2016年09月01日

千話一夜のご案内

千話一夜 これからの予定


〜車座になって、気楽に、語ったり聞いたりしませんか〜


 「千話一夜」は、「一夜のうちに千(たくさん)の物語が語られる会」になるようにと、『千夜一夜』をヒントに片岡理事長が名付けてくださったものです。普段着の語り、和やかな語りの会を目指します。ぜひ、ご参加くださいね。


これからの予定・・・

日程→ 9月11日(日) 10月2日(日) 11月6日(日) 

以後も基礎講座日を予定。

時間→ 5時から6時半 参加費→ 100円

場所→ 目白子ども文化研究所 当日、直接おいでください

*問合せ 語り普及事業部 須山優子042(360)1272

E‐mail y-harmony@jcom.home.ne.jp


子ども文化研究所 目白駅下車2分

所在地: 〒171-0031 東京都豊島区目白3丁目2−9 村松ビル 3F

電話: 03-3951-0151


posted by 語り手たち at 21:07| Comment(0) | 千話一夜・語りカフェ

千話一夜

千話一夜  第一回報告  7月3日

〜車座になって、気楽に、語ったり聞いたりしませんか〜

 7月3日(日)5時、基礎講座終了後の子ども文化研究所で、第一回をスタートしました。参加者22名、丸くなって、地元の言葉に再話した話やパーソナルストーリー、歌入りの話、今昔、詩、自作の言葉遊び、知人から聞いた話等、顔と目を合わせ語ったり聞いたり…おはなし会の原点に戻ったような楽しい会でした。

参加者の語り                            司会 新田安季子
  
きりなしばなし(かぼちゃとスイカの水遊び)              新田安季子

小判の虫干し(松谷みよ子昔話集から、清水弁で)         永山早苗

双子の話(パーソナルストーリー)                    田中久美子

おおかみと七ひきのこやぎ(グリム 歌と語り)            山岸眞佐代

ねずみの川入り(林望 作より)                     川口倫代

なまえ(ハイチの昔話 聞いた話)                   今井多紀子

全国のはらみんなの運動会(のはらうた ダジャレ日本一周より自作)吉田孝子

鬼の唾(今昔物語集より)                        小阪真理子

こだまでしょうか(詩 金子みすゞより)                前田千恵子

金の腕(おはなしのろうそく)                      清水七重

七夕(手遊び)                               須山優子






posted by 語り手たち at 20:37| Comment(0) | 千話一夜・語りカフェ

2016年06月20日

千話一夜のご案内

復活! 千話一夜

日時 7月3日  17時から18時30分 

      (受付16時45分から)

場所 目白子どもの文化研究所

参加費 100円 


自由に語ったり聞いたり・・・気軽に語りを楽しむ会です。

当日直接会場にお越しください。

posted by 語り手たち at 02:18| Comment(0) | 千話一夜・語りカフェ