2020年05月02日

太陽と月の詩 NO.228

幻影の被膜

       NPO法人語り手たちの会 理事長  片岡 輝


  このところ、現代中国のSFから目が離せない。郝景芳(ハオ・ジンファン)の『折りたたみ北京』、劉慈欣の『三体』など。そこに新しく珠玉の短編のアンソロジー『月の光』(新ハヤカワ・SF・シリーズ)が加わった。現代のSFは、かつての宇宙活劇とは違って、高度な思弁文学に進化している。例えば、夏笳(シアジア)の「おやすみなさい、メランコリー」(中原尚哉訳)の一節を紹介しよう。〈あなたは心理学の本を買う。でもその理論が自分に役立つとは思えない。問題の根幹はきっと一人一人が幻影の薄膜をかぶって生きているから。その幻影をつくっているのは、いわゆる常識。あるいは日常言語の反復や常套句。あるいはおたがいの模倣。そんな玉虫色の薄膜で自己を演じている。その幻影の下には底なしの亀裂がある。その存在を忘れないうちは前進の一歩を踏み出せない。深淵をのぞくとき、深淵もまたこちらをのぞいている。薄氷の上に立っているように身震いする。自分の体重と同時に、影の重さも意識する。心理療法士はこう言うわ。大嫌いな自分を、子どもとして扱ってみたらどうかな。やってみよう。その子の手をとり、深淵を渡らせてあげよう。疑念を払って、信頼関係をもう一度築いてみよう。もちろん長く困難な道だ。人間は機械じゃない。スイッチ一つで疑心≠ゥら信頼≠ヨ、楽しくない≠ゥら楽しい≠ヨ、憎しみ≠ゥら愛≠ヨ切り替えることはできない。それでもその子に信頼を教えよう。それは自分自身を信頼することでもある〉


 幻影の被膜を作って私たちを底なしの亀裂に陥れている常識や日常言語の反復や常套句に縛られた状態から抜け出すには、虚飾に汚染された私たちの心の在り方をリセットして、一度スッピンに立ち戻ることではないかと思う。


 子どもたちは、今も思い思いのことに夢中に取り組んでいる。大人から見れば、無意味で役立たずの些事かもしれないけれど、彼らにとっては乗り越えなくては先へ進めない成熟のためのハードルなのだ。大人はなにかと口を出したがるが、手垢のついた助言など、百害あって一理なし。失敗や挫折を数多く経験することが彼らを大きく羽ばたかせる。まずは、私たち自身が自らの幻影の被膜からの脱皮に徹すること。残された時間は限られているが、変身する楽しみもまた大きい。




posted by 語り手たち at 20:27| Comment(0) | 太陽と月の詩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: