2017年07月05日

中野図書館お話会【7月】 報告


お話会の報告 【7月】           東京都中野区立中央図書館お話会

7月1日(土)                          司会進行 伊知地晃子

 どんよりとした雨模様の午後、子どもたちが集まりますように・・・と、七夕の笹飾りに願いを込めていると、思いのほか、たくさんの参加がありました。あかちゃんから小学生まで幅広く、おとうさんおかあさんもほとんどの方が一緒にお話の部屋に入り、楽しんでくれました。

 第1部は青木さんの手袋人形を用いてのうたでスタートです。一番星から五番星まで、「どんな木の上に見えるかな?」と子どもたちに聞くと、リンゴの木、バナナの木、ぶどうの木・・・と、おいしそうな一番星になりました。『たなばたバス』で天の川まで宇宙旅行?織姫さまの願いをかなえるためにみんなで腕をぐるぐる回して雨雲を追い払いました。色とりどりの20cm角のシフォン布を一人一人が持って、風を呼びました。おはなし室全体に虹色の風が吹きました。続いて清水さんのパネルシアター、動物たちのシャボン玉の色を当てです。「そりゃー、100パーセント黄色でしょう!」などと、子どもたちも大ノリでした。最後はみんなで吹いた虹色の大きなシャボン玉で終わりました。

 第2部は大きな空色のシフォン布で、大風を呼んだり、雨を降らせたり。子どもも大人もシフォン布の中に入って風を感じました。青空に赤いボールの色が印象的な『ぼーるとぼくとくも』、地面から空を映してみている『みずたまり』を楽しんでから、紙芝居とブラックパネルシアターで「七夕」を深く味わいました。紙芝居、ブラックパネルと表現が異なると、受ける印象もそれぞれだなあと感じました。

 第3部は語りのみの構成です。始めた当初は1部・2部と2回だけ行っていた中野のお話会ですが、ボランティア団体の交流会で、小学生にしっかりお話を聞いてもらいたい、大人も楽しめる回があっても・・・という話が出て3部が始まりました。小学2年生以上対象のお話会としていましたが、なかなか年齢で区切るのも難しく、「お話だけでも聞ける人」と声かけしています。今日はジプシー、インドネシア、イタリアの昔話でワールドツァーに出発しました。ちょっと語りだけでは辛いかな?と思われる子もいましたが、須山さんの機転で『コメのはなし』のつながりで手遊び「なっとう」を挟み、無事に終了しました。

今月の語り手 : 青木みな子  清水三和子 伊知地晃子

第1部 テーマ   たなばた にじいろ   (子ども16人 大人10人)
一番星みーつけた(手袋人形・わらべうた)            青木
たなばたバス(絵本) 藤本ともひこ作(鈴木出版)       伊知地                
雲のおばさん 風おくれ(シフォン布を使って)          青木
しゃぼん玉とばせ(パネルシアター)                清水

紹介図書
・「たなばたバス」「いもほりバス」「いただきバス」
                    「まめまきバス」 藤本ともひこ 鈴木出版
・「ふしぎなにじ」 わたなべちなつ (福音館書店)
・「おひさまずんずん」 「ぽつぽつぽつ」 こどものとも012
・「かさちゃんです」 「りゅっくちゃんです」
                                       とよたかずひこ (童心社) 
・「ぼくそらをさわってみたいんだ」 さとうわきこ (ポプラ社)
  
第2部 テーマ   そら くも 星         (子ども11人 大13人)
上から下から大風こい(シフォン布を使って)               青木                
ぼーるとぼくとくも(絵本)加藤休ミ作 (風濤社)              清水
みずたまり(絵本) 殿内真帆作 (フレーベル館)              伊知地   
天の川にかかる橋(紙芝居)小野和子 狩野富貴子(教育画劇)  青木
たなばた(ブラックパネルシアター)                               清水

紹介図書
・「ぼーるとぼくとくも」 加藤休ミ (風濤社)
・「みずたまり」  殿内真帆 (フレーベル館)
・「天の川にかかるはし」 小野和子 狩野富貴子 (教育画劇)
・「たなばた」  君島久子 (福音館書店)
・「にじってなあに」 永田英治 (大日本図書)
・「みつけたぞぼくのにじ」 ドン・フリーマン  (岩波書店)
・「ぼくはうちゅうじん」 なかがわひろたか (アリス館)
・「はじめてのうちゅうえほん」てづかあけみ  (ピエブックス)

第3部 テーマ    空を見あげて    (子ども10人 大人11人)
太陽のおかあさん(語り)(「太陽の木の枝」福音館書店より)    清水
コメのはじまり(語り)(「パパイヤの伝説」勁草書房より)          青木
にじのみずうみ(語り)(「にじのみずうみ」偕成社より)              伊知地 


今月の手遊び歌・わらべ歌

◆「一番星 見つけた!」(軍手人形)
いちばんぼし みいつけた
あれ あの 森の
杉の木の 上に
以下、二番星、三番星と、参加者の好きな木の名前で。

◆ 「雲のおばさん」(虹色シフォン)
くもの おばさん 風 おくれ
ようけ ようけ おくれ
あまったら かえすぞ
ふっ!(吹き飛ばす)

◆「雨雨こんこん」
あめあめ こんこん あめ こんこん
あめあめ ざーざー あめ ざーざー
(舌を高、低、高、低と7回鳴らす)


次回の中野区立中央図書館のお話会
8月5日(土)
1部 : 1時30分〜2時                    幼児向け
2部 : 2時30分〜3時           幼児・低学年向け
3部 : 3時15分〜3時45分           小学生向け

語り手 : 伊知地晃子、築地 春江、澤上しのぶ       
司会  : 澤上しのぶ


posted by 語り手たち at 07:16| Comment(0) | 中野図書館

2017年06月10日

中野図書館お話会【6月】 報告


お話会の報告【6月】       東京都中野区立中央図書館お話会


6月3日(土               司会進行 井上雅美


1,2部は手遊びや 人形などの小物を使った演目も入れて小さい子も楽しめるプログラムにしました。

キャップ人形やかくれんぼ人形は語り手みんなでしました。

一緒にやる事はあまりなかったので、やっている方も楽しかったし、子どもたちも楽しんでくれました。

3部は語りだけでしたが、面白い 話やちょっとドキドキする話だったのでよく聞いてくれたと思います。

 今月の語り手 : 雨宮 明美 井上 雅美 野田 登志子

第1部 テーマ 雨、雨をよろこぶ生きもの 子ども6人 大人6人

ぽっつん ぽつぽつ(手遊び)                井上

かえるのうた キャップ人形           野田・雨宮・井上

あめこんこん ちいさいモモちゃん(語り) 

   (あめこんこん 松谷みよ子 武田美穂)             野田

でたり ひっこんだり (ペーパー人形)

    のはらうた1くどうなおこ 童話屋)             井上

にじをつくったのだあれ(絵本)

    (作・ベティ・アン・シュワルツ 世界文化社)         井上

10ぴきのかえるのプールびらき(絵本)(間所ひさこ PHP研究所)   雨宮  


紹介図書

*ちいさいモモゃん 松谷みよ子        

*10ぴきのかえるのプールびらき 間所ひさこ PHP研究所

*にじをつくったのだあれ ベティ・アン・シュワルツ作・ドナ・ターナー絵 

世界文化社

*うめぼしさん かんざわとしこ・ぶん こぐま社

*ちいさなきいろいかさ イラスト・にしまきかやこ シナリオ・もりひさし 

金の星社

*すてきなあまやどり バレリー・ゴルバチョフ作・絵 徳間書店    

*ゆかいなかえる ジュリエット・キーブスぶん・え 福音館書店 

*ピッツァぼうや ウイリアム・スタイグ・作 セーラー出版

*ぞうくんのあめふりさんぽ なかのひろたか さく・え 福音館書店     

  「ちいさいモモちゃん あめこんこん」

  「10ぴきのかえるののどじまん」


第2部 テーマ 思わず笑っちゃう話・楽しい話 子ども9人 大人10人

えんどまめ そらまめ  (手遊び)                井上

かくかくかくれんぼ かくれんぼ人形  (わらべうた)   

井上・雨宮・野田・高橋 

てじな  (絵本) (土屋富士夫 作 福音館書店)            井上

ピョントコショ (語り) (末吉正子 著 一声社)             雨宮

へっちゃらかあさん (紙芝居) (岡井美穂 脚本・絵 童心社)       野田

いいから いいから (絵本) (長谷川義史 作 絵本館)         井上


紹介図書

*てじな 土屋富士夫 作 福音館書店

*いいから いいから 長谷川義史 作 絵本館

*なめれおん あきやまただし 作 佼成出版社

*おかあさんのパンツ1・2・3 山岡ひかる 絵本館

*はらぺこヘビくん 宮西達也 作・絵 ポプラ社

*ヘビくんどうなったとおもう? 宮西達也 作・絵 ポプラ社

*やきざかなののろい 塚本やすし ポプラ社

*うえきばちです 川端 誠 BL出版

*きょだいなきょだいな 長谷川摂子 福音館書店

*むかし話ワールドへようこそ! 末吉正子著 一声社

*うんちっち ステファニー・ブレイク PHP研究所 

第3部 テーマ 行きて帰りし物語 子ども5人 大人6人

くまさんのおでかけ (人形)                井上

金色の足のひよこ アルゼンチン民話 (語り

   (こがねのあしのひよこ  秋野ゆきこ 福音館書店)        野田

じいさまとねずみ (語り)

   (日本昔ばなし100話  日本民話の会編  国土社)       井上

屋根がチーズでできた家 (語り)

            (子どもに語る北欧の昔話 こぐま社)      雨宮


紹介図書 

*子どもに語る北欧の昔話 こぐま社                      

*かいじゅうたちのいるところ モーリス・センダックさく 冨山房 

*じごくのそうべえ 桂米朝・上方落語・地獄八景より たじまゆきひこ・作 

童心社

*ガンピーさんのドライブ ジョン・バーニンガム さく ほるぷ出版

*ガンピーさんのふなあそび ジョン・バーニンガム ほるぷ出版

*11ぴきのねこ 馬場のぼる こぐま社

*11ぴきのねこふくろのなか

*こがねのあしのひよこ アルゼンチン民話 秋野ゆきこ 再話・絵 

福音館書店 

*かたあしのひよこ 世界のみんわ絵本 水谷章三・文 いとうひろし・絵 

ほるぷ出

      

今月の手遊び歌・わらべ歌


●ぽっつん ぽつぽつ あめがふる

   ざあーと    あめがふる

  


●えんどまめ そらまめ そら 芽がでたぞ  

 えんどまめ みっつ くって

 おなかがタイコで おけつがラッパで

 プードン プードン プードンドン


●かく かく かくれんぼ

 ちゃわんにおたふく

 すっぺら ぽん!(人形をつかって)


 

次回の中野区立中央図書館のお話会

71日(土)

1部 : 130分〜2時                幼児向け

2部 : 230分〜3         幼児・低学年向け

3部 : 315分〜345分           小学生向け

  

語り手 : 伊知地晃子、清水三和子、青木みな子               

司会  : 伊知地晃子



posted by 語り手たち at 21:02| Comment(0) | 中野図書館

2017年05月22日

中野図書館お話会【5月】 報告

お話会の報告【5月】      東京都中野区立中央図書館お話会

5月6日(土          司会進行 新田安季子

 久しぶりの中野図書館で、ドキドキしましたが十組ほどの参加がありました。

時間に余裕のあるプログラムで、おはなし会の始まる前に、お手玉や手遊びを楽しみました。語り中心のプログラムでしたが、手遊びで、和やかな楽しい会になったと思います。


      今月の語り手 : 竹内光世  曲田晴美  新田安季子

第1部 テーマ あたたかいはる 子ども12人 大人11
こいのぼり(歌とパネル)            
みみずのたいそう(手遊び)           曲田
みみずとへび(語り)
(「英語と日本語で語るフランと浩子おはなしの本」一声社より)      曲田
ずくぼんじょ(手遊び)             竹内
腰折れすずめ(語り)  (「日本昔話百選」三省堂より)   竹内
は、は、はるくんどこですか(パネル )おはなし夢夢     新田

紹介図書

・ふうとはなとたんぽぽ いわむらかずお 童心社

・うさぎのおうち マーガレット・W・ブラウン ほるぷ出版

・はるまちくまさん ケビン・ヘンクス  BL出版

・みみずのたいそう 神沢利子  のら書店

・ミミズのふしぎ 皆越ようせい  ポプラ社

・春になったらあけてください 増井郁恵  BL出版

・おばけの花見 内田麟太郎  岩崎書店

・おなべおなべにえたかな こいでやすこ 福音館書店

・とべとべこいのぼり きむらゆういち 教育画劇 


  
第2部 テーマ あたたかいともだち 子ども11人 大人10
たんたんたんぽぽ(手遊び)          曲田
ぼくたちはシマウマ(人形) (自作)       新田
あなのはなし(語り)
(「おはなしのろうそく4」東京子ども図書館より)            竹内
ぼくのしょうぼうしゃ(絵本) (偕成社)    新田
ともだちをみつけた犬(語り)
(「むかし話ワールドへようこそ」一声社より)           曲田

紹介図書
・ちょっとまって 佐野洋子 福音館書店

・たべてみたい いしいひろし 白泉社

・まくらのせんにん さんぽみちの巻 かがくいひろし 佼成出版社

・まくらのせんにん そこのあなたの巻 かがくいひろし 佼成出版社

・されどオオカミ きむらゆういち あるまじろ書房

・ふってきました もとしたいづみ    講談社

・ケーキがやけたら、ね ヘレン・オクセンバリー    評論社

・わたしはとべる メアリー・ブレア 講談社


                         
第3部 テーマ くり返し言葉のある話  子ども4 大人5人
とり呑みじさ(語り)

(「子どもに語る日本の昔話」こぐま社より)             新田

いちにのさん(手遊び)             曲田

赤いへら白いへら(語り)

(寺内重夫さんからきいた話)                  曲田

小なべどん(語り)(「世界のむかし話」学習研究社より)     竹内


紹介図書

・とりのみじさ  梅田俊作  ほるぷ出版

・しりなりべら 子どもとよむ日本の昔ばなし14

                よもぎだやすひろ くもん出版

・世界のむかし話  学習研究社


今月のわらべ歌・手遊び歌

ずくぼんじょ

ずくぼんじょ ずくぼんじょ 

ずっきん かぶって でてこらさい


(”ずくぼんじょ”はつくしのことです)


ミミズのたいそう

ミミズのたいそう おいちに さんし おいちに さんし


タンタンたんぽぽ

タンタンたんぽぽ  タンタンたんぽぽ

たんぽぽ たんぽぽ タンタンタン


ポポポポたんぽぽ  ポポポポたんぽぽ

ぽぽたん  ぽぽたん  ポポポポタン


いちにのさん

いちにのさん にのしのご 

さんいち にのしの にのしのご


posted by 語り手たち at 21:03| Comment(0) | 中野図書館