2017年08月15日

8月のお話

「おじぞうさんのぼうし」

片岡輝・文 花の内雅吉・絵

    きどき思い出したように吹いてくる風といっしょに、風鈴が夏のうたをうたいます。
  八郎は朝からギコギコ、ノコギリと格闘しています。大きな板は切られるのがいやなのでしょうか。だだをこねて逃げ回るので、ノコギリのはがあっちへひっかかり、こっちへひっかかり、なかなかしごとがはかどりません。それでもなんとか2枚は伐り終えて、あと1枚切ったら、こんどはトンカチでくぎを打つ番になるのです。八郎の頭の中には、もうしっかりと設計図が描かれいています。
おじぞうさんのぼうし1.jpg


  り終えた3枚のいたを八郎はコ≠フ字型に組み合わせてくぎで打ちつけました。横っちょにはみ出したくぎの先も、とちゅうでく≠フ字に曲がってしまったくぎの頭も、トンカチでしっかりと打ち込みました。そのとき、八郎は左の人差し指をトンカチで思いっきりぶって、あずきほどの血豆つくってしまいました。でも、今日はべそひとつかきません。八月の太陽がぎらぎら笑っています。
  八郎はコ≠フ字型の板をかかえて路地を駆けぬけ、表通りの四つ角にやってきました。麦わら帽子の上にとんぼのアキアカネがとまっています。四つ角では、おじぞうさんがカンカン照りの太陽に焼かれて、八郎を待っていました。
おじぞうさんのぼうし2.jpg


  「おそくなってごめんね。まいにち、あついなか、ありがとう。さあ、これをかぶってみて」
  設計図通り、コ≠フ字の木のぼうしはおじぞうさんの頭にぴったりでした。八郎が朝から汗だくでつくった木のぼうしをかぶって、おじぞうさんは涼しそうです。
  八郎が生まれた8月には、セミとり、スイカわり、ぼんおどり、縁日、花火大会、プール、山登り…と、楽しみがいっぱいで、毎日がまるで誕生日のようです。

  が夕日でまっかに焼けて、今日は待ちに待った縁日です。八郎が100円玉をしっかりとにぎりしめながら、四つ角のおじぞうさんの前を通り過ぎようとしてふと見ると、「あれ? 木のぼうしかぶってないぞ」
 でも、いまはそれどころではありません。
お宮のほうからㇷ゚―ンと縁日のいいにおいが八郎の鼻をくすぐります。
 「あとでさがしてあげるからね!」
 そういいのこすと、八郎は縁日へダッシュ。
 
        おじぞうさんのぼうし3.jpg

  電球に照らされて、ソース焼きそばがジュ―ジュ―とおいしそうな歌をうたい、焼きイカがダンスを踊っています。チョコバナナも綿あめも「おいでおいで」をしています。
ハッカあめの笛が「八郎くん、吹いてごらん、甘くってスース―するよ」と呼んでいます。
 でも、食べ物は食べてしまえばそれっきりです。「ライダーお面がいいかな? ヨーヨーもたのしそうだな…」と、あれこれ迷いながら行ったり来たりしているうちに、八郎は金魚すくいの前にでました。
 「へい、いらっしゃい」と、腰を浮かせたおじさんのお尻のしたに、おじぞうさんの木のぼうしがチョコンと椅子の代わりに置いてあるではありませんか。
 「あのー、それ…」と、八郎が指さすと、
 「まいど、ありー、100円いただきますよ」というわけで、薄い紙を張った網を2本もらい、八郎は金魚すくいにチャレンジすることになりました。


おじぞうさんのぼうし4.jpg

             
  そうは、たくさんの金魚で満員電車なみの混みようです。八郎はとりわけ元気な出目金をねらうことにしました。でも、相手は一筋縄ではいかない大物です。1本目の網は見事に破られてしまいました。八郎が2本目の網ですくおうとしたとき、おじぞうさんが水槽の底にあらわれて、出目金を手招きしました。すると、出目金は急におとなしくなって、おじぞうさんの左手の上に横になりました。
  「いまだ!」八郎が出目金を見事にすくい上げたとき、おじぞうさんはもう姿を消していました。
 「わー、わしの可愛い出目金が…」
頭を抱えているおじさんを見ながら、おじぞうさんのぼうしをお尻に敷いたバチがあたったのかもしれないと、八郎は思いました。

        おじぞうさんのぼうし5.jpg
posted by 語り手たち at 20:02| Comment(0) | お話の国

2017年07月19日

7月のお話


「ナナのアサガオ」


片岡輝・文  花の内雅吉・絵


なかのおじいちゃんが送ってくれた黒いタネから大きなアサガオの花が一輪咲きました。今日はナナの誕生日。つるの先にはバースデイケーキに立てるねじりロウソクそっくりなつぼみが、かぞえるとナナの年と同じ数だけ5つついています。

「おじいちゃんからのプレゼント、よかったわね」とママ。


2017年7月イラスト@パパとあさがお.jpg


「パパがちいさかったときは、アサガオの花のみつをすいに飛んできたダンゴバチやミツバチが花の中にもぐりこむと、花びらすばやく手でつまんで、ハチたちを花の中にとじこめて遊んだものさ」

「ハチはどうなるの?」

「花の中でブンブンワンワンおおさわぎさ」

「さされないの?」

「さされるまえにパット花を開いて逃がしてやるのさ。たまにはさされることもあったなあ。さされたら、いそいでおしっこをつけるんだ。はれあがらないようにね」

「えーつ、おしっこ?」

「よくきくんだぞ。ハッハッハ…」


                                             2017年7月イラストA昼と夜のあさがお.jpg
      

パがおしごとにでかけてしばらくしてのこと、ナナがべそをかきながらとんできました。

「ママ、ママ、どうしよう?お花がしぼんじゃったの」

「アサガオは早起きでしょ。だからお日さまがまぶしくてしぼんだのよ。ナナちゃんに面白いことおしえてあげる。しぼんだ花をつんで、花の先を手でつまんで、根元のところから、息を吹き込んでごらんなさい。ポン!ってかわいい音を立ててはじけるわよ」


      2017年7月イラストBあさがおの色水.jpg

ナが思いっきり息を吹き込むと、風船ガムが破れた時のような音がして、しぼんだ花がはじけました。

「今度は、しぼんだ花を集めて、水を入れたコップの中で、ギュギュってしぼってごらんなさい。アサガオ色のすてきな色水ができるわよ」

色水はかんたんにできました。コップをとおして辺りを見ると、世界中がきれいなピンク色に染まっています。ピンク色の空、ピンク色の犬のシロ、ピンク色の弟のケンちゃん

…あ、ケンちゃんが大事なつぼみをむしり取ろうとしています!


                                              2017年7月イラストC.jpg

「だめ!ナナのお花とっちゃだめ!ほしかったらケンも自分でタネをまきなさい」

ナナナのけんまくに、ケンはびっくりして走っていってしまいました。

明日は七夕さまです。折り紙を切ってつくった短冊にナナはこう書きました。

「おほしさまにおねがい。あお、あか、ピンク、しろ、むらさき、きいろ、おれんじのはなをさかせてください」

アサガオには、きいろやオレンジの花は咲かないのにね。お星さま、きっと困るでしょうね。


 ぎの日の朝のこと。ナナがバースデイプレゼントにもらったママの手作りのゾウの枕を抱いて寝ていると、ケンが大声をあげながらとびこんできました。

「やったー!やったー!ぼくがまいたタネからおはながいっぱいいっぱいさいた!」

ナナがお庭に飛び出してみると、どこにも新しい花なんか見当たりません。

「ぼくね、きのう、アサガオのところにビー玉のタネをたくさんまいておいたんだ。そしたら、ほら、おはながいっぱい!」

ケンが指さす方を見ると、アサガオの葉っぱのあちらこちらに、まあるい朝露がお日さまの光を受けて、キラキラキラキラとひかり輝いておりました。


2017年7月イラストDあさがお.jpg



posted by 語り手たち at 08:44| Comment(0) | お話の国

2017年06月10日

6月のお話

「でんでんむしのひみつ」

片岡輝  絵・花の内雅吉



んでんむしは、いったいどこからやっててきて、どこへきえてしまうのでしょうか?雨が降ると、ふってわいたかのように姿をみせ、晴れるといつのまにかいなくなってしま

うのですから、まるで忍者みたいです。

 淳はでんでんむしが大好きです。誕生日が近くなって、テレビが「今日も全国的に雨でしょう」と放送ようになると、朝から庭をかけまわって、でんでんむしを集めてきます。

 淳の秘密の箱のなかには、親指みたいに大きいものから、ごまつぶのように小さいものまで、「ちゅうちゅうたこかいな、ちゅうちゅう…」と、14匹もいるんですよ。


でんでん虫@集める.jpg


14匹を、レタスとキュウリでかっています。おかずのサラダをのこしておいて、ジーパンのポケットにつこんで秘密の箱まではこんでくるので、ジーパンはマヨネーズのしみだらけ。今日もポケットからとりだしてでんでんむしに食べさせようとしたとたん、あとをつけていたお兄ちゃんが、「みーつけた。なにかくしてんだ? …なーんだ、でんでんむしか。淳、秘密を教えてやろう。でんでんむしの正体は、宇宙人なんだ。背中にしょってる家は、ほんとは宇宙船なんだぞ。でもだれにもいうなよ」


                                   でんでん虫A秘密の箱.jpg


ういえば、でんでんむしの渦巻型の家は、お兄ちゃんの本で見たUFOの絵そっくりですし、つつくと引っ込める2本の角は、宇宙服のアンテナみたいです。

 「ぼく、14人も宇宙人を飼ってるんだ。だれにもわたさないぞ」と心に誓ったとき、「この2匹、ちょいとかりるぜ」と、キュウリでお食事中の〈ジャンボ〉と〈でかでか〉をお兄ちゃんがつまみ上げて、あじさいの葉っぱの上に並べました。

「なにするんだよ。かえしてよ」

 「とりゃしないよ。並べて競争させるのさ。宇宙人の大レース!」


でんでん虫Bきゅうりの上の.jpg


ぎの日は、梅雨にはめずらしく晴れたのに、淳の2つの眼から大雨が降りました。あんなに大事に飼っていた14匹がのこらずカラカラに乾いて死んでしまったのです。レタスもキュウリもしなびてころがっていました。

淳は、箱をかかえて庭へ飛び出すと、穴を堀りはじめました。

「ごめんね。ごめんね。いま、おはかにうめてあげるからね」

すると、お兄ちゃんがやってきて、淳の手をとめて、こういいました。


                            でんでん虫Cペロペロキャンディー.jpg 


「でんでんむしは宇宙人だって教えただろう。宇宙人はそんなにかんたんには死なないんだぞ。宇宙船を空に近いところに並べておくと、だれも見ていないときに宇宙へ帰っていくのさ」

 淳は、14匹のでんでんむしを、ベランダの塀の上に、ていねいに一列に並べ、「ぶじにうちゅうに帰れますように」とおいのりしました。

 夜から朝にかけて、雨が降りました。淳がベランダに出てみると、でんでんむしは、もう影も形もありません。そして、14匹を並べて置いた塀の上には、キラキラ光る14本の銀色の線が、不思議な形を描いて残されているのでした。


  でんでん虫D宇宙へ帰る.jpg
posted by 語り手たち at 20:27| Comment(0) | お話の国