2019年03月22日

お話の国


お話の国 シリーズ2 詩を語ろう11

ふしぎなたね

片岡輝
古いノートの切れ端に、不思議な種が眠っていました。

いまから50年ほど昔書いた走り書きに少々手を加えて、

詩のようなものにしてみました。

声に出していただけたら幸いです。





ふしぎなたね


どこからきたのかわからない

くろいぼうしのおじさんが

ちいさなたねをもってきた

よくひのあたるつちのなか

うめてたくさんみずをやり

だいじにそだててやるんだよ

それだけいうとおじさんは

かぜといっしょにいなくなる


なんのたねかはわからない

くろいぼうしのおじさんの

ちいさなたねをまいてみた

よくひのあたるはるのひに

うめてたくさんみずをやり

だいじにそだててやりますと

ちいさなあおいくさのめが

あるひとうとうかおだした


なんのめなのかわからない

くろいぼうしのおじさんの

ちいさなふたばのびていく

よくひのあたるまどぎわで

のびてたくさんはをつけた

だいじにそだてているうちに

つぼみがふたつげんきよく

あるひ ひよっこりかおだした


なんのつぼみかわからない

くろいぼうしのおじさんの

ふたつのつぼみふくらんで

つきよのばんのまよなかに

ぱっとひらいてはなさいた

なんのはなかはわからない

けれどもとってもいいかおり

あさつゆあびてさいている


くろいぼうしのおじさんは

あれからすがたをみないけど

いつかどこかでまたあって

たねのおれいをいいたいな

すてきなはながさきました

はながちったらたねができ

こんどはわたしがそのたねを

どこかのこどもにとどけましょう



posted by 語り手たち at 07:33| Comment(0) | お話の国
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: