2018年11月23日

お話の国

お話の国 シリーズ2 詩を語ろう8


人里から千マイルはなれて 星からの小さな王子へ

 詩 片岡輝


いま、研究ゼミ(片岡ゼミ)では、サン・テクジュペリの『星の王子さま』を素材にして、

新しい物語の創作を進めており、素晴らしい作品が生まれつつあります。

次のシリーズ4で紹介したいと思っていますが、1986年に出版した池辺晉一郎さん作曲で

発表した『時の記憶』の中に『星の王子さま』をテーマにした詩があったことを

思い出しましたので、読んでいただきたいと思います。語ってくださると嬉しいです。


人里から千マイルはなれて


昔の人はいいました

会うは別れのはじめ

愛は悲しみの泉

命ははかない幻と


でもぼくたちは

もう出会ってしまいました

愛してしまいました

幻であるが故におたがいを

一層激しく求め合い


人里から千マイルはなれて

地の果ての砂漠が

こんなにも美しく

棘のあるバラが

こんなにもやさしく

疑い深いきつねが

こんなにも善人で

牙のあるへびが

こんなにも親切だと

教えてくれたのは

星からやってきた

小さな王子

あなたです


昔の人はいいました

時は流れて還らず

愛は移ろい揺れる

命は羽毛よりも軽いと


でもぼくたちは

もう選んでしまいました

信じてしまいました

幻であるが故におたがいを

一層激しく求め合い


人里から千マイルはなれて

別れのかなたの

永遠がなんであるかを

教えてくれたのは

星へ還っていった

小さな王子

あなたです



*混声合唱組曲の楽譜は、音楽之友社のWEBon-demandで購入できます


posted by 語り手たち at 22:12| Comment(0) | お話の国
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: