2021年02月02日

太陽と月の詩 231

「今 こ そ 、 心 の 伝 わ る 語 り の 工 夫 を ! 」 
千 葉 県 館 山 市 松 苗 禮 子

 私 が 市 立 図 書 館 の 子 ど も お 話 し 会 の ボ ラ ン テ ィ ア 活 動 を 始 め て か ら 、 二 十 五 年 に な る 。 演 目 は 、 手 話 の 歌 、 手 袋 人 形 、 パ ネ ル シ ア タ ー 、 腹 話 術 な ど で 、 約 一 時 間 を 一 人 で 担 当 す る 。 一 番 の 人 気 は 、 腹 話 術 。 子 ど も た ち は 、 人 形 の 「 ノ ン ち ゃ ん 」 に 会 い た く て 、 月 に 一 回 の お 話 し 会 を 楽 し み に や っ て 来 る 。 K 君 か ら 、 ク レ ヨ ン で 「 ノ ン ち ゃ ん 」 の 上 着 を 縞 模 様 で 描 い た 絵 を 、「 は い ! 」 と プ レ ゼ ン ト さ れ た 。 早 速 、 デ ザ イ ン 通 り の 服 を 作 っ て 衣 替 え し た ら 、 み ん な 、 大 喜 び で あ っ た 。
 さ て 、 新 型 コ ロ ナ ウ イ ル ス の 感 染 防 止 策 と い っ て 、 図 書 館 は ず っ と 休 館 と な り 、 子 ど も お 話 し 会 は 、 や っ と 十 月 か ら 再 開 さ れ た 。
 再 開 に あ た り 、 図 書 館 側 か ら 注 文 が あ っ た 。
@ 当 日 マ ス ク 着 用 で 話 す こ と A 手 話 の 歌 は 止 め る こ と
  私 は 「 マ ス ク を し た ら 話 が 伝 わ り ま せ ん 。 手 話 の 歌 は 、 大 き な 声 を 出 し ま せ ん 」 と 答 え た 。
十 月 、 私 は 会 場 に 入 っ て 驚 い た 。 私 と 子 ど も た ち と の 間 に 、 バ ド ミ ン ト ン の ネ ッ ト の よ う な 高 さ の 透 明 シ ー ト が 、 左 右 の 棒 に 支 え ら れ て 、 床 に 届 く 長 さ で 張 っ て あ る の だ 。
 子 ど も た ち は 、 マ ス ク を つ け 、 一 人 一 枚 あ て の 畳 に 離 れ て 座 っ て い る 。 お 話 し 会 を 始 め た が 、 子 ど も た ち は 、 声 を 出 さ ず 、 笑 い も し な い で 黙 っ て 座 っ て い る 。 子 ど も た ち か ら は 、 私 が 水 族 館 の ガ ラ ス 越 し の 魚 の よ う に 見 え る ら し い 。 反 応 の な い 子 ど も に 話 す の は 不 気 味 で あ る 。
 後 で 、 子 ど も た ち に 聞 い て み た 。 学 校 で は 、
・ 必 ず マ ス ク を 付 け る ・ 大 き な 声 を 出 さ な い ・ 歌 わ な い
を 、 約 束 し て い る と の こ と 。 か な り 厳 し い ら し い 。
 私 は 、 手 話 通 訳 の マ ウ ス ガ ー ド を 使 っ て み た 。 口 元 が 相 手 に 見 え 、 自 分 の 声 が 響 き 、 話 が よ く 伝 わ る 。 早 速 、 図 書 館 側 に 、「 マ ウ ス ガ ー ド を 付 け る の で 、 シ ー ト を 外 し て ほ し い 」 と 、 お 願 い し た 。
 そ の 後 、 マ ウ ス ガ ー ド を つ け た 私 は 、 言 葉 が 伝 わ っ た と 感 じ て 嬉 し く な っ た 。「 ノ ン ち ゃ ん 」 と 子 ど も た ち と の 会 話 も 復 活 し た 。
 「 話 す こ と 」 は 、 聞 く 相 手 の 立 場 を 「 思 い や る こ と 」 か ら 始 ま る と 気 が つ い た 。 今 こ そ 、「 伝 え る た め の 良 い 方 法 を 、 み ん な で 、 謙 虚 に 考 え 合 う 時 だ 」 と 思 う 。
( 会 員 ・ 語 り 部 さ く ら 貝 代 表)
posted by 語り手たち at 20:06| Comment(0) | 太陽と月の詩

2020年10月31日

太陽と月の詩 230

「 で き る 人 が  で き る 時 に   で き る 事 を 」  

兵庫 県  高 砂 市  渡 辺  千 加 子


  こ れ は 、 私 が 「 い の ち の 電 話 」 に 関 わ っ て い た 時 に 気 づ か さ れ た こ と ば で す 。 そ の 時 か ら 私 の 信 条 に な り 「 ち ど り 文 庫 」 を 立 ち 上 げ る こ と が で き ま し た 。 お か げ で 応 援 し て く れ る 家 族 や 多 く の 仲 間 か ら の 支 援 を 受 け 、 十 三 年 目 に な り ま す 。

   コ ロ ナ ウ イ ル ス 感 染 拡 大 で 「 マ ス ク が な い ん や て 」 の 仲 間 の 声 に 、 自 分 た ち で 作 る こ と に し ま し た 。 電 動 ミ シ ン 、 布 、 ゴ ム 紐 な ど 必 要 な 材 料 を 、 み ん な で 持 ち 寄 り ま し た 。 八 回 集 ま り 、 試 行 錯 誤 の 末 に 三 百 枚 余 り の マ ス ク を 作 り 上 げ ま す 。 そ れ を 、 文 庫 に 来 て い る 親 子 や お 話 し 会 に 出 向 い て い る 施 設 な ど に 配 り ま し た 。

   コ ロ ナ 禍 の 中 、 図 書 館 は 休 館 、 学 校 は 休 校 で す 。 文 庫 で で き る 事 は な い か と 色 々 考 え 、 ま ず 、 文 庫 だ よ り を 発 行 し て 私 の 想 い を 伝 え ま し た 。 次 に 、 ス マ ホ で 保 護 者 と 連 絡 を と り 、 借 り た い 本 の リ ク エ ス ト を 得 ま す 。 そ れ と 親 子 で 楽 し ん で も ら い た く て 、 そ の 月 の 折 り 紙 の 見 本 、 折 り 方 の コ ピ ー 、 材 料 の 一 式 を 仲 間 と 準 備 し て 本 と と も に 宅 配 を し ま し た 。

   で も 、 学 校 が 休 校 だ か ら こ そ 文 庫 に 来 て 欲 し い と 、 月 二 回 の 開 催 日 を 毎 週 金 曜 日 に 終 日 開 催 す る こ と と し ま し た 。 密 を 避 け る た め 一 組 の 親 子 が 三 十 分 と 決 め 、 時 間 は あ ら か じ め 保 護 者 と 打 ち 合 わ せ し ま し た 。 当 日 は ド ア の ノ ブ 、 机 、 ト イ レ な ど を 消 毒 し 、 入 り 口 に 消 毒 液 を 置 き ま す 。 私 た ち が 作 っ て 贈 っ た マ ス ク を 親 子 が つ け て い る の を 見 て 、 そ の 心 遣 い に 思 わ ず 嬉 し く な り ま し た 。  

  毎 月 の 折 り 紙 も 家 で 遊 べ る も の を と 考 え て 、 一 回 は 「 ヨ ー ヨ ー つ り 」 に し 、 ヨ ー ヨ ー も 竿 も 折 り 紙 で 作 り 、 糸 の 先 に ク リ ッ プ を つ け て 釣 り あ げ ま す 。 出 来 上 が る と 親 子 で 夢 中 に な っ て 遊 び ま す 。 釣 り あ げ た 時 の 笑 顔 が 最 高 、「 や っ た あ ! 」 と 大 歓 声 で し た 。

  今 は 、 学 校 が 始 ま り 、 密 を 避 け る た め に 本 や お 話 し を す る 部 屋 と 折 り 紙 を す る 部 屋 と に 分 け ま し た 。 七 月 か ら は 、 今 ま で 通 り お 話 し 会 も 再 開 し て 出 向 い て い ま す 。 検 温 、 消 毒 、 フ ェ イ ス シ ー ル ド を 付 け て で す が 、 子 ど も た ち に 語 れ る 幸 せ を か み し め て い ま す 。 い ろ い ろ あ り ま し た が 一 番 楽 し ん で い た の は 、 私 自 身 か も し れ ま せ ん 。 で も 、 文 庫 活 動 へ の 理 解 も 深 ま り 、 工 夫 し 合 っ た 仲 間 の 絆 も 強 く な り ま し た 。 こ れ か ら も 仲 間 と 共 に 、 で き る 時 に 、 で き る 事 を 楽 し く や っ て い き ま す 。

( 会 員 ・ ち ど り 文 庫 主 宰 )


posted by 語り手たち at 19:55| Comment(0) | 太陽と月の詩

2020年08月02日

太陽と月の詩 NO.229


『 今 こ そ 語 ろ う ! 』     神 奈 川 県  こ が よ う こ


  二 〇 二 〇 年 、 わ た し た ち は コ ロ ナ ウ イ ル ス と の 戦 い を 余 儀 な く さ れ ま し た 。 マ ス ク の 着 用 、 ソ ー シ ャ ル デ ィ ス タ ン ス を と り 、 三 密 を 避 け る 暮 ら し は 今 も 続 い て い ま す 。 公 共 施 設 、 保 育 園 等 で の お 話 会 は 中 止 と な り 、 語 り の 場 を な く さ れ た 方 も い ら っ し ゃ る で し ょ う 。

 子 ど も に 、 大 人 に 、 お 話 を 届 け 、 目 の 前 の 人 に 語 る こ と 、 声 を 通 し て ふ れ あ う こ と の 大 切 さ を 伝 え て き た わ た し た ち 語 り 手 に と っ て 、 新 し い 生 活 習 慣 は 信 念 を 否 定 さ れ る よ う な 出 来 事 だ っ た と 思 い ま す 。 わ た し 自 身 も 講 演 は す べ て 延 期 に 。 こ う い う と き こ そ 子 育 て 中 の 親 御 さ ん 、 保 育 者 の 皆 さ ん を 応 援 し た い と 思 い な が ら 、 何 を 発 信 す れ ば よ い の か 自 身 の 非 力 さ を 痛 感 し た と き で も あ り ま し た 。 他 者 に 語 り か け る こ と 、 触 れ る こ と の で き な い 社 会 は ど う な っ て し ま う の で し ょ う 。 そ ん な こ と は 必 要 な い 社 会 が こ れ か ら の 常 識 と な る の で し ょ う か 。

  け れ ど 自 粛 生 活 を 経 て 人 々 が 気 づ い た の は 、 ふ れ あ い の 大 切 さ だ っ た と 思 い ま す 。 顔 を 合 わ せ て 話 し た い 、 笑 い 、 語 り 合 い た い と 、 誰 も が 感 じ た の で は な い で し ょ う か 。 か つ て の よ う に 集 い 、 心 通 わ せ る 日 々 を 人 は 取 り 戻 そ う と し て い ま す 。 コ ロ ナ ウ イ ル ス と の 戦 い の 日 々 は ふ れ あ う こ と 、 目 の 前 の 人 と 語 り 合 う こ と の 大 切 さ を 認 識 で き た 時 で も あ る の で す 。

  再 び 語 れ る 日 々 を 待 ち 望 む 一 方 で 、 わ た し た ち 語 り 手 が 、 今 、 す べ き な の は 、 新 し い 語 り の 場 、 形 を 模 索 す る こ と だ と 思 い ま す 。 語 り の 楽 し さ 、 大 切 さ を 伝 え る 方 法 を 探 す こ と に 一 緒 に 知 恵 を 絞 り ま し ょ う 。 ユ ニ ー ク で 新 し い 形 で 語 り を 届 け る 方 法 を 考 え ま し ょ う 。

 具 体 的 に は ど う で し ょ う 。 オ ン ラ イ ン は も ち ろ ん 、 電 話 で 語 る の は ど う で し ょ う 。 ま た 、 直 接 子 ど も に 届 け な く て も 、 そ の 楽 し さ を 親 に 発 信 す る こ と で 家 庭 で の 語 り の 広 が り に 期 待 し ま し ょ う 。 か つ て 語 り は 極 小 さ な コ ミ ュ ニ テ ィ で 伝 承 さ れ て き ま し た 。 社 会 の 広 が り と 共 に わ た し た ち は 広 く 、 多 く の 人 た ち に 語 る 場 を 持 つ よ う に な り ま し た 。 今 再 び 、 家 族 や 近 隣 の 少 人 数 に 語 る こ と は 、 古 き に 戻 る の で は な く 、 現 代 社 会 に お い て は 新 し い 広 が り を み せ る 手 段 と な る か も し れ ま せ ん 。

 わ た し 自 身 ご 提 案 で き る こ と は 見 つ か っ て い な い の で す 。 で も 、 コ ロ ナ ウ イ ル ス に 負 け ぬ 、 語 り を 届 け る 在 り 方 を ご 一 緒 に 模 索 し た い と 願 っ て い ま す 。 今 こ そ 語 り ま し ょ う 。 人 は 語 り た い 、 語 っ て ほ し い 生 き も の な の で す 。 ( 会 員 ・ 絵 本 作 家 )



posted by 語り手たち at 11:58| Comment(0) | 太陽と月の詩