2019年11月04日

太陽と月の詩 NO.226


令和と平将門(たいらのまさかど)の首

兵庫県 伊丹市 堀田 穣

平成から令和には、今年二〇一九年の四月三十日深夜から五月一日に替わったわけだが、その夜、あるSNSでは、東京都千代田区大手町の平将門首塚の映像が流され、日付が変わる頃になると、午後十一時五十数分何秒、将門首塚は変化せず、と実況中継されていたのをご存知だろうか。これは首塚が鳴動しないかと期待されていたのである。

元号というのは、代替わりの時よりも、瑞祥や災厄の時に変えられて来たという歴史を持っている。そして災厄も現代での単なる災害ではなく、あれやこれやの予兆や、妖怪怪異現象が現れたり、さらには疫病が蔓延するとか凶作になるとかなどが勢ぞろいでやって来るのだ。このような時に、京都だったら将軍塚、奈良だったら御破裂山が鳴動して異変を知らせる。実際、阪神淡路大震災の直前には兵庫県猪名川町で群発地震がおき、多田院(源満仲の廟)鳴動ではないかと囁かれたものだ。それらに劣らぬ霊威が首塚にはある。

藤原秀郷ひでさと(たわらの藤とう)によって討ち取られた将門の首は京都でさらされたが、宙を飛んで坂東に戻り、芝崎村の神田社辺りに落ちて夜な夜な怪光を放った。そこで鎮められ首塚が造られた。明治維新以降に大蔵省が設置され、関東大震災によって庁舎が焼失し、将門塚も崩壊すると、大蔵大臣はじめ官僚たちが次々と病死した。あわてて将門の慰霊祭が行われる。さらに第二次世界大戦後、G HQは首塚一帯に駐車場を建設しようとするが、ブルドーザーの運転手が転落死する事故などが発生して中止され、首塚は地元町会有志によって手厚く保存されている。(『東京都の地名』日本歴史地名大系、平凡社から)

NHK教育のテキスト附き番組『趣味どきっ』では「京都・江戸 魔界めぐり」として、八月は京都、佐々木高弘氏、九月が江戸で飯倉義之氏の解説、どちらもよく知った研究者で応援している。しかし、江戸については狐、河童、天狗、お岩さんの四つで、将門が取り上げられていないのが不満だったのでここに書いておく。すでに鎌倉時代、源実朝は『将門合戦絵』を造らせ、江戸時代には小山田与清『相馬日記』で将門縁の地を巡る旅行記を書いたりして、関東人の物語の枠組みとしてしっかりと根を下ろしているはずなのだ。

京都先端科学大学人文学部特任教授 本会会員

ほった・ゆたか





posted by 語り手たち at 16:36| Comment(0) | 太陽と月の詩

2019年08月01日

太陽と月の詩 NO.225 巻頭言

心をつなぐ体験


神奈川県横浜市 菅野 智子

 横浜市の榎が丘小学校六年生のあるクラスが一年間の「防災学習」という授業の中で、語りに取り組んでくれました。なぜ語りが取り入れられたのでしょう?きっかけは「災害が起こる前に何をするべきか」という課題の中で、保健の先生が東北在住のお母さまに「普段から人と人とのつながりを築いていくことが大切だ」と言われたと紹介されたことからでした。そこから担任の先生が「心と心をつなぐ橋を架ける」語りに注目してくださり、それならと図書の先生が同校でおはなしボランティアをしている野田登志子さんを先生に紹介、それからチームよこはまの有志七人で短いお話をいくつか用意して、子どもたちが語るお手伝いすることになったのです。

 まず、二時間を使って、とりあえずグループの中で語れるようにしました。子どもたちは「人と人を繋ぐ」をクラスのテーマにして積極的に取組み自分で探した長いお話も語り、一年から五年までの全クラスで語ったのです。三月、保護者と共に地域の者として招かれた六年生主催の感謝の会で、改めて一年間彼らが積み上げてきた成果に触れることになりました。体育館で一人ひとり将来の夢を語ってくれたのですが、クラス全員の声がなんと生き生きとしていることか。驚かされる程に子どもたちは自分の言葉を人に届ける力を育てていました。まっすぐに強い気持ちが伝わる言葉と声に感動し、この素晴らしい瞬間に立ち会わせてもらったことをこちらの方が感謝するばかりでした。今、それぞれの中学校に進学した彼らは新しい生活を始め、違った経験を積んでいることでしょう。でもお話を語った者はそのお話を心の深いところで育てるものです。いつかふっと、「そういえばこんなお話があるよ」と、誰かにしてくれたらうれしいなと思います。

 おはなしごっこ012に参加のママも他の子どもたちに絵本を読んでいます。そのまま私たちのお話活動に加わった人もお子さんの成長やお仕事で離れることもありますが、反対にこどもが大きくなったからとお話ボランティアを始める方もいます。また別の方から「小学生二年の息子の心にはゾウさんとフワフワちゃん(おはなしごっこ012のプログラム)が今でもいる」と聞くと、お話は心で生き続けると知らされます。お話をしたり、してもらったりした体験は心をつないだ大事な記憶としてその人の心にしまわれ、他の人に又お話を伝える力となるのではないかと思っています。

(語り手たちの会 語り普及育成担当理事)




続きを読む
posted by 語り手たち at 01:03| Comment(0) | 太陽と月の詩

2019年05月01日

太陽と月の詩 NO.224 巻頭言

短編小説の味わいを語りに


NPO法人語り手たちの会理事長片岡輝


 この三月十七日に川越で開かれた『弥生語り』で会員が語った十の語りは、折しも競い合って咲き始めた桜のように美しく豊潤で、聞き手を魅了しました。ここ数年来の語り手の成熟ぶりとレパートリーの多様化には、目を見張るものがあります。アマチュアの趣味の域を超えて本格的な語りの文化が花開きつつあると実感します。語り手それぞれの個性的な語り口が、漱石の『夢十夜』の第一夜、賢治の『注文の多い料理店』、松谷みよ子の『みょうが宿』など。再話では、君川みち子の『きつねの桜かんざし』、須山優子の『山吹幻想』などいずれも短編小説の持つ凝縮された物語の魅力を余すところなく伝えてくれました。

 目を文学の世界に転じると、短編小説は一味も二味も違った知られざる傑作の宝庫です。東西古今の作家が、小粒でもピリリと薬味の利いた作品をたくさん書き残しています。ヒューモア、ノンセンス、ロマンス、ホラー、ファンタジー、SF、人情噺、ドキュメンタリーなどなどの手法やスタイルを駆使して、時代、地域、風俗、民族、信仰、ジェンダーなどの違いを超え、物語の底知れない魅力を引き出しています。

 トルコ最高の風刺作家と謳われるアズイズ・ネスインの『口で鳥をつかまえる』(護雅夫訳。藤原書店)の諧謔と悲哀に彩られた作品。アメリカのスティーヴン・ミルファーザーの『十三の物語』(柴田元幸訳・白水社)オープニング漫画と名付けられた『ネコと鼠』は、なんとアニメでおなじみの『トムとジェリー』を文章化したもので、作文の教科書のようです。チェコのカフカの『短編集』『寓話集』(ともに池内紀訳・岩波文庫)も宝石探しを楽しめます。

イタリアからは、アントニオ・タブッキの『時は老いをいそぐ』(和田忠彦訳・河出書房新社)と、デイーノ・ブッツァーティの『待っていたのは』(脇功訳・河出書房新社)を大人向けに。すでにご存じの方も多いと思いますが、子ども向けには、児童文学作家のジャンニ・ロダーリの『パパの電話を待ちながら』(内田洋子訳・講談社)をお薦めします。

 短編小説は、語り手自身が読んで楽しめ、次いで語り手が語ることを通して聞き手が楽しみ、さらには、語りの文化を豊かに実らせることにも貢献するという、いいことずくめの連鎖を生みます。

 近い将来、語り手の肉声で珠玉の短編小説が楽しめる日を首を長くして待っています。

posted by 語り手たち at 16:01| Comment(0) | 太陽と月の詩