2017年09月16日

明日の語り手プロジェクト 〜おはなしを決めよう!〜

第5回 明日の語り手プロジェクト 

               〜おはなしを決めよう!〜



2017910日(日)13001430

たまプラーザ地域ケアプラザ 地域ケアルームにて


 5回目になる「明日の語り手プロジェクト 〜お話を決めよう〜」がたまプラーザ地域ケアプラザで行われました。

 8月の発表会で誕生した「明日の語り手」たちに新しいスタッフも加わり、ますますにぎやかになったワークショップの始まりです。

 まずは導入として声出し。二組に分かれ、向かい合って「ウッハ ウハウハ」から「ウッホ ウホウホ」まで、おなかの底から元気よく声を出しました。

 次に「言葉とあそぼ 〜イメージをふくらませて〜」というプログラムで「しりとりあそび」をしました。輪になって座り、しりとりでおとなりへ言葉をつないでいきます。ルールは3文字以上の言葉です。文章でもいいけど、もちろん「ん」で終わらないこと。ママからでた「リンゴ・スター」に子どもたちはキョトン。最後は最年少、3歳のメンバーの「犬ぞり」で終わりました。


明日の語り手9月10日DSC_0820.jpg

パパも参加してワークショップ中


 続いて、1人ずつお題の絵をもらい、その絵について3つのヒントを出してもらい、みんなで絵を推理する、という言葉遊びをしました。3つ目のヒントにその絵の気持ちをこめること、というのがルールです。娘さんを送ってきて、そのまま参加してくれたパパも、ラクダの気持ちを的確に代弁してくれました。

 次に、語り手にとってとても大切であり、とても難しいテクニック、「間」を意識するためのワークショップです。同じテーマで3つの物を紹介しますが、3つ目の前に「間」をとります。6か月の赤ちゃんと一緒に参加してくれたママは「赤ちゃんの好きなところ」というテーマで発表してくれました。1番好きなのは「クリームパンのおてて」。みんな納得のかわいらしさです。どのメンバーの発表も、「間」のあいだすごくドキドキワクワクします。これが「間」の力なのだなあ、と思いました。

 こうして語り手としてスキルアップをはかった後は、12月の発表会のためのおはなし決めです。スタッフが持ち寄ったおはなしの中から、おはなしを選びました。ひとりひとりが「語り」そのものを楽しんでほしい、との願いから、スタッフも一緒に慎重におはなしを選んでいきます。まだ二つのおはなしで迷っているメンバーもいましたが、それぞれ気に入ったおはなしを、ニコニコ顔で持ち帰ることができました。

                          清智子


どのお話にしようか原稿を読んでいるこどもたちとママ 9月10日.jpg

どのお話にしようか原稿を読んでいるこどもたちとママ


posted by 語り手たち at 22:50| Comment(0) | 40周年記念事業

2017年08月27日

〜ひろがれ!ゆめ・あい・げんき〜 おはなしフェスタ 

〜ひろがれ!ゆめ・あい・げんき〜

  おはなしフェスタ

          おはなしフェスタポスター ↓
                  ポスター案.pdf


  宿泊申し込みは定員に達しましたので締め切らせていただきましたが、当日参加はまだ余裕がございます。日帰りでの参加も可能です。ぜひお越しください。


posted by 語り手たち at 23:37| Comment(0) | 40周年記念事業

2017年08月14日

明日の語り手によるちいさなおはなし発表会〜ことばと遊ぼうワークショップ〜

明日の語り手によるちいさなおはなし発表会

            〜ことばと遊ぼうワークショップ〜


201785日(土)

みどりアートホール リハーサル室にて

(参加者:子ども7名、大人31名)


 5月、6月、7月とワークショップを重ねてきた「明日の語り手」たちの発表会が行われました。

 第1部は会場の全員で参加する“ことばと遊ぼう”ワークショップ。杉山亮作「あいうえおのおけいこ」を一人ずつ大声で唱えました。続いて、横浜市立山内図書館の「カバさん」こと千葉晶さんの“ことばで遊ぶ”ワークショップ。図書館の本の中から、回文やアナグラムをクイズ形式で出題。こどもたちは頭の回転が速い、次々に正解していきます。次に、岡田淳作『扉のむこうの物語』をパネルを使ってブックトークしました。これは50音表が鍵となる冒険物語なのですが、最後のキーワードがわからないと、主人公のユキヤたちは元の世界に戻れません。キーワード、わかったかな?そのあとに、ドキドキしながら受付で引いたくじでグループを作り、こがさんの「ぺろり」を、それぞれのグループ風に発表しました。同じお話なのに5つの、全く違う「ぺろり」が楽しめました。

 第2部はいよいよ、「明日の語り手たち」の発表です。1年生から大人まで、8名の初々しい語り手たちの登場です。皆さん初めてとは思えないほど表情豊かに堂々と語られました。かわいいネコさんも現れて、会場では笑いが絶えませんでした。

 そして第3部。ゲストの皆さんによる“いろいろな語りを聞いてみよう”。

遠藤博子さんの「へびとみみず」はカリンバという美しい音色の楽器とともに語られました。続いて伊地知友樹さんの「おはなしのだいすきな王さま」。エチオピアの昔話を語りました。次に菅野智子さんと野田登志子さんのタンデム語り。日本語と英語による「頭に柿の木」で会場は大笑いでした。

 それから閉会式となり「明日の語り手」たち一人一人に「おはなしマイスター修了証書」が手渡されました。こどもたちの誇らしげな顔がまぶしく見えました。

 “ことば”(日本語ばかりではなく英語も)を目で耳で、堪能した大満足の一日でした。



プログラム


第1部

“ことばと遊ぼう”ワークショップ

  『杉山亮のものがたりライブ・びんぼうくじをひくな』より

「あいうえおのおけいこ」で声出し

 『ことばあそびえほん』(石津ちひろ/のら書房)

  『ころころラッコこラッコだっこ』(石津ちひろ/BL出版)

  『がらすこつこつからすのこ』(石津ちひろ/文化出版局)

  『ことばあそび玉手箱』(石津ちひろ/小学館)

  『お江戸はやくちことば』(杉山亮/カワイ出版)

  『ことばのかくれんぼ』(佐々木マキ/福音館)

    以上の本より、回文などのクイズ

『扉のむこうの物語』(岡田淳/理論社)よりパネル

  「ぺろり」こがようこ作より、みんなでおはなしを語る


20170805ことばと遊ぼうワークショップ.jpg

第2部

 「明日の語り手」お話を語る

  竹内美裕さん(2)            「ひょっとこのおめん」

  竹内美香さん                 「おばけのこども」

  大井田佳穂さん(4年)          「あーんぱん」

  大井田佳穂さん&大井田智明くん(4年、1年)

「おほしさまとねこさん」

  森安莉瀬奈さん(5年)          「きかんぼうさぎ」

  森安さゆりさん                「たからげた」

  小久保純子さん                 「ひなどりとネコ」

  花城理絵さん                  「マメ子と魔女」

   

    〜〜〜〜〜手遊び 「いわしのひらき」〜〜〜〜〜


 

第3部

 いろいろな語りを聞いてみよう

  遠藤博子さん(カリンバとともに) 「へびとみみず」

  伊知地友樹さん       「おはなしのだいすきな王さま」

  菅野智子さん&野田登志子さん(タンデム語りで英語を交えて)

                                「頭に柿の木」    

                         (清智子)

posted by 語り手たち at 23:27| Comment(0) | 40周年記念事業