2009年09月13日

語りと朗読のセミナー〜声と言葉の力

北海道「語りと朗読のセミナー〜声と言葉の力」

報告:北海道札幌市 田中 孝子

 去る9月13日(日)、「語りと朗読のセミナー」が、総勢200人を超える方々にご参加いただき無事終了しました。
語りと音楽のユニット野花南(のかなん)(たなかたかこ&嵯峨治彦)による、馬頭琴のソロ演奏や馬頭琴の伴奏で語る馬頭琴伝説などのミニコンサートの後、語りセミナーの講師末吉正子さんによる、声や体を自在に使いこなすエネルギッシュなパフォーマンスが客席を圧倒。そして、遠藤博子さんとのタンデム語りでは、口琴演奏で参加した野花南の嵯峨治彦も含め3人の表現個性がそれぞれ作用し合い、奥行きのある物語空間を作り出しました。
また、続く朗読セミナーでは、講師の榊さんが軽妙なトークで聞き手の心を鷲づかみに。披露していただいた朗読技術の細やかさかつ大胆な演出や表情の豊かさには目を見張りました。サポート出演していただいた田中隆子さんの、温もりのある声質でありながらキレのある朗読もとても素晴らしかったです。
プログラムの最後 質疑応答のコーナーでは、話題が声と言葉の表現に関わる精神性にまで発展しました。4時間にわたる長丁場でしたが、語りと朗読の違いを理解しかつそれぞれの魅力を堪能しながら、終始一貫充実したひとときを参加者の皆さんと共有できたと思います。
私自身、ここで得た数々のヒントや確信を今後の活動に生かしていくつもりです。
posted by 語り手たち at 10:00| 地域活動支援