお話(佐藤凉子著『お話会のプログラム』編書房』)

渡辺弥生

・花さき山(斉藤隆介作 岩崎書店)

若林孝子

・つる女房(『子どもに語る日本の昔話』こぐま社)

中山明子

・かえるぼたもち(きいた話)

永山早苗

・うさぎのさいばん(『さんねん峠〜朝鮮の昔話〜』岩崎書店)

本郷美智恵

                (報告:新田)

posted by 語り手たち at 14:00| Comment(0) | 千話一夜

2016年12月19日

千話一夜 ご案内

千話一夜 


〜車座になって、語ったり聞いたり…〜


日時:2918(日)5時〜630

場所:子ども文化研究所目白駅下車2分、左交番横の階段

下りコンビニを右に折れ村松ビル3階)

参加費:100


申込:事前申込、当日参加、どちらでも可

問い合わせ:須山(042-360-1272

posted by 語り手たち at 19:55| Comment(0) | 千話一夜

2016年12月14日

報告 テラブレーション in TOKYO 2016

テラブレーション  in  TOKYO 2016

  

 〜ふるさとに思いを馳せて part3〜


日時  1113日(日)13:0016:30    

会場  東京都北区王子 北とぴあ カナリアホール

参加費 1500円(ドリンク、おつまみ付き)  

対象  一般(参加人数101名)

主催  NPO法人語り手たちの会

(語り普及事業部、地域支援事業部共催) 

連絡先 042-360-1272 須山


報告 

 1部は、長崎から針尾郁子さん、東京から中川哲雄さん、鳥取から足立茂美さんをお迎えし、地元で行っている活動やお話し会の様子を伺いました。海の見える素晴らしい図書館での活動や平戸弁での語りを聞かせてくださった針尾さん、いなせな着物姿で登場の「物語屋」中川さんは、リュートの弾き語りや地域の伝説等の“ものがたり”を語ってくれました。水木しげるさんの妖怪の街境港で、おはなしポケット主宰の足立さんは、行政に働きかけた赤ちゃんへのブックスタートの活動、手遊びや楽しい語りを披露してくださいました。お三人とも講師や一人語り等幅広く活躍しています。その多様な語り活動はとても参考になりました。


 2部は、恒例のワイン片手に交流タイム。飲みながら食べながら、情報交換のおしゃべりが弾んでいました。


 3部は、大竹麗子さんの語り「フランダースの犬」。倉林さんのピアノとともに…。大竹さんの深く心に響く語りに、参加者一同涙して「大竹麗子のことばの世界」に引き込まれました。そして「秋から冬へ…」と題した倉林さんの澄んだ音色と歌声は“語り”そのもののようでした。


 1部から3部を通し今年もまさに語りで繋がるテラブレーションの一日となりました。


プログラム


1部 語りと活動


・針尾郁子(長崎)

   「おせんくじら」(さねとうあきら『語りの本』)

   「棺桶から出た手」(平戸の昔話)


・中川哲雄(東京)

   「二枚橋」(東京小金井市に伝わる昔話)

   「猫の王様」(ケルトの昔話)


・足立茂美(鳥取)

   「鏡」(岸田今日子

『大人にしてあげた小さなお話』大和書房)

   「ゆかいなさんぽ」(絵本 土方久功)

   「毛糸玉」(手遊び)


2部 交流タイム


3部 語りと音楽


・「フランダースの犬」(ウィーダー作より)

      語り/大竹麗子  演奏/倉林晶子


・「秋から冬、いろいろ…」

        里の秋、白い思い出、城ケ崎の雨 ほか 

      ピアノ/歌唱/倉林晶子


報告 須山



posted by 語り手たち at 21:46| Comment(0) | 語りのイベント