2015年02月05日

語りの基礎講座 修了お話発表会

3月1日、国立青少年オリンピックセンターにて2014年度の語りの基礎講座受講生15名の修了お話発表会があります。一年間の集大成の場です。ぜひお越しください。

下記に詳細の広告を掲載します。リンクをクリックすると開きます。

問い合わせ 03-3381-1459  伊知地

基礎講座修了お話会.pdf
posted by 語り手たち at 00:39| 概要

2012年08月30日

理事長あいさつ

 私たちは、古代・中世・近世を経て今日に至る豊穣な語りの世界を受け継ぐとともに、再話・再創造によって物語に新しい生命を吹きこみ、多くの人々へ肉声のメッセージとしてお届けすることで、笑顔が花咲く平和な未来を次の世代に手渡して行きたいと願っています。
 語り手たちの会は、1977年に故櫻井美紀によって創立されました。《口承文芸としての語り》の実践活動に取り組み、《書かれた文字にとらわれない語り》をのびのびと語って、心と心、人と人をつなぐ架け橋になるよう努め、まもなく40年を迎えようとしています。
 志を同じくする会員は全国に広がり、活動の内容も単に語ることだけにとどまらず、語りのスキルアップ講座、入門講座、子どもや子育て中のママや若い世代への普及、保育園・幼稚園・学校・高齢者施設などへのお話のお届け、季節折々のお話会、再話研究、生活と心性の記録に基づく作話、公開セミナー・シンポジュームの開催、芸術祭参加公演、海外のストーリーテラーとの交流、被災地や地域への支援、出版…等と、拡充、発展し続けています。
 会の運営は、NPO法人組織による会員のボランティア活動で支えられており、語りに関心をお持ちのみなさんの参加を心からお待ちしています。


NPO法人 語り手たちの会理事長 片岡 輝
posted by 語り手たち at 10:00| Comment(0) | 概要

2007年10月28日

設立の趣旨

特定非営利活動法人語り手たちの会
設立趣旨書


 私たちの国日本は、“言霊”の国としての何千年もの歴史と文化を持って今日に至りました。政(まつりごと)や文芸、思想をはじめ、愛憎、喜怒哀楽などあらゆるコミュニケーションの場にあって、先祖から伝承された言葉の恩恵なくして自らの考えを他者と分かち合うことはできません。言葉を通して人間同士の心の絆は生れ、人との語り合いによって心の平安を得、一人ひとりの心の平安が世界に平和をもたらすのです。
 1977年に創設された語り手たちの会は、わが国古来の言霊の文化を受け継ぎ、さまざまな形で残され伝えられてきた「語り」を次の世代に手渡す活動を続けてきました。
 いま、私たちが生きている環境を省みるとき、「すべての人が安心して幸せに生きる」ことが必ずしも保障されているとはいえない現状に心が痛みます。特に子どもが大人によって傷つけられたり、子ども同士が傷つけあったりしている事件の報道に触れるたびに、経済的な繁栄への道をひたすら走りつづけてきた結果、私たちの社会が心を豊かに育てる言葉や文化や時間を軽んじ、そのことの歪みが心の砂漠化を進めていることに気づきます。
 私たちは、そうした時代の流れに抗い、細り行く心と言葉の環境を少しでも改善したいと願って、家庭・学校・地域を結ぶ語りのボランティア活動を全国で繰り広げてきました。このことは、学校や図書館での読書活動に加えて、肉声による語りを通して豊かな心を育て、言霊の文化を次世代に伝えようとするものです。
 また、私たちは、大人同士の心をつなぐメディアとしての語りを重視し、大人の文化としての物語をともに楽しみ、自分たちの生活や心情の記録を語りにして伝える活動に取り組んでいます。自分の人生をいとおしみ、人を愛し、世界を愛することこそ「すべての人が安心して幸せに生きる」ことにつながると信じるからです。
 このたび、私たちは、心と言葉をつなぐ語りを活動の中心に据え、創立以来30年続けてきた活動をさらに深め社会に広めるために、 「語り手たちの会」 を、「特定非営利活動法人語り手たちの会」として発展させ、口承文芸としての語りの文化の可能性を多角的に追求し、心のつながりをより豊かにして行くという目的をかかげ、ともに手をたずさえて歩んで参ります。
2007年 10月 28日
代表者 櫻井 美紀
posted by 語り手たち at 10:00| 概要