2019年04月14日

月潟おはなしの会の皆さんの語り

第27回 四季語りの会 〜2019年夏〜

  越後の春夏秋冬を語る 

    月潟おはなしの会の皆さんの語り



越後平野のほぼ中央に位置し、全国的に知られる角兵衛獅子の発祥の地である旧月潟村(現新潟市南区)。月潟地域に伝わる昔話や伝承を語り伝えることに力を入れている月潟おはなしの会の皆さんをお迎えします。越後角兵衛獅子の口上と地元や新潟県内に伝わる昔話や伝説を新潟の方言で語ります。


越後の四季折々を月潟おはなしの会の皆さんの温かな語りで、お楽しみ下さい。




とき:201976日(土)13451600

(開場13:30

ところ:世田谷区成城ホール(集会室E

     砧総合支所4階

157-0062世田谷区成城6-2-1

 【交通】小田急線「成城学園前駅」東口下車徒歩5


参加費:1000高校生まで無料


定員:50名(受付順)


申し込み方法:次の会員から予約券を直接お求めください。

 大島廣志(四季語りの会代表)

  江夏由起 

  杉野いずみ

 田中初美(fax 03-3309-2609)

 宮石百合子 

  村越早苗(080-3451-5557)

     (↑ショートメールでのお申込み・当日連絡先)


詳しいチラシはこちらから↓

第27回2019年夏7.6 月潟おはなしの会チラシ.pdf





posted by 語り手たち at 21:55| Comment(0) | 全国語り情報

2019年04月10日

古屋和子ひとり語り 卯月のライブ


古屋和子ひとり語り 卯月のライブ


   残された者たち  其の二



1992
年「古屋和子ひとり語り・新春蔵出しライブ」として始めたひとり語りライブも、28回目になりました。
30
回目になる2021年に向けて、昨年から「残された者たち」というテーマで語ることを、始めました。戦死、捕虜、思わぬ成り行きで身内から犯罪者を出してしまった時、残された者達は、何を思い何をするのか?。
40
年語り続けてきた近松の世話浄瑠璃の数々と共に、昨年の平重衡、今年の平宗盛、は長年温め続けていたものです。

----------------------

2019年 4
20()22()


●プログラム

 ・近松門左衛門作   音の臨書・近松世話浄瑠璃集

      「堀川波鼓」       

         語り/古屋和子

 ・平家物語  

  「臆病におわする人なればーー宗盛」   

        語り/古屋和子  琵琶/塩高和之

● 日程

   4月 20日 (土)  平家14:00/近松18:00
   4月 21
日 (日)  近松13:30/平家
17:00
   4月 22
日 (月)  平家14:00/近松
18:30


前売 \3000/当日 \3500/二回通・ペア \5500/学生 \2000

● 於:原宿アコスタジオ
  

         JR原宿駅竹下口から徒歩3分 赤星ビルB1F

● 予約問合:SHOW  
09039087046
                                
oguri18-21@softbank.ne.jp
                                 FAX
0333028043

チラシはこちらから ↓


posted by 語り手たち at 09:52| Comment(0) | 全国語り情報

2019年03月24日

長いおはなしの会 〜4月〜

長いおはなしの会 〜4月の会〜

今年も ふた月続けておはなしの会

あちらも良いけど 4月もなかなか

     耳福 口福

せわしない日常で ちょっと一服


2019年 4月月29日(祝)午後1時開演

岸町ふれあい館 第2集会室

JR 王子駅(北口)徒歩5分

参加費 会員外 500円

プログラム 
   茶色の髪の若者    アイルランドの昔話
   サヤエンドウじいさん ポーランドの昔話
   小鳥になった美しい妹 ギリシャの昔話  他




posted by 語り手たち at 18:30| Comment(0) | 全国語り情報