2017年09月05日

中野図書館お話会【9月】 報告


お話会の報告【9月】             東京都中野区立中央図書館お話会

9月2日(土)                             司会進行 高橋裕美


 午前中降っていた雨がやんだと思ったら急に秋風が吹き出したような日でした。午後は爽やかな青空が広がったのですが、夏休み明けの最初の土曜日とあって、図書館に来ている子ども達がいつもより少ないような気がしました。

1部は、暑かったけど楽しかった夏休みを思い出してもらおうと、モグラやかき氷の手遊びを楽しみ、大型絵本の迫力に大人も自分の夏休みを思い出したようでした。最後はやっぱり夏といえばおばけ。かわいいおばけの子どもの話でしたが、思わずお母さんのお膝に座る子もいてほほえましい姿を見ることができました。

2部は、お月様の話にしたのですが、なんと今年の十五夜は104日!でも子ども達は月の話を楽しみ、本もたくさん借りてくれました。

3部は、小さなものが知恵と勇気でピンチを乗り越える、ちょっと勇気の出る話を2つと『勇気』という先日105歳で亡くなった日野原重明さんの訳された本を読みました。私たちはみんな沢山の勇気をもって生きているんだねと気づいたところで、最後まで一人で聴いていた5歳の男の子の勇気にみんなで拍手をしてお開きになりました。

それぞれの間に手遊びを入れて楽しいお話会になりました。


今月の語り手 : 新田安季子、瀧川倫子、高橋裕美


第1部 テーマ 楽しかったね夏休み 子ども7人 大人8人

かみなりこぞうは雲の上(手袋人形)おはなし夢夢 新田

なつのいちにち(大型絵本)はたこうしろう 偕成社 瀧川

もぐら(手遊び)瀧川

かき氷(パネル)おはなしごっこ012 高橋

おばけのこども(語り)こがようこ 新田


紹介図書

・わにわにのおでかけ 小風さち 山口マオ 福音館

・うみやまがっせん 上沢謙二 大島英太郎 福音館

・だめだめすいか 白土あつこ ひさかたチャイルド

・せみとりめいじん かみやしん 福音館

・トマトさん 田中清代 福音館

・めっきらもっきらどおんどん 長谷川摂子 降矢なな 福音館

・すいかのたね さとうわきこ 福音館

・アリからみると 桑原隆一 栗林慧 福音館

・かまきりのちょん 得田之久 福音館 


第2部 テーマ お月様きれいだね 子ども7人 大人7人

うさぎのもちつき(手袋)おはなし夢夢 新田

かじってみたいなおつきさま(絵本)フランク・アッシュ 評論社 瀧川

月見草(語り)女むかし・君川みち子再話集 高橋

もりのおつきみ(紙芝居)千世繭子 さとうあや 童心社 新田


紹介図書

・パパお月さまとって エリック・カール 偕成社

・14ひきのおつきみ いなむらかずお 童心社

・ぼく、おつきさまがほしいんだ ヴァネッサ・キャバン 徳間書店

・うそつきのつき 内田麟太郎 荒井良二 文溪堂

・つきよのかいじゅう 長新太 佼成出版社

・宇宙たんけんたい 月 フランクリン 小峰書店

・月へ行きたい 松岡徹 福音館


第3部 テーマ ちょっと勇気のでるはなし 子ども3人 大人5人

ワイリーと毛むくじゃら男(語り)むかし話ワールドへようこそ 一声社 高橋

コカのかめ(語り)ストーリーテリング入門 一声社 新田

勇気(絵本)バーナード・ウェーバー ユーリーグ 瀧川


紹介図書

・むかし話ワールドへようこそ 末吉正子 一声社

・ストーリーテリング入門 マーガレット・マクドナルド 一声社

・勇気 バーナード・ウェーバー 日野原重明 ユーリーグ




今月の手遊び歌・わらべ歌 


◆もぐら

    ズンズンズズズン ズンズンズズズン

    穴掘ってきたのは もぐらの父ちゃん(親指)

    ズンズンズズズン ズンズンズズズン

    穴掘ってきたのは もぐらの母ちゃん(人差し指)

    ズンズンズズズン ズンズンズズズン

    穴掘ってきたのは もぐらの兄ちゃん(中指)

    ズンズンズズズン ズンズンズズズン

    穴掘ってきたのは もぐらの姉ちゃん(薬指)

    ズンズンズズズン ズンズンズズズン

    穴掘ってきたのは もぐらの赤ちゃん(小指)

    ズンズンズズズン ズンズンズズズン

    穴掘ってきたのは もぐらのばあちゃん(いないいないばあっ!)

    ズンズンズズズン ズンズンズズズン

    穴掘ってきたのは もぐらのじいちゃん(じーっとする)


お天気じゃんけん

    パーっと晴れた青い空(パー)

    グングン雲もわいてきて(グー)

    ちょっぴり雨もふりだした(チョキ)

    おてんき おてんき じゃんけんぽい!


◆忍者になっちゃた

    1と1で呪文をとなえて

    2と2で刀をぬいて

    3と3で編み笠かぶって

    4と4で枯葉にかくれて

    5と5で手裏剣とばして

    忍者になっちゃたー ニンニン



●次回の中野区立中央図書館のお話会

10月7日(土)

  1部 : 130分〜2時               幼児向け

  2部 : 230分〜3             幼児・低学年向け

  3部 : 315分〜345分           小学生向け


  語り手 : 清水加寿子、高橋裕美、須山優子

  司会  : 須山優子



posted by 語り手たち at 01:25| Comment(0) | 中野図書館

2017年08月09日

中野図書館お話会 【8月】報告

お話会の報告8月】           東京都中野区立中央図書館お話会


85日(土)               会進行 澤上しのぶ


夏、真っ盛り!の天気はちょっぴり一休み。どんよりと曇り空の午後、赤ちゃんから小学生のお姉さんお兄さんまでたくさんの子どもたちがおはなしを聴きに来てくれました。


1部では、この世ではない不思議なおばけの世界からスタート。こっちにもあっちにも現れるおばけに,ひゃっ。いろんな形の火の玉に、思わずくすっ。実演を交えたお話は、大人も夢中。「わぁー、まがったよ」「ほんとだぁ」「なんだこりゃ」小さな科学者たちを輩出したようです。大型絵本は迫力満点、見入ってしまう姿が見て取れました。


 2部では、冒険、探検、大発見!!水の中から地球の裏側まで。おはなしの世界ならどんな所へもへっちゃらですね。パネルシアターでは言葉のリズムに合わせて、お母さんが赤ちゃんを抱いたままゆらゆら。体を揺らして楽しむ姿が印象的でした。


 3部は、夏にぴったり(?)こわい世界。ぞくぞく背筋も凍ります。一番前で聴いていた女の子、お母さんとお父さんにぎゅっとしがみついていました。

 いろんなどきどきワクワクに出会えた時間、良い聴き手の子どもたちに感謝です。


今月の語り手 : 伊知地晃子、築地春江、澤上しのぶ


第1部 テーマ  どきどきワクワク ふしぎなせかい 子ども6人 大人10人

おばけ(手袋人形) おはなしかご  澤上

火の玉かぞえうた (ミニパネル)尾松純子作  澤上

まほうのコップ (絵本と実演)まほうのコップ 伊知地

めっきらもっきらどおんどん(大型絵本)長谷川摂子 

福音館書店 築地


紹介図書

・おばけがぞろぞろ ささきまき 福音館

・おしいれおばけ マーナーメイヤー 偕成社

・おばけかぞくのいちにち 西平あかね 福音館

・ふしぎなナイフ 中村牧江 福音館

・まほうのコップ 長谷川摂子  福音館

・じゃぐちをあけると しんぐうすすむ 福音館

・さわってごらん 夜の星 クリスティマシソン  福音館

・めっきらもっきらどおんどん 長谷川摂子 福音館


第2部 テーマ どきどきワクワクぼうけんだ 子ども7人 大人8人

5匹のタコ (手袋人形) おはなしかご 築地

おっきょちゃんとかっぱ (絵本) 長谷川摂子 福音館書店 築地

地球をほる (絵本) 川端誠  BL出版 伊知地

こんなことこんなことあるかしら (パネルシアター) 尾松純子作 澤上


紹介図書

・こすずめのぼうけん ルース・エインズワース  福音館

・ちいさなねこ 石井桃子  福音館

・地球をほる 川端誠  BL出版

・ルイの宇宙旅行 キーツ 偕成社

・おっきょちゃんとかっぱ 長谷川摂子  福音館


第3部 テーマ どきどきワクワク こわいせかい 子ども8人 大人8人

ひとりねるのはこわくない(語り)藤田浩子再話 澤上

のっぺらぼう (語り)のっぺらぼう 杉山亮 ポプラ社 築地

せんたくんおんなのぼうれい(語り)

フランスの12の怖い話 大澤千加 長崎出版 伊知地


紹介図書

・のっぺらぼう 杉山亮 ポプラ社

・かっぱ 杉山亮 ポプラ社

・フランスの12の怖い話 大澤千加 長崎出版

・じごくのそうべえ 田島征志 ポプラ社


今月の手遊び歌・わらべ歌 


◆おばけじゃんけん 井上雅美作

   でてこい でてこい おばけさん

    一つ目こぞうに かさおばけ
      それとも それとも ゆうれいか
       ひゅう〜どろん

                


●次回の中野区立中央図書館のお話会


9月2日(土)

  1部 : 130分〜2時                     幼児向け

  2部 : 230分〜3                        幼児・低学年向け

  3部 : 315分〜345分           小学生向け


  語り手 : 新田安季子、瀧川倫子、高橋裕美

  司会  : 高橋裕美




posted by 語り手たち at 13:17| Comment(0) | 中野図書館

2017年07月05日

中野図書館お話会【7月】 報告


お話会の報告 【7月】           東京都中野区立中央図書館お話会

7月1日(土)                          司会進行 伊知地晃子

 どんよりとした雨模様の午後、子どもたちが集まりますように・・・と、七夕の笹飾りに願いを込めていると、思いのほか、たくさんの参加がありました。あかちゃんから小学生まで幅広く、おとうさんおかあさんもほとんどの方が一緒にお話の部屋に入り、楽しんでくれました。

 第1部は青木さんの手袋人形を用いてのうたでスタートです。一番星から五番星まで、「どんな木の上に見えるかな?」と子どもたちに聞くと、リンゴの木、バナナの木、ぶどうの木・・・と、おいしそうな一番星になりました。『たなばたバス』で天の川まで宇宙旅行?織姫さまの願いをかなえるためにみんなで腕をぐるぐる回して雨雲を追い払いました。色とりどりの20cm角のシフォン布を一人一人が持って、風を呼びました。おはなし室全体に虹色の風が吹きました。続いて清水さんのパネルシアター、動物たちのシャボン玉の色を当てです。「そりゃー、100パーセント黄色でしょう!」などと、子どもたちも大ノリでした。最後はみんなで吹いた虹色の大きなシャボン玉で終わりました。

 第2部は大きな空色のシフォン布で、大風を呼んだり、雨を降らせたり。子どもも大人もシフォン布の中に入って風を感じました。青空に赤いボールの色が印象的な『ぼーるとぼくとくも』、地面から空を映してみている『みずたまり』を楽しんでから、紙芝居とブラックパネルシアターで「七夕」を深く味わいました。紙芝居、ブラックパネルと表現が異なると、受ける印象もそれぞれだなあと感じました。

 第3部は語りのみの構成です。始めた当初は1部・2部と2回だけ行っていた中野のお話会ですが、ボランティア団体の交流会で、小学生にしっかりお話を聞いてもらいたい、大人も楽しめる回があっても・・・という話が出て3部が始まりました。小学2年生以上対象のお話会としていましたが、なかなか年齢で区切るのも難しく、「お話だけでも聞ける人」と声かけしています。今日はジプシー、インドネシア、イタリアの昔話でワールドツァーに出発しました。ちょっと語りだけでは辛いかな?と思われる子もいましたが、須山さんの機転で『コメのはなし』のつながりで手遊び「なっとう」を挟み、無事に終了しました。

今月の語り手 : 青木みな子  清水三和子 伊知地晃子

第1部 テーマ   たなばた にじいろ   (子ども16人 大人10人)
一番星みーつけた(手袋人形・わらべうた)            青木
たなばたバス(絵本) 藤本ともひこ作(鈴木出版)       伊知地                
雲のおばさん 風おくれ(シフォン布を使って)          青木
しゃぼん玉とばせ(パネルシアター)                清水

紹介図書
・「たなばたバス」「いもほりバス」「いただきバス」
                    「まめまきバス」 藤本ともひこ 鈴木出版
・「ふしぎなにじ」 わたなべちなつ (福音館書店)
・「おひさまずんずん」 「ぽつぽつぽつ」 こどものとも012
・「かさちゃんです」 「りゅっくちゃんです」
                                       とよたかずひこ (童心社) 
・「ぼくそらをさわってみたいんだ」 さとうわきこ (ポプラ社)
  
第2部 テーマ   そら くも 星         (子ども11人 大13人)
上から下から大風こい(シフォン布を使って)               青木                
ぼーるとぼくとくも(絵本)加藤休ミ作 (風濤社)              清水
みずたまり(絵本) 殿内真帆作 (フレーベル館)              伊知地   
天の川にかかる橋(紙芝居)小野和子 狩野富貴子(教育画劇)  青木
たなばた(ブラックパネルシアター)                               清水

紹介図書
・「ぼーるとぼくとくも」 加藤休ミ (風濤社)
・「みずたまり」  殿内真帆 (フレーベル館)
・「天の川にかかるはし」 小野和子 狩野富貴子 (教育画劇)
・「たなばた」  君島久子 (福音館書店)
・「にじってなあに」 永田英治 (大日本図書)
・「みつけたぞぼくのにじ」 ドン・フリーマン  (岩波書店)
・「ぼくはうちゅうじん」 なかがわひろたか (アリス館)
・「はじめてのうちゅうえほん」てづかあけみ  (ピエブックス)

第3部 テーマ    空を見あげて    (子ども10人 大人11人)
太陽のおかあさん(語り)(「太陽の木の枝」福音館書店より)    清水
コメのはじまり(語り)(「パパイヤの伝説」勁草書房より)          青木
にじのみずうみ(語り)(「にじのみずうみ」偕成社より)              伊知地 


今月の手遊び歌・わらべ歌

◆「一番星 見つけた!」(軍手人形)
いちばんぼし みいつけた
あれ あの 森の
杉の木の 上に
以下、二番星、三番星と、参加者の好きな木の名前で。

◆ 「雲のおばさん」(虹色シフォン)
くもの おばさん 風 おくれ
ようけ ようけ おくれ
あまったら かえすぞ
ふっ!(吹き飛ばす)

◆「雨雨こんこん」
あめあめ こんこん あめ こんこん
あめあめ ざーざー あめ ざーざー
(舌を高、低、高、低と7回鳴らす)


次回の中野区立中央図書館のお話会
8月5日(土)
1部 : 1時30分〜2時                    幼児向け
2部 : 2時30分〜3時           幼児・低学年向け
3部 : 3時15分〜3時45分           小学生向け

語り手 : 伊知地晃子、築地 春江、澤上しのぶ       
司会  : 澤上しのぶ


posted by 語り手たち at 07:16| Comment(0) | 中野図書館