2019年12月02日

和み語り


声でつたえる物語・つながる人と人

和 み 語 り


昔話、伝説、古典、創作・・・しばしさまざまなお話に耳を傾けてみませんか。

願いをかなえようとする人の愛おしさや美しさに思いを馳せたり、その愚かしさを笑いとばしたり。

大人の語りのほか地元の話「あおば紙芝居一座」の紙芝居もお楽しみください。

お茶を用意してお待ちしています。                                


12月11日14時半開演 10分前に開場


テーマ 〜抱かれて〜


「やんちゃ 桃太郎」野村たかあき作より    堀実和子



「ぼたんの花の精と若者」日本の昔話     高橋裕美



「三味線の鳴る木」 日本の昔話       菅野智子           



「森でひろった赤ちゃん」 アイヌの昔話  野田登志子      



「真紅の帯」 江戸怪談集より      芝匠子    

      


「さるさかさるたさか」市ヶ尾の話あおば紙芝居一座の作品

 貞廣典子


語り手:NPO法人語り手たちの会 青葉かたりすと・お客さま


場所:横浜市たまプラーザ地域ケアプラザ 多目的ホール


           東急田園都市線たまプラーザ駅直結


       たまプラーザテラス リンクプラザ 4F


チラシはこちらから ↓ 

       和み語り12月11日プログラム.pdf

    


年間予定 2020年 318日   〜旅立ち〜




posted by 語り手たち at 12:33| Comment(0) | わらべうた・手遊び歌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: