2017年01月31日

太陽と月の詩 215号 巻頭言

四〇周年 おもうこと

                              東京都府中市 須山優子

今年、語り手たちの会は創立四〇周年を迎えます。今号に年間の記念事業も掲載いたしました。どれも「語りの多様性」と、次世代への想いを託した「語りの未来」をテーマとしています。
会の一員として、この機会に「四〇周年記念の個人目標」を立ててみることにしました。
一、物語に入り込む旅を〜再話からオリジナルまで〜
以前、不思議な体験をしたことがあります。平家物語の祇王と佛御前、この女性たちの心情をもっと理解したいと思い、二人の終の棲家となる嵯峨野祇王寺を訪ねたときのこと。初冬の夕暮れ時は人気もなく、竹林に囲まれた庭を庵の縁先から眺めていると、後ろで密やかな話し声が…。「あなたがここにいらしたときは、ほんに驚きました。その上、この庵にお迎えすることになろうとは」「祇王様、私は入道殿の屋敷から命懸けで出て参ったのです。人として、生きるために」庵のあるじ祇王御前と髪を下した佛御前、そう、確かに。思わず、薄暗がりに鎮座する二人の座像に手を合わせてしまいました。帰り道、すれ違った見知らぬ老婦人曰く「実の姉妹のような最期だったのです、お二人は」・・・すてきな白昼夢。この旅で、再話「白拍子ふたり」は完成しました。(会誌55号)今年はできる限り物語の故郷に出かけよう。見て体感して、そして創るために。
二、眼差しを読み取る〜赤ちゃんからお年寄りまで〜
辛い思い出があります。落ち着きがなくなった子の保護者に「Мくん、おうちで何かありました?」「いいえ、べつに…」その後、冷たい見方をすると保護者からのクレーム。語り手(私)の「語り口調」、聞き手(保護者)との気持ちの通じ合いに至らないところがあったのでしょう。
嬉しい思い出も一つ。「いっぱいあるけど中くらいの嫌なことはね、内緒だけど、あっちゃんにカバン持たされたこと」と、耳元で囁いた一年生のKちゃん。そっとハグすると、体の力を抜いてクスクス笑ってくれました。気持ちが通いあった一瞬です。
語りの原点は、やはり日常会話です。目線や表情、抑揚や緩急等はすべて意味のあること。赤ちゃんからお年寄りまで、心は眼差に表れます。それを大事にくみ取って語っていこうと思います。
皆さまの今年の目標もお聞かせください。記念事業の場で語り合いましょう。前理事長、故櫻井美紀さんもきっとにこにことしながら耳を傾けてくださっていることでしょう。

                                (語り手たちの会理事)
posted by 語り手たち at 17:33| Comment(0) | 太陽と月の詩

2017年01月23日

語りと音楽の幸せな出会い

語りと音楽の幸せな出会い


語りの会で音楽家とのコラボレーションが盛んです。

でも、語りを生かし、音楽を生かす真のコラボレーションに出会うことはなかなかありません。単なる伴奏やBGMや場面転換に使われているレベルにとどまっている場合がほとんどです。

語り手たちの会・研究ゼミが邦楽演奏家の設楽瞬山氏をお迎えして、語りと音楽のコラボレーションのあるべき姿を追及します。


  Guest lecturer

     設楽瞬山 氏

    都山流大師範・都山流本曲コンクール金賞受賞者・泰山会会員

    敦煌古楽器アンサンブル古代尺八奏者


  司会進行

   片岡輝

    語り手たちの会理事長・詩人


  日時  2017年1月28日(土)  1330 〜 1530

  会場  目白ファッション&アートカレッジ B1Fミネルヴァホール

   参加費 会員800円/会員外1000


   お問い合わせ・申し込み 新田安季子:045−479−5409



 

               

posted by 語り手たち at 23:35| Comment(0) | 再話研究ゼミ