2017年02月02日

千話一夜 ご報告

千話一夜  第6回報告  1月8日

〜車座になって、語ったり聞いたり〜

お正月明けの千話一夜は、小噺やわらべ歌、唱歌で笑って歌い、昔話やエッセイ、童話にうるうる、ほっこりとし、壮大な妖精の世界を旅しました。ご自分の語りの会の構成プログラムを披露したり、唱歌指導で素晴らしい声を聞かせてくれたり…。心も体もあったまる贅沢なひと時でした。

参加者の語り                                           司会 井上雅美

・「ひきゃくとおおかみ」(江戸小話より聞いた話)                 永山早苗
・小噺、歌(雪、春がきた)、「ねずみの見合い」(女むかし 君川みち子)  本郷美智恵
・「段々畑を上がった家にお嫁に行った」(『私はそうは思わない』」佐野洋子)古谷ふみ             
・「清水先生とあべちゃん」(『あのころ先生がいた』伊藤比呂美より)      築地春江
・わらべ歌、唱歌「まりととのさま「雀の学校」                   前田千恵子                  
・「ロザネラ姫」(『みどり色の童話集』ラング世界童話集)             清水七重                
・「たまねぎ」(『おはよう童話』東君平)、「鶴と亀」(聞いた話)           雨宮明美
・「じいさまとねずみ」(小平民話の会 聞いた話)                  井上雅美
                                 
報告:須山

posted by 語り手たち at 21:02| Comment(0) | 千話一夜・語りカフェ

2016年12月29日

千話一夜 ご報告

千話一夜 第5回報告   12月4日


 〜車座になって、語ったり聞いたり…〜


 今回は11人といつもよりは少なめの参加でしたが、和やかに楽しく語り合いました。

「絵本を語る」難しさ、工夫点などいろいろ話し合いました。


参加者の語り(参加者11名)     司会 新田安季子


・猿の生き胆(『日本昔話百』三省堂)

 岡田千佳子

・クリスマスツリーのお話(佐藤凉子著『お話会のプログラム』編書房』)

渡辺弥生

・花さき山(斉藤隆介作 岩崎書店)

若林孝子

・つる女房(『子どもに語る日本の昔話』こぐま社)

中山明子

・かえるぼたもち(きいた話)

永山早苗

・うさぎのさいばん(『さんねん峠〜朝鮮の昔話〜』岩崎書店)

本郷美智恵

                (報告:新田)

posted by 語り手たち at 14:00| Comment(0) | 千話一夜・語りカフェ

2016年12月19日

千話一夜 ご案内

千話一夜 


〜車座になって、語ったり聞いたり…〜


日時:2918(日)5時〜630

場所:子ども文化研究所目白駅下車2分、左交番横の階段

下りコンビニを右に折れ村松ビル3階)

参加費:100


申込:事前申込、当日参加、どちらでも可

問い合わせ:須山(042-360-1272

posted by 語り手たち at 19:55| Comment(0) | 千話一夜・語りカフェ