2018年06月05日

窯変夢十夜

片岡ゼミの「窯変夢十夜」

片岡ゼミでは2017年度、夏目漱石の「夢十夜」を読み深め、10人のメンバーが各々の夢物語を作りました。さらに仲間の物語を再話する試みにより、20の短い物語が生まれました。
「窯変夢十夜」は、その20の物語の発表会です。
陶器が窯の中で色艶を変化させていくように、一つの物語が別の人の心の中で異なる物語に変わって行く面白さをお楽しみください。

日時   2018715日(日)1330〜(開場 1300
場所   漱石山房記念館 東西線早稲田より徒歩10
参加費 ¥
1000

  

「窯変夢十夜」の会場が漱石山房記念館に確定しました。


漱石山房記念館は、東京メトロ東西線早稲田駅下車 1番出口から徒歩10分くらいの場所にあります。

案内板があちこちに出ています。

soseki-museum.jp

地下一階の講座室が会場です。漱石ゆかりの催しのみ貸し出していただけることから今回申請しました。

お席には限りがございますのでお申し込みの上ご参加ください。

今年に入ってからできた新しく美しい施設です。別料金がかかりますが記念館では、夏目漱石の書斎を再現したものや、数々の資料が展示されていて、当時の雰囲気を感じさせるつくりになっています。お時間に余裕のある方はそちらもお楽しみいただければと思います。


 
申し込み・問い合わせ  
                  新田 安季子  045-479-5409
                  山本 直 子
      042-327-4739

詳しいチラシはこちらからどうぞ → 窯変夢十夜案内 2018年7月15日.docx

posted by 語り手たち at 00:12| Comment(0) | 全国語り情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: