2018年11月06日

太陽と月の詩 222号 巻頭言



夢を語るーストーリーテリングセンター(語りの広場)

愛媛県松山市光藤由美子


数年前、松山おはなしの会で長くともに活動し、みかん文庫をしていた友人が亡くなりました。その文庫に通っていた小学六年生の子どもが、語ってもらったお話や好きだった本を織り交ぜて紙芝居「文庫のおばあちゃん」を制作してくれました。子どもの心にお話や本、そしてそれを手渡してくれる人が、忘れられない大事な存在として深く刻まれていることを改めて、感じさせてくれました。大人から手渡された本やお話は、子どもの生きる力となって、未来につながっていくのだということ、私たちはそういう大事な種まきをしているのですね。残念なことに、文庫は閉じなければならなくなり、大切に集めてきた、選書された数千の絵本児童書の数々は、分散してしまいました。本に囲まれて、お話が語られてきた場所がなくなるということは、これから年老いていく私たちにとって心残りです。

イギリス、スコットランドのエジンバラには、ストーリーテリングセンターがにぎやかな通りの、十六世紀の建物の横にあります。ステージもある立派な建物は、二〇〇六年エジンバラ市、教会、企業寄付、宝くじなどの基金で設立され、エジンバラ芸術祭にも利用されています。またスコットランドのストーリーテリングについての情報や民話集など、手に入れることが出来ます。以前は、夏の間、プロのストーリーテラーがいて、ふらっと来た観光客にもお話を語ってくれました。

語り手たちの会は、昨年度四十周年の記念事業として、大きな夢と希望に向かって次の世代の語り手を育てるというイベントをこなしてきました。次はどういう方向に行くのか、私の夢想は続きます。語りを長く続けてきた私が描く一つの夢は、蔵書もあるおはなし広場のような語りのセンターがあればなあということです。語りや昔話関係の本が集められて、貸出(昔あった貸本屋でもいいかも)もでき、また購入もでき、本をそこで読むこともできる、文庫のような、語りの広場は、いかが?多くの方と未来の夢を共有できることを願って!


(みつどうゆみこ会員・松山おはなしの会)


posted by 語り手たち at 21:10| Comment(0) | 太陽と月の詩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: