2019年08月01日

太陽と月の詩 NO.225 巻頭言

心をつなぐ体験


神奈川県横浜市 菅野 智子

 横浜市の榎が丘小学校六年生のあるクラスが一年間の「防災学習」という授業の中で、語りに取り組んでくれました。なぜ語りが取り入れられたのでしょう?きっかけは「災害が起こる前に何をするべきか」という課題の中で、保健の先生が東北在住のお母さまに「普段から人と人とのつながりを築いていくことが大切だ」と言われたと紹介されたことからでした。そこから担任の先生が「心と心をつなぐ橋を架ける」語りに注目してくださり、それならと図書の先生が同校でおはなしボランティアをしている野田登志子さんを先生に紹介、それからチームよこはまの有志七人で短いお話をいくつか用意して、子どもたちが語るお手伝いすることになったのです。

 まず、二時間を使って、とりあえずグループの中で語れるようにしました。子どもたちは「人と人を繋ぐ」をクラスのテーマにして積極的に取組み自分で探した長いお話も語り、一年から五年までの全クラスで語ったのです。三月、保護者と共に地域の者として招かれた六年生主催の感謝の会で、改めて一年間彼らが積み上げてきた成果に触れることになりました。体育館で一人ひとり将来の夢を語ってくれたのですが、クラス全員の声がなんと生き生きとしていることか。驚かされる程に子どもたちは自分の言葉を人に届ける力を育てていました。まっすぐに強い気持ちが伝わる言葉と声に感動し、この素晴らしい瞬間に立ち会わせてもらったことをこちらの方が感謝するばかりでした。今、それぞれの中学校に進学した彼らは新しい生活を始め、違った経験を積んでいることでしょう。でもお話を語った者はそのお話を心の深いところで育てるものです。いつかふっと、「そういえばこんなお話があるよ」と、誰かにしてくれたらうれしいなと思います。

 おはなしごっこ012に参加のママも他の子どもたちに絵本を読んでいます。そのまま私たちのお話活動に加わった人もお子さんの成長やお仕事で離れることもありますが、反対にこどもが大きくなったからとお話ボランティアを始める方もいます。また別の方から「小学生二年の息子の心にはゾウさんとフワフワちゃん(おはなしごっこ012のプログラム)が今でもいる」と聞くと、お話は心で生き続けると知らされます。お話をしたり、してもらったりした体験は心をつないだ大事な記憶としてその人の心にしまわれ、他の人に又お話を伝える力となるのではないかと思っています。

(語り手たちの会 語り普及育成担当理事)





posted by 語り手たち at 01:03| Comment(0) | 太陽と月の詩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: