2017年04月30日

太陽と月の詩 216号 巻頭言

創立四十周年のその先へ


片岡 輝


 世界の行く手になにやら不吉な暗雲が立ち込め、これまで揺るぎないものと安心していた大地に亀裂が走ろうとしている中、語り手たちの会は創立四十周年を迎えました。肉声の語りで人と人の心に橋を架けて、子どもたちの笑顔と幸せを守ろうと地道な活動を続けてきた私たちの志と実践の真価が、いま鋭く問われていると同時に、宗教、国境、民族、性別、教育、情報格差、貧富、正規雇用と非正規雇用、大都市圏と地方などなど、人びとを分断する力が強まっているからこそ、その流れに歯止めをかけ、引き裂かれた傷口を修復すべく、語りが果たす役割の重要性がかつてなく高まっていると感じています。


 子どもたちの笑顔と幸せは、子どもを取り巻くすべての人々の笑顔と幸せなくしてはあり得ません。すべての人々が等しく笑顔と幸せであるためには、社会がやさしさと寛容さに満ち、公平でガラス張りで互いに違いを認め合い、憲法を遵守し、人権を守って、他者を貶めることなく、平和を愛さなくてはなくてはなりません。その初めの一歩が、心を開いて言葉をかわすコミュニケーションです。


 折しも、東京では、約五〇〇年前、ネーデルランドで活躍した画家ピーテル・ブリューゲル一世が旧訳聖書に記載されている物語『バベルの塔』を描いた作品が公開され、話題となっていますが、天を衝く高い塔を建てようとした人間の驕りが神の怒りを買い、言葉を奪われた人間は意思の疎通が出来なくなり、塔が未完に終わるさまが描かれています。この物語が示す教訓については、諸説がありますが、ポスト・真実といわれる天をも畏れぬ空疎な虚言が世界を駆け巡っている現状の未来を予告しているかのように思えてなりません。私たちは、小さな真実と愛の言葉を地道に語り紡ぐことを創立四十周年のその先へ向かって続けて行く決意を新たにし、ともに歩み続けたいと願っています。


(NPO法人語り手たちの会理事長)



posted by 語り手たち at 00:48| Comment(0) | 太陽と月の詩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: