2018年02月01日

太陽と月の詩 219号 巻頭言

語り手たちの会発足四十年 そして次の十年へ

静岡県伊豆市 上原佐恵子

「語り手たちの会」発足四十年、感謝の気持ちでいっぱいです。大きな木から枝が健やかに伸び、美しい葉の語り部たちが育ってきたのでしょう。会が果たしてきた役割は、まさに「語りの世界」を大きくあたたかく開いてきたはず、と考えます。

さて、三十周年記念事業の年には何度も王子の「北とぴあ」に足を運びました。

ゆったりと「語りの歴史」をトークされた故櫻井美紀さんの姿が思い出されます。薩摩琵琶の岩佐鶴丈さんにも深い溜息。また、池田香代子さんには講演後に「戦争のつくりかた」の本にサインしていただきました。驚いたのは中世の古楽器演奏&ボーカルの「ジョングルール」です。鎌倉の寺、西荻のライブへと追っかけて、伊豆へ招聘を決定。大成功に終わった事は言うまでもありません。

あれから、十年。まさかの池田香代子さんとは昨年、田村市の宿で同室になり、手前勝手に御縁を感じた次第です。語り手たちの会と田村図書館の共催事業の分科会で「紙芝居」についてトークと実演をさせていただきましたが、私にとって想定外?の嬉しい想い出になりました。想い出と言えば、錦糸町のホール「芸術の語り」も欠かさず聴きに行き、素晴らしい語り手と演出とのコラボレーションに、うっとりと聴きほれました。

「語り」とは何なのでしょうか。ただ、本から字を追い、覚え、声に出すだけではない。同じ話なのに、お人によって、全く違って聞こえる。音楽とのコラボも時には良い。語り手と聴き手の相性もある。「おはなし」と語り手自身との相性もある。何だか違うな〜と我儘な聴き手にもなる。でも情けなく語ってしまう自分に毎回、反省する。同じ話を十年経て語ると、また違う。しかし、その積み重ねミルフィーユが絶品になるとは限らない。聴き手だって、同じだ。まさにライブは生もの。だから、魅力!魔力!

 いつまでたっても山の裾野をグルグル廻っている自分が苦しい。何故?苦しいのに続けるの?だって、語りが好きだから。だったら、努力でしかない!そして、自己を知ること。幸い、まわりにはキラキラした素敵な語り部の新芽が出ている今の私が出来ることは新芽に若干の水やりのお手伝いをすること。小さな木でも老木でも、なばえ芽が出てくる。あと十年は頑張りたい!常に原点に立ち返って努力していきたいと願う私です。 

※注・なばえ芽=木の切り株から生えた芽、ひこばえ   

(会員・かたりいず『伊豆語りの会』代表)
posted by 語り手たち at 22:39| Comment(0) | 太陽と月の詩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: