2016年07月30日

太陽と月の詩 213号 巻頭言

(七十年たっても昔話にならない)

パーソナルストーリーを語り続けて


奈良県奈良市  秋山勝彦


 二〇〇六年会津若松で行われた「第八回全日本語りの祭り」で、僕は被爆体験を話しました。オープンセレモニーで話ができるなんて、とても恐ろしく光栄なことでした。

 僕の被爆体験は幼い子供の体験で、不思議と思うばかりで悲惨さがないため、子供には聞きやすいのでしょう。その後地元の奈良県を中心に小学校からの依頼が増え続け、今は二十校を超えるものとなっています。広島の修学旅行前平和教育として呼ばれるのです。また夏になると各地で行われる市民対象の平和集会で頼まれるので、年間三十回は被爆体験を話すことになってしまいました。

 僕は川越で語りの会に入り昔話などを始めましたが、長い話などは正確に話せず苦しみました。それでもトルコの昔話などユーモアのあるものは好きでした。「あなたはパーソナルストーリーが性格にあっているわよ」と囁かれたのが運の尽きでした。年間三十回も依頼を受けると、もうホジャさん(トルコ人)にかまってはおれません。子供たちからは原爆の質問も出るし、回答も用意しなければならないのです。それにしても被爆体験ばかりでは達成感はあっても面白くありません。そこで毎年川越で行われる市民対象の「お話し会」に、僕の新作パーソナルストーリーを「面白くなければクビよ、十五分以内でなければクビよ」という条件で発表しています。名作を名手(全部女性)が語る中にぽつんと男の僕が入るわけですから、幹事はその取り扱いに苦労しています。幸い僕の話は一部の人に好評で十年クビにならず続いています。先日「もっとパーソナルストーリーを、一人では淋しい」と言ったら「面白くないのよね。特に男の話は独りよがりで全然面白くない」ときっぱり言われました。僕も納得するところもあります。しかし僕は思うのです。別に戦争や原爆の話でなくとも、人生の実体験の中で(この話は後世に残しておきたいな)と思うものがあるではありませんか?話すべきです。また聴く人もパーソナルストーリーにもっとチャンスを与えて欲しいと思うのです。

 来年はどんな話にしようか?僕は今から苦労しております。クビの不安に怯えながら…。

(会 員)

posted by 語り手たち at 21:42| 太陽と月の詩

2016年05月05日

太陽と月の詩 212号 巻頭言

創立四〇周年を前にして


NPO法人語り手たちの会理事長 片岡輝


故櫻井美紀さんが会をスタートさせて来年で四〇年を迎えます。ゆうやけ文庫に赤ちゃんをおんぶして通って語りの魅力に目覚めた若いお母さんたちが今ではベテランの語り手となって、会の運営を担って活躍しています。わが子に語り聞かせようとして始めた語りも次第に図書館や園や学校で大勢の子どもたちに語りの楽しさを届けるボランティア活動へと発展し、高齢化社会とともに聞き手も大人や高齢者へと広がって来ました。語りの質を高めようと、創立二〇周年を記念して始めたセミナーも、入門講座から研究セミナー、ゼミと、語り手のキャリアとニーズに応えて充実した取り組みを展開しています。また、NPO法人化とともに語りを通して社会的に貢献することを目指して、全国各地の会員の協力を得てその地域での語りの活動を支援する事業や被災地へ語りを届ける支援、孤立して子育てをしている若い母親に赤ちゃんとお話しで楽しく遊ぶ機会を提供する「おはなしごっこ012」、障害児や高齢者にお話しを届ける活動、参加者全員で語るよろこび、聞く喜びを楽しむテラブレーション、海外の語り手との国際交流、語りの芸術性を追求する活動、語りの愛好者を結ぶ出版など幅広く行ってきました。私たちの誇りは、こうした多様な活動のすべてを会員のボランティアによって進めていることです。

いま、創立四〇周年を前にして、私たちはこれまでの活動を振り返りながら、より質を高め、内容を充実させ、広がりをもたせて、私たちが直面しているさまざまな問題を語りによって良い方向へと向かわせるには何をどうすればよいかを会員のみなさまとともに考えて参りたいと願っています。創立四〇周年記念事業をはじめ、会員の交流を密にするためのアイデア、会誌・会報にこんなページがあったらいいなの提案などなど、なんでも結構です。語りという文化を末永く伝えていくための知恵を集めて四〇年から五〇年への活動の基盤を力を合わせて築いて行こうではありませんか。みなさまからのお便りを心からお待ちしています。

posted by 語り手たち at 02:15| 太陽と月の詩

2016年02月06日

太陽と月の詩 211号 巻頭言

地域の皆さまへ
                      語り手たちの会 副理事長 君川みち子


昨年、昔話の再話集を出しました。山形の言葉なので、読んでいただけるものなのかどうか分かりかねていたのですが、九州など南の方からの注文を多くいただいて驚いています。北海道から鹿児島まで、皆さん、自分の地域の言葉で語ってくださっているとのことで、これこそ、語り手たちの会の大きな魅力である「自分らしくのびのびと語る」につながるのではないかと嬉しく思っています。
 会誌、会報に載せていただいたことで、名簿でしか存じ上げなかった方たちとつながれたことはとりわけ嬉しいことでした。お電話をいただいた際にはどんな話を語り、どういう活動をしていらっしゃるのかを伺いました。皆さん快く答えてくださり、話が弾み、あぁ、同じ会の仲間なのだと・・・。その時の話が縁で、「京都語り手の会」の三十周年の会が開かれることを知り、会からの心ばかりの助成金もお渡しすることができました。下関や長崎の大先輩とも親しくお話をさせていただきました。
地域支援事業を担当していますが、櫻井美紀さんが亡くなられた後は、どうしたらいいのか名簿を眺めては途方にくれるばかりでした。櫻井さんとのつながりで会員になられた方は、きっと語り手たちの会が遠のいたように感じていらっしゃったのではないでしょうか。
助成金、講師派遣、講座開催など、地域の方たちのための制度があります。東京に来て語っていただく機会もあります。一昨年、昨年のテラブレーションには各地からお出でいただいて、「語り」と共に「活動状況」を話していただき、全国に素晴らしい仲間がいるということを再認識させていただきました。
どうぞ、連絡をくださいませ。語り手たちの会の会員で良かったと思っていただけるよう、理事全員でできるだけのことをしたいと思っております。


posted by 語り手たち at 12:11| 太陽と月の詩