2017年12月13日

12月のお話


片岡輝・文  花之内雅吉・絵

 旧式の熱はかりの水銀の線がぐんぐん上が
り、40の目盛りを越えそうな勢いです。
 「あらあら大変なお熱!すぐ、お医者さん
に来ていただかなくっちゃ」
 ママがあわててみつるの寝ている部屋から
飛び出して、スマホをかけに行きました。
 お部屋に飾ってあるクリスマスツリーが心
配そうにのぞきこんで、「昨日、ぼくをかざ
るのにがんばりすぎたからですよ。今夜、サ
ンタさんがやって来るまでに、注射を打って
もらって熱をさまさなくっちゃね」
 「あれっ? ツリーがはなしてる。もしか
して熱で夢をみてるのかな?」

                              2017年12月イラスト@.jpg
 
 ると、とつぜん、火のように熱いみつる
のからだが、宇宙飛行士のようにフワリと浮
き上がったかと思うと、果てしなく広い銀世
界の白い白い雪の中にみつるは立っていまし
た。
 雪がちっとも降ってこないので、サンタさ
んをのせたトナカイのそりが走ってこられな
いのじゃないかと心配していたみのるは、
 「やった! 雪だ。行きが降っている!」
 みつるは、うれしくなって、ちいさな子犬
のようにとびはねました。
 空のはるか高いところから、おどるように
舞い降りてくる雪と鬼ごっこしているうちに
いつしかみつるは林のなかに迷い込んでいま
した。

                            2017年12月イラストA.jpg                          

 細い木の枝につもった雪を指ではじくと、
雪のかたまりはロッケトよりも早く飛んで行
き、林のなかのお地蔵さんの背中に見事命中
しました。お地蔵さんがくるっと振り向いた
ので、みつるが、「あっ、ごめんなさい」と
あやまると、お地蔵さんだと思ったのは、み
つると同じ年頃の男の子で、クリスマスのパ
―テイでかぶるピエロのお面をつけていまし
た。    

                                         2017年12月イラストB.jpg


「ぼ、待ちきれなくって、サンタさんを
むかえにきたんだ。プレゼントには24色の
絵の具をたのんだんだ」
 「じゃあ、ぼくとおんなじだ! サンタさ
ん、間違えて12色を持ってこないかなあ?」
 そのとき、ダダダダダダ…エンジンの音が
して、スタッドタイヤをはいたオートバイが
丘の上に現れました。
 二人の目の前で、トナカイのシールをはっ
たオートバイから降りてきたのは、メガネを
かけたサンタさんでした。

                             2017年12月イラストC.jpg

「夜、枕もとにこっそり届けるのがきまり
なんだが、今日は特別大サービス。でも、このこ
とはここだけの秘密だよ」
 サンタさんは大きくふくらんだ靴下を、二人に
一つづつ渡すと、オートバイに乗って行ってしま
いました。
 靴下のなかには、24色の絵の具がちゃんと入
っていました。
 「あのサンタさん、どこかで会ったような気が
するぞ。あっ、そうだ、小児科のお医者さんだ!」
 二人は、ハーハーといきを吹きかけ、雪を
溶かし、絵の具をといて、真っ白い雪のカン
バスの上に絵を描きました。
 みつるは、クリスマスイルミネーションが
きらきらと輝く街を描きました。
 男の子は、駅とレールと列車を描きました。
レールは丘を越えて雪が舞う灰色の空まで続
いていました。
 「出発進行! ポッポー」
 男の子が乗った列車は、白い蒸気と黒い煙
をいきおいよく吐きながら、レールの上を走
って、やがて見えなくなってしまいました。
 みつるの熱が下がったのは、夜中のことで
した。みつるの枕もとには、ふくらんだ靴下
が約束通り、届いていました。   

   2017年12月イラストD.jpg                 



  

posted by 語り手たち at 00:32| Comment(0) | お話の国
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: