2019年02月03日

太陽と月の詩 NO.223 巻頭言

点から線、そして面へ

岡山県総社市立石憲利

今年(二〇一八年)は、岡山県語りのネットワーク結成十周年という節目の年です。

私は、若いころから昔話の調査をしていて、次第に採録が困難になっていくなか、「これでは昔話は消えてしまう」という危機感を持つようになりました。自分も語り手になろうと、地元の小学校で昔話の語りを始めました。たいそう子どもたちに喜んでもらえ、次第に語りの要望が広がり、一人では対応できなくなりました。

「語り手を増やそう」と、早速、語り手養成のための講座を開催。何回か開きましたが、子育て中のお母さんを対象にしていたため、なかなか講座に出席できず失敗に終わりました。私が勤めを定年退職した二〇〇〇年から「立石おじさんの語りの学校」として再挑戦。時間的に余裕のある退職者、子育ての終わった女性を対象にし、やっと語りのグループ結成にこぎつけました。次々に学校を開き、グループができてきたのでネットワーク化しようと、二〇〇八年に、九グループ(五十人)で岡山県語りのネットワークを結成しました。

語りを始めたときから、一人では力がない、語りの輪を拡げるため、点から線、そして面にしていこうと目標を立てていましたから、一応目標の一端に到達できました。その後も語りの学校の開催に力を注ぎ、今年で二十九グループ(約三百人)になりました。当面は、県内の全自治体にグループを作ることを目指しています。

二〇一七年度に、各グループが語った話を聴いてくださった人は、のべ六万七千人でした。これも早期に十万人達成を目指します。

ネットワークでは、@岡山県の民話を中心に語る。A本を丸暗記しないで、自分で再話し、自分の言葉(方言)で語る。B語りには前ぶれ(落語の『つかみ』)を入れ、聴き手に心の準備をしてもらう。C民話は、語り手と聴き手の共同作業の産物であり、一方的に語らない。D民話全般についての理解を深めていく―などを目指しています。

今日までの活動では、公民館、図書館、教育委員会の協力が大きな力になりました。これら機関の協力をどう取り付けるかが、一つの課題です。

(たていしのりとし会員・岡山県語りのネットワーク)

posted by 語り手たち at 09:01| Comment(0) | 太陽と月の詩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: