2017年04月12日

4月のお話

「タンポポのごあいさつ」     作・片岡輝  絵・花之内雅吉


  おるは元気な男の子です。もし、どこかの街でどろんこになって遊んでいる子を見かけたら名前を聞いてみてください。きっと、


「ぼく、かおるだよ」と答えて白い歯をだしてにこっと笑うことでしょう。


 かおるにかおるという名前がついたのは、かおるが四月に生まれたからです。四月には、まるでクレヨン箱をひっくり返したようにいろんな花がいっせいに咲き始め、春の香りが透き通った、とりわけやさしい風にのって、人びとの鼻をくすぐります。


 生まれたばかりの男の赤ちゃんをのぞきこんで、鼻の下をなが〜くしていたパパとママの鼻にも、花の香りがとびこみました。


「いいかおり! ほら、わたしたちの初めての赤ちゃん、これが木蓮のかおりですよ」

「木蓮か。うん、もくたろう、いや、れんたろうという名前にしよう!」

「あら、わたしは、かおるという名前にしようと、今、考えていたところよ。ね〜、かおるちゃん、かおるでちゅよね〜」

「ほぎゃ〜」


 こうして、かおるという名前がきまりました。名前のせいか、かおるは、花が大好きです。男の子だからって、花が好きになってはいけないなんてきまりはありませんものね。


 今日もかおるは朝からタンポポの花をさがしています。タンポポの花って、そりゃあ、いろんなところに咲いています。庭の片隅、道路のはじっこ、階段のコンクリートの割れ目から顔を出している頑張り屋もいます。


タンポポの花の茎を折ると、白いミルクのような汁が出ます。かおるがおそるおそるなめてみると、甘いようなちょっぴり苦いような味がしました。指と指のあいだにつけてこすると、ねばねばして糸をひきます。「ばか、りこう、ばか、りこう…」といいながら花びらを一つ一つむしって行くと、おばかさんかおりこうさんか、占うことが出来ます。ままごとの材料にだってなります。そんなタンポポで遊ぶのが、かおるは大好きでした。


         ぼうしのタンポポ.jpg


本目のタンポポを見つけたとき、赤いスクーターに乗ったおじさんがやってきて、「このへんのアパートに住んでる清水さんちを知らない?」とかおるに尋ねました。かおるはだまって首を横にふると、「しらなくて、ごめんなさい」というかわりに、タンポポの花を一本さしだしました。

「おう、タンポポか。子どものころを思いだすなあ。ありがとう!」

おじさんが胸のポケットにさすと、タンポポはまるで金メダルのようにキラキラとかがやきました。

赤いスクーターが角をまがって行ってしまうと、「そうだ! ぼく、タンポポをみんなにとどけよう!」かおるは、タンポポの花をにぎって、かけだしました。


ず、みっちゃんのお家です。キンコン…チャィムがなります。

「あら、かおるくん。みっちゃんはいま、ピアノのおけいこにいってるのよ」とおばあちゃん。かおるがタンポポの花をさしだすと、

「まあ、すてき! 花瓶にさしておきますね。あとで遊びにいらっしゃい」

 つぎは、お隣です。ビー・ビッビー。

「だれだと思ったら坊やかい。大人は忙しいんだからいたずらしてはいけないよ」

かおるの鼻先でピシャり、ドアが閉まりました。かおるは出しそびれたタンポポの花をポストに入れて次へ向かいました。

                                    タンポポ.jpg


ントントン。はげはげペンキの古い木のドアをノックすると、ギーツとドアが開いて、しらがのおばあさんが出てきました。


「おやまあ、かわいいお客様だこと。お客さんが見えるなんて、何年ぶりのことかしら。おじいさん、おじいさん、去年の春飛ばしたタンポポのたねが、きれいな花を咲かせて、かわいいお客さんを連れて帰ってきましたよ。さあさあ、どうぞおあがりくださいな」


 かおるが部屋に入ると、ガラス戸ごしに、庭一面に咲いているタンポポの花が見えました。庭では、おじいさんがタンポポの綿毛を春の空へむかって「ふうふうふう…」と、一心に飛ばしておりました。


                            タンポポの綿毛2.jpg
      

   

                                         

posted by 語り手たち at 00:14| Comment(0) | お話の国

2017年03月06日

3月のお話 

「マーチさん さようなら」  作・片岡輝 絵・花之内雅吉


天気がとてもいいある朝のこと、弥生は、ミイラの背中がパックリ割れて、中が空っぽになっているのを見つけました。

「ミイラがかえった! ミイラがかえったのよ! わたしのミイラはどこ?」

大騒ぎをして子供部屋を探すと、一羽の大きなキアゲハが、カーテンのはじに止まって、やさしくやさしく羽を震わせているのでした。去年の秋、お庭のカラタチの枝で見つけた青虫を箱の中に入れておいたら、いつの間にか黄色っぽいさなぎになっていたのがミイラそっくりだったので、そう呼んでいたのです。

     

弥生は、いっとう初めに、お隣のマーチさんを呼んできました。大好きなお友達にキアゲハの赤ちゃんを誰よりも早く見せたかったのです。

 ところが、マーチさんは、なにをどう感違いしたのか、いきなり窓を開けて、キアゲハの赤ちゃんを外へ逃がしてしまいました。

「いじわる! マーチさんのいじわる!」

弥生の眼の涙のレンズに、マーチさんのにっこり笑った白い歯がボォーツと映りました。

「チョウチョさん、空のお家に帰った。よかったね。弥生ちゃんうれしいですね」


のっぽのマーチさんのほっそりとした首を見ていると、弥生は、いつも動物園で見たキリンを思い出します。そういえば、マーチさんのしなやかに伸びた長い長い両足も、どことなくキリンにそっくりで、いかにも走るのが速そうです。

マーチさんは、キリンの生まれ故郷のアフリカからやってきた留学生でした。弥生が生まれて初めて外国人と仲良しになったきっかけは、お正月に弥生がついた羽子板の羽根がお隣の屋根のひさしにひっかかって、べそをかいていた時に、マーチさんがひょいと背伸びして、いとも簡単に取ってくれた時からで、もう2年来の仲良しです。

                   羽根つき.jpg


  マーチさんの日本語は、たどたどしくておせじにも上手とはいえません。だから、親子ほども年が離れているというのに、気が合うのかもしれませんね。

                                        石けり.jpg


 二人はずいぶんいろいろのことをして遊びました。アフリカスタイルの石けりもしましたし、マーチさんが豆のつるを編んで作った輪まわしもしました。弥生が知っている日本の遊びもぜーんぶ。でも、弥生が一番面白がったのはナゾナゾ遊びです。

 マーチさんが出すナゾナゾといったら、どれもとらえどころがなくて、とてもむずかしいのです。

たとえば、こんなふうです。


「あれはなーんだ?」…、こんなへんてこなナゾナゾってあるでしょうか?

「マーチさんって、ずるいずるい。弥生が石≠チてこたえたら、ちがう土≠チていうつもりなんでしょ。弥生がみみず≠チてこたえたら、きっととかげ≠チていうつもりなのよ。そうにきまってるわ!」

「ぼくの国の子どもはね、あれ≠チていえば空≠ニ大地≠フことをいうんだ」

「どうして?」

「なぜなら、目の前には空と大地がどこまでもどこまでも広がっていて、あれ≠チて指させば必ず空と大地に当たるからね」


 空港は、外国へ出発するお客さんでごった返しています。でも、マーチさんのいるところはキリン首のおかげで、たった一目で見つかりました。人ごみをかきわけかきわけ近づくと、マーチさんは弥生をひょいと抱き上げて、やさしく頬ずりして、

「さあ、とっておきの笑い顔を見せてください。お別れに私もとっておきのナゾナゾを一つ出しますから。さあわかるかな? 見えないものってなあんだ?=v

マーチさんを見送った弥生の胸の中に、あたたかいアフリカの風がゴーって吹き込んできました。

「マーチさん、こたえは風≠ナしょ?」

 いつか、この答えをお土産に持って、弥生はアフリカの空のもと、大地に降り立つことでしょう。いつか、きっと、ね。

                                        キリン.jpg                        

     


   


posted by 語り手たち at 23:19| Comment(0) | お話の国