2019年01月10日

古屋和子ひとり語り 『ちぎりあらば』

古屋和子ひとり語り 『ちぎりあらば』  
-残された者たちは-

平家物語より重衡(しげひら)を主に琵琶、横笛、人形との共演

 平家の武将平重衡(たいらのしげひら)は平清盛の五男。武勇優れその容姿は
        牡丹の花に例えられたが、奢る平家は久からず。
南都焼討の仏敵として処刑される重衡は妻大納言佐(だいなごんのすけ)との
        最後の逢瀬に来世での契りを約す。

1月19日(土) 午後4時開演 

  於・渋谷区広尾 妙高山 東江寺
       日比谷線広尾駅下車 徒歩5分
       広尾商店街直進、瑞泉山山門を入って右側に東江寺山門あり

前売 ¥2500    当日 ¥3000

問い合わせ・チケット
   TEL 0333028043 09039087046
  メール oguri18-21@softbank.ne.jp

チラシはこちらから 


   
posted by 語り手たち at 21:20| Comment(0) | 全国語り情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: