2018年01月05日

明日の語り手によるおはなし発表会

「明日の語り手プロジェクト」 

  明日の語り手によるおはなし発表会


〜おはなしと遊ぼう!ワークショップ〜


 20171217日  みどりアートパーク リハーサル室にて


 今日は福島から田村市子ども語り手の7人を迎えて、明日の語り手たちの発表会です。会場のみどりアートパークリハーサル室は満員。隙間なく60脚の椅子が並びました。いよいよ第1部〜おはなしと遊ぼう!ワークショップ〜が始まりました。

 講師は末吉正子さん。60人の参加者は座っている縦の列で、サルどんとウサギどんに分かれました。サルどんはいつも体のあちこちがかゆい!ポリポリかいてばかりいます。ウサギどんはついつい耳をぴくぴくさせてしまいます。ふたりはこのクセを我慢するため、我慢くらべを始めました。さあ、隣の人と我慢くらべです。でも2人ともどうしてもクセを我慢できないので、相手に「おはなし」をしてあげてうまい具合にポリポリしたり、ぴくぴくしたり。「音楽会にいったよ」(キラキラ星に合わせてリズミカルに耳をぴくぴく)。「痩せたいところをなでるダイエットだよ」(なでるとみせかけてポリポリ)。30匹のサルどんと30匹のウサギどんはお互いさまで仲なおり。体も動かし、声も出し、そしてみんな大笑い。楽しい楽しいワークショップでした。

 休憩の後、第2部です。明日の語り手と福島の田村市子ども語り手が、おはなしを語りました。子ども語り手たちは福島の伝承の語り手に指導を受けてきました。座布団に正座のスタイルで、田村の言葉で語ります。明日の語り手たちは、創作あり、詩あり、自由に動きをつけながらのびのびと語りました。聞き手も、笑ったり、うなずいたり、一緒に声を出したり。とても楽しいおはなし会でした。    

11人の語り手たちによるおはなし会が終了したあと、第3部。君川みち子さんは「雪どけ」「ねずみの見合い」を山形弁で語ってくださいました。そのあと、末吉正子さんが「ねずみの見合い」に出てきた猫なで声を使って「ヤマオラビ」の語りをしてくださいました。参加者は全員、山の妖怪「ヤマオラビ」です。末吉さんが叫んだ言葉を猫なで声でマネする妖怪に扮しました。

楽しい時間も終わりに近づいてきました。片岡理事長による語り手たちへの総評。そして“おはなしマイスター修了証書”の授与です。片岡理事長からは、会場にいる全ての明日の語り手たちにメッセージをいただきました。その後、会場内の小学生以上の子どもたちに“おはなしマイスター修了証書”が手渡されました。

明日の語り手たちの語りが聞くたびに素敵になっていくので、スタッフ一同ワクワクしています。次はどんな語りになっているでしょう。楽しみです。


明日の語り手2017年12月17日@.jpg


《プログラム》

第1部

ワークショップ“おはなしと遊んで声をだそう”

 末吉 正子さん 「サルどんとウサギどん」

         『もっとお話とあそぼう』末𠮷正子著 一声社より

第2部

明日の語り手・田村子ども語り手たち お話を語る(明日の語り手を応援しよう!)

 大井田 佳穂さん(小4)     「あなのはなし」

 武田  佳奈さん(小4)     「とうふとこんにゃく」

森安 莉瀬奈さん(小5)     「みえないはこ」

吉田  百花さん(小4)&

猪瀬 依千歌さん(小4)     「いわしみず」

花城  理絵さん         「だいこんちゃんのかぞく」

渡辺  萌々さん(小6)     「みなみのばかむこ」

松崎  宝夏さん(小5)     「えをかく」

安瀬  優希さん(小4)     「つばめとすずめ」

竹内  美裕さん(小2)     「まんまるさがし」

 松本  紗葵さん(小3)&

 松本  紗綾さん(小3)     「かっぱのすもう」

小久保 薫 さん(高3)     「雨の日のトランペット」 


明日の語り手2017年12月17日D.jpg   明日の語り手2017年12月17日E.jpg   明日の語り手2017年12月17日F.jpg

明日の語り手2017年12月17日A.jpg

第3部

いろいろな語りを聞いてみよう(こどもも大人も楽しめるお話)

 君川 みち子さん 「雪どけ」     

            『女むかし』君川みち子再話集より

          「ねずみの見合い」 

            『女むかし』君川みち子再話集より

 末吉  正子さん 「ヤマオラビ」   

            『三人語り・四人語り・クラス語り』

                     末吉正子著 一声社より

                           (清智子)



明日の語り手2017年12月17日C.jpg


 

明日の語り手2017年12月17日B.jpg

明日の語り手2017年12月17日G.jpg

posted by 語り手たち at 20:32| Comment(0) | 40周年記念事業

2017年11月21日

明日の語り手プロジェクト

「明日の語り手プロジェクト」 

第6回ワークショップ 「話してみよう」


20171112  たまプラーザケアプラザ プレイルームにて開催


 今月は6回目のワークショップです。12月のおはなし発表会に向けて、前回選んだおはなしをひとりひとり語ります。

 最初にいつもの発声練習。二組に分かれ「ウッハ、ウハウハ」と元気よく声を出しました。そのあと子どもたちから順におはなしを語りました。ママたちは今日の発表でこのワークショップはいったん終了です。子どもたちから「ママのおはなしきくの楽しかったよ」とあたたかい感想をもらって、嬉しそうでした。練習中はかなり厳しい聞き手だったそうですよ。

 休憩の後、12月に発表をひかえた語り手たちにもう一度語ってもらい、さらによい語りになるように細かくアドバイスをしました。12月の発表会が楽しみです。明日の語り手たちを是非応援に来てください。


明日の語り手プロジェクト1.jpg  明日の語り手プロジェクト2.jpg
  


明日の語り手プロジェクト3.jpg  明日の語り手プロジェクト4.jpg

                           明日の語り手プロジェクト5.jpg







続きを読む
posted by 語り手たち at 00:13| Comment(0) | 40周年記念事業

2017年09月16日

明日の語り手プロジェクト 〜おはなしを決めよう!〜

第5回 明日の語り手プロジェクト 

               〜おはなしを決めよう!〜



2017910日(日)13001430

たまプラーザ地域ケアプラザ 地域ケアルームにて


 5回目になる「明日の語り手プロジェクト 〜お話を決めよう〜」がたまプラーザ地域ケアプラザで行われました。

 8月の発表会で誕生した「明日の語り手」たちに新しいスタッフも加わり、ますますにぎやかになったワークショップの始まりです。

 まずは導入として声出し。二組に分かれ、向かい合って「ウッハ ウハウハ」から「ウッホ ウホウホ」まで、おなかの底から元気よく声を出しました。

 次に「言葉とあそぼ 〜イメージをふくらませて〜」というプログラムで「しりとりあそび」をしました。輪になって座り、しりとりでおとなりへ言葉をつないでいきます。ルールは3文字以上の言葉です。文章でもいいけど、もちろん「ん」で終わらないこと。ママからでた「リンゴ・スター」に子どもたちはキョトン。最後は最年少、3歳のメンバーの「犬ぞり」で終わりました。


明日の語り手9月10日DSC_0820.jpg

パパも参加してワークショップ中


 続いて、1人ずつお題の絵をもらい、その絵について3つのヒントを出してもらい、みんなで絵を推理する、という言葉遊びをしました。3つ目のヒントにその絵の気持ちをこめること、というのがルールです。娘さんを送ってきて、そのまま参加してくれたパパも、ラクダの気持ちを的確に代弁してくれました。

 次に、語り手にとってとても大切であり、とても難しいテクニック、「間」を意識するためのワークショップです。同じテーマで3つの物を紹介しますが、3つ目の前に「間」をとります。6か月の赤ちゃんと一緒に参加してくれたママは「赤ちゃんの好きなところ」というテーマで発表してくれました。1番好きなのは「クリームパンのおてて」。みんな納得のかわいらしさです。どのメンバーの発表も、「間」のあいだすごくドキドキワクワクします。これが「間」の力なのだなあ、と思いました。

 こうして語り手としてスキルアップをはかった後は、12月の発表会のためのおはなし決めです。スタッフが持ち寄ったおはなしの中から、おはなしを選びました。ひとりひとりが「語り」そのものを楽しんでほしい、との願いから、スタッフも一緒に慎重におはなしを選んでいきます。まだ二つのおはなしで迷っているメンバーもいましたが、それぞれ気に入ったおはなしを、ニコニコ顔で持ち帰ることができました。

                          清智子


どのお話にしようか原稿を読んでいるこどもたちとママ 9月10日.jpg

どのお話にしようか原稿を読んでいるこどもたちとママ


posted by 語り手たち at 22:50| Comment(0) | 40周年記念事業