2018年05月02日

太陽と月の詩 220号 巻頭言

五十周年へ向けての一歩を踏み出すにあたって 

NPO法人語り手たちの会理事長 片岡 輝

 三月四日に横浜市緑区のみどりアートパークで、谷川俊太郎さんと賢作さんをお迎えして開かれた「青い地球にことばの種を!」は、一年を通して展開してきたNPO法人語り手たちの会四十周年事業の掉尾を飾って、三〇〇人を超える参加者が、明日の語り手たち六名と福島県田村市から招いた子ども語り手七名の合わせて十三名の旅立ちを祝福し、励ます会として、大きな拍手とあたたかい笑顔にあふれました。


 小学生から高校生、保育者までの明日の語り手たちは、会の横浜グループが、福島県田村市の小学生の子ども語り手は、田村市の伝承語り手による田村市図書館子ども語り手養成講座が手塩にかけて育んだ、ともに語りの文化を明日へと伝える役割を担う大切な宝です。


  四月六日付けの東京新聞に、奇しくも同じ四十周年を迎えた児童文学『ズッコケ三人組』(那須正幹著)シリーズの舞台となった広島市西区己斐地区で、ハチベエ、モーちゃん、ハカセの三人組が出没して活躍する「アカツキ書店」「喫茶店・田園」「花山デパート」などのモデルとなった建物の老朽化や店じまいが進み、作者の同級生が作ったグループ「ズッコケ三人組のふるさと己斐」が担ってきた銅像や看板設置やモデル地を巡るツアーなどの活動も、メンバーの高齢化で停滞気味であることから、若い世代が活動を引き継いでほしいという呼びかけが報じられていました。激しく移り変わる時代とともに、人びとの記憶も薄れ、考え方や行動パターンや好き嫌いも変わり、世代から世代へと伝えられてきた歴史や文化や習俗などの伝承もともすれば途絶えがちです。


 戦争体験、ヒロシマ・ナガサキの被爆体験、大震災の被災体験などの語り部の世代交代も進んでいます。その時々を生きた無数の名もなき人々のかけがえのない記憶を次の世代にどう伝えていくかが時代の証言者であり伝承者でもある私たち語り手に求められています。


 歴史修正主義者と称せられる人々が、自分たちの主義主張に都合の悪い歴史的な事実を無かったこととして、都合のいいように書き改めようと画策しています。こんな暴挙を許さないためには、事実を誠実に記録し、語り伝える地道な営みを積み重ねて行かなくてはなりません。明日の語り手の誕生、基礎講座二〇一八の開講、各事業の推進は、会の次なる五十周年へ向けての、明るく希望に満ちた取り組みのスタートです。会員のみなさまの積極的なご参加をお待ちしています。     

続きを読む
posted by 語り手たち at 22:08| Comment(0) | 40周年記念事業

2018年03月29日

青い地球に言葉の種を!報告

青い地球に ことばの種を! 


 〜谷川俊太郎さんと谷川賢作さんをお迎えして〜

     

      201834日 みどりアートパーク ホールにて


 語り手たちの会創立40周年記念事業もいよいよ最後となりました。

今日は詩人の谷川俊太郎さんと息子さんで演奏家の谷川賢作さんをお迎えし、また、福島の田村市から「子ども語り手」たち、横浜からは「明日の語り手」たち13人の初々しい語り手たちも集まりました。


ホワイエ@.jpg


 300人の会場が満席の中、総合司会の君川さんが「語りの未来は明るい。」と高らかに宣言した後、宝田さんの元気な司会で、第1部「明日の語り手、おはなしを語る」が始まりました。朝、新幹線でかけつけた田村の「子ども語り手」と、横浜の「明日の語り手」たちが語ります。会場の皆さんは語り手たちを応援しようという気持ちに包まれていて、語り手と一緒に声を出したり、振り付けを踊ったり、笑ったりして楽しんでいるのが伝わってきます。谷川俊太郎さんも「反応がいいよね」とおっしゃったほどです。語り手ものびのび楽しそうに語っています。語る喜び、語りを聞く喜びを再認識し、今日のテーマの通り、語りの種が未来へ芽を出してゆくのを感じました。


司会君川さん.jpg   第2部.jpg


 第2部は谷川俊太郎さんと片岡輝理事長の対談です。お二人とも語りきれないほどの経歴がおありなのでと、司会の君川さんがそれぞれ一言で紹介してくださいました。「みんなの大好きな谷川俊太郎さん」と「私たちの愛する片岡輝さん」の対談です。長年親交の深いお二人の対談は、終始リラックスした楽しいムードで続けられました。片岡理事長が俊太郎さんの詩『宇宙船ペペペペラン』『川』を次々に朗読され、お二人でされた絵本のお仕事の話を懐かしく語られました。俊太郎さんは、「言葉遊びのリズムというのは日本人の中に自然にあるのではないか。」と『ことばあそびうた』にふれ、「今日のテーマにぴったりでしょう?」と『たね』を朗読してくださいました。


対談.jpg  


 第3部、谷川俊太郎さんと賢作さんによる、言葉と音楽の楽しいライブの始まりです。「言葉は音楽に負ける。言葉には意味があるから。意味にとらわれてしまうから。」とは俊太郎さんのお言葉ですが、賢作さんのピアノと一緒に俊太郎さんが朗読された詩の言葉は負けてなんていません。一番前で聞いていた「明日の語り手」たちの楽しそうな笑い声が何より証明しています。賢作さんも俊太郎さんの朗読に競うようにたくさんの歌を歌ってくださり、会場の楽しい雰囲気は高まる一方です。ここで俊太郎さんが『生きる』を朗読された後「明日の語り手」たちが次々に舞台に上がってきました。


俊太郎さんと賢作さん.jpg


 フィナーレです。賢作さんの伴奏で、片岡輝理事長が作詞された『とんでったバナナ』を、舞台の谷川俊太郎さん、賢作さん、「明日の語り手」たち、そして会場の全員で歌いました。楽しい歌の余韻の残る中花束が贈呈され、片岡理事長のご挨拶の後、君川さんが「私たちも明日の語り手です。50周年、60周年に向かって一歩一歩、共に進んでいきましょう」と本日の会を閉じられました。


みんなで歌っている.jpg    飛んでったバナナ.jpg

《プログラム》

1部    明日の語り手、おはなしを語る

@  あなのはなし       大井田佳穂さん(小4)

A  みなみのばかむこ     渡辺萌々さん (小6)

B  とうふとこんにゃく    武田佳奈さん (小4)

C  あめのひのトランペット  小久保薫さん (高3)

D  まんまるさがし      竹内美裕さん (小2)

E  つばめとすずめ      安藤優希さん (小4)

F  だいこんちゃんの家族   花城理恵さん (保育士)

G  石清水の伝説       吉田百花さん (小4) 

               猪瀬依千歌さん(小4)

H  かっぱのすもう      松本紗葵さん (小3) 

               松本紗綾さん (小3)

I  見えない箱        森安莉瀬奈さん(小5)

J  えをかく         松ア宝夏さん (小5)


2部  谷川俊太郎さん&片岡輝さんから子どもたちへ


3部 谷川俊太郎さん&谷川賢作さんのライブ


 報告 清智子



posted by 語り手たち at 21:59| Comment(0) | 40周年記念事業

2018年03月28日

「青い地球にことばの種を!」が読売新聞に載りました

会創立40周年記念事業「青い地球にことばの種を!」

読売新聞 324日付け夕刊に載りました



20180324読売新聞夕刊記事(カラー).pdf





posted by 語り手たち at 22:02| Comment(0) | 40周年記念事業