2018年04月02日

お話の国

おはなしの国 シリーズ2 詩を語る1


明日輝く星たちのはなし

片岡輝 


明日の語り手3月4日5.jpg    明日の語り手3月4日4.jpg

 明日の語り手たちを育てるプロジェクトが語り手たちの会の創立40周年を記念して、チーム横浜のメンバーを中心にスタートし、34日、詩人の谷川俊太郎さんと作曲家の谷川賢作さんをお迎えして長津田のみどりアートパークで、小学3年から保育士までの12人の語り手が、すばらしい語りを聞かせてくれました。その中の6人は、福島県田村市の女子小学生でした。地元の言葉で地元に伝わる昔話を、かわいい和服を着て語った姿が強く印象に残りました。


明日の語り手3月4日2.jpg


横浜を中心にして首都圏から集まった6人は、ミラン・マラリーク、安房直子、こがようこ、大竹麗子、谷川俊太郎の作品を身振り手振り、表情豊かに語りました。誰もが夜空にきらめく12の星のように輝いていましたが、谷川さんの詩「えをかく」を語った松崎宝夏(小5)さんと、マラリーク作「あなのおはなし」を語った大井田佳穂(小4)さんの二人に「ブルースター」賞が贈られました。二人の語りは、さながら妖精が「語るパントマイム」を演じているかのようで、聞き手をうっとりとさせました。


明日の語り手3月4日1.jpg   明日の語り手3月4日3.jpg


 かねてから、もっと詩を語りで取り上げてほしいと願っていた私は、明日の語り手たちから勇気をもらって、日ごろから書きためている詩を、「お話の国」で紹介して行こうと決心しました。決心とは、少々大袈裟ですが、語り手のみなさんのレパートリーに加えていただけたらこんなにうれしいことはありません。「青い地球にことばの種を!」を種の一つに詩もぜひ加えてください。


 今月の詩は、「わたしが生まれた日」です。


わたしが生まれた日


わたしが生まれた日

その日は朝から雹が降り

おまけに雷まで落ちてきて

わたしがおぎゃあと産声を上げると

天から鬼の子がやってきたと

大騒ぎになったそうな


ところが角も生えていないし

眼に入れてもいたくないほど

可愛い赤んぼだったので

天からの授かりものと

大喜びになったそうな


わたしが思うに

これは祖父か祖母が

作った話に違いない

初孫を抱いて小躍りしている

二人の姿が目に浮かぶ


生まれて今日まで

いろいろなことがあって

父母にはたくさんの

苦労と心配をかけてきた

いまだって口げんかがしょっちゅう


照れくさくってなかなか素直になれなくて

バースデイケーキのろうそくばかりが増えていく

こころのなかで叫びたい

いのちのくさりを受け継いで

たくさんの愛に包まれて

わたしの今日がここにある


*この詩は、神坂真理子の作曲で同声合唱曲として全日本合唱普及会から楽譜が出版されています
posted by 語り手たち at 16:06| Comment(0) | お話の国
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: