2018年09月03日

お話の国

お話の国 シリーズ2 詩を語る 6


タイムマシン

 詩 片岡輝


個人の記憶や思い出を歴史と結びつけてみると、

いろいろなことが、違った角度から新鮮に見えてきます。

今日は、my birthday 

生きて来た道を振りかえるいい機会です。

この詩は8年前に書いたものを部分的にversion upしたものです。

詩も年とともに変化します。


タイムマシン


いまから一分前 私は歌い始めた

いまから一時間前 私は笑っていた

いまから一日前 私は明日のことを考えていた

いまから一と月前 私は星を見ていた

いまから一年前 私は一つ歳をとった

いまから十年前 私は赤ちゃんだった

いまから二十年前 父と母が出合った

いまから三十年前 テレビゲームが発明された

いまから四十年前 父と母が生まれた

いまから五十年前 宇宙飛行が成功した

いまから六十年前 祖父と祖母が生まれた

いまから七十年前 戦争があった

いまから八十年前 

九十年前

百年前

数え切れない出来事と出会いがあった

遠い昔があり人がいたから

いまこの世界がある

私や君がいる 

posted by 語り手たち at 14:38| Comment(0) | お話の国
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: