2009年02月18日

心に響く語りの世界

宮崎県「心に響く語りの世界」
報告:地域活動支援事業担当 君川みち子

2009年2月18日(水)に、宮崎の神宮会館にて「心に響く語りの世界 櫻井美紀コンサート」が開かれました。主催は宮崎語り手の会「おはなしさんぽ道」です。
日本昔話より「鶴の嫁さま」、小泉八雲作品より「弁天堂の契り」、ギリシャ神話より「エロスとプシュケ」の3話で、語りの魅力と多様さを味わってもらうことになりました。「期せずして結婚の話ばかりになりました。一生、恋と愛の物語を語る語り手が一人いても、いいのではないかしら」と櫻井さん。
宮崎日日新聞、朝日新聞などの記事には、語りの素晴らしさと共に「再話で独特の語り」「テキストの丸暗記ではなく、物語を自分の言葉に置き換え伝える「再話」の手法」と書かれており、会の活動を知ってもらういい機会となりました。
207名の参加者の中では、60代、70代の男性が多く、語りは初めてという人が殆どでしたが、皆さん、感動したとの感想。これからの語りの場が開けていくのではないでしょうか。

アンケート、133通の中の一部を紹介します。

「古代より日本では、言霊は心の波動で相手の心に響くといわれますが、今日は波動が確実に伝わりました。人間は、言語を与えられ、聞けることに感謝します。(60代男性)」

「三千年前から伝わるギリシャの物語をとても興味深く聞くことができました。『運命に従い、苦しみや不幸で心が清められる』ことを語りの中で肩の力を抜きながら学ぶことができました。(30代男性)」

「ゆったりとした語りの世界を心から楽しみました。この様な会があることをたくさんの人に知ってもらいたい。(70代女性)」

宮崎でという企画が持ち上がってから7ヶ月…会場、チラシ、笛奏者等、地元の方たちの力で本当にいい会になりました。「このような大人のための大きな会ははじめてでしたが、仲間と力を合わせてやり遂げたことは、自信になりました。」と中心になって活動して下さった那須道子さんの言葉です。
皆さんもまずは一歩を踏み出してみませんか。地域活動支援は、少人数の会でも大丈夫です。ご連絡、ご相談をお待ちしています。

(地域活動支援事業担当連絡先 042(531)1471)
posted by 語り手たち at 10:00| 地域活動支援