2022年02月01日

太陽と月の詩 235号 巻頭言

「 ラ ジ オ 放 送 二 十 二 年 ・ ・ ・ そ し て 。」

    兵 庫 県 西 宮 市  田 中 千 代 野


 阪 神 淡 路 大 震 災 か ら 生 ま れ た 放 送 局 「 さ く ら F M 」 で パ ー ソ ナ リ テ ィ と し て 活 動 し て 二 十 二 年 。 き っ か け は 「 な ば な ネ ッ ト ワ ー ク 」 に ゲ ス ト 出 演 し た 折 り 、 語 る 喜 び を 熱 く 語 っ た よ う で 、 M C の 方 が 涙 で 聞 い て 下 さ り 、 後 日 「 番 組 に 加 わ っ て 欲 し い 」 と オ フ ァ ー さ れ た の で す 。 未 経 験 な の に 臆 す る こ と な く お 受 け し 、 は や る 心 で 、 石 井 桃 子 氏 再 話 「 イ グ サ の か さ 」 等 も 読 ま せ て 頂 き ま し た 。 リ ス ナ ー 人 口 が 少 な か っ た 為 、 出 版 社 も 寛 大 で 朗 読 許 可 を 頂 け た の で す 。

ほ ど な く 、 局 か ら 「 子 ど も 対 象 の 朗 読 番 組 も 始 め て 頂 け な い か 」 と 。 願 っ た り 叶 っ た り で 毎 週 金 曜 日 の 十 五 分 番 組 「 お や す み メ ル ヘ ン 」 を ス タ ー ト 。「 入 院 中 の 我 が 子 が ラ ジ オ を 聞 く 時 は む ず か ら な い で す 」 な ど 、 好 評 だ っ た も の の 、 八 年 経 っ た 頃 サ イ マ ル 放 送 開 始 と な り 、 日 本 中 で 、 聴 取 可 能 と な っ た 為 、 朗 読 作 品 の 著 作 権 料 が 普 通 に 発 生 し 番 組 の 終 わ り を 決 め ま し た 。

現 在 は 第 三 土 曜 日 A M 十 時 半 〜 「 な ば な ネ ッ ト ワ ー ク 」 を 担 当( 翌 日 に 再 放 送 有 り) 。 活 動 を 通 し て 出 会 っ た 素 敵 な 人 び と に 寄 稿 し て 頂 き 、私 が 朗 読 。ゆ か り の 曲 と 昔 語 り で 構 成 す る 三 十 分 番 組 で す 。放 送 直 後 に 寄 せ ら れ る リ ス ナ ー さ ん 達 の 感 想 は 有 り 難 く 、そ の お 一 人 、す い 臓 癌 末 期 O 氏 の 回 で は 、 本 人 さ ん だ け で な く 、 奥 様 や 娘 さ ん 息 子 さ ん ま で 寄 稿 し て く だ さ り 、 家 族 愛 の 美 し さ 、 哀 し さ に 大 き な 反 響 が あ り ま し た 。今 際 の 時 も 、ド ク タ ー の 許 可 を 得 て 私 の 声 を 枕 元 で 流 し 続 け た と 奥 様 か ら お 聞 き し た 時 に は 、 驚 き と 切 な さ に 泣 け ま し た 。

ま た 番 組 が 縁 で 中 学 生 三 百 人 の 平 和 授 業 に 入 っ た 時 に は 、 私 の 原 爆 詩 の 朗 読 を 聞 い て 泣 く 彼 ら が 愛 お し く 、 そ の 感 想 文 の 真 摯 さ に 心 震 え 、 先 生 方 の 「 来 年 も ぜ ひ 」 の お 言 葉 に 、 私 に 課 せ ら れ た も の へ た ど り 着 け た よ う な 境 地 で し た 。

拙 い な が ら も 、続 け て 来 ら れ た の は リ ス ナ ー さ ん や 朗 読 許 可 を 下 さ る 方 が あ っ て こ そ と 、感 謝 が 尽 き ま せ ん 。「 癒 や さ れ て い ま す 」 の 声 を 励 み に 、 お は な し 活 動 の 傍 ら 、 も う 少 し 続 け よ う と 思 い ま す 。


* 皆 さ ま に お 願 い で す 、番 組 内 で あ な た の 再 話 作 品 を 読 ま せ て い た だ け ま せ ん か 。承 知 し て く だ さ る 方 は 私 に 連 絡 下 さ い ま せ 、 番 組 は C D に し て お 渡 し 出 来 ま す 。

Chiyono888@yahoo.co.jp  080-3818-4674         

   ( 会 員 ・ お は な し き ゃ ん ど る 主 宰)



posted by 語り手たち at 14:53| Comment(0) | 出版物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: