2022年05月10日

語りの世界バックナンバー

『語りの世界』バックナンバー在庫数
2022年5月11日現在

語りの世界バックナンバーです。送料をご負担いただければお送りいたします。

ご希望の方はメールでご連絡ください。


在庫数

特集

28

4

表現と表情

29

18

こわい話

30

25

語りボランティア

31

105

声とことばで伝える

33

31

未来へ語り継ぐ

35

16

ストーリーテリングの歩みとこれから

36

40

パーソナルストーリー

38

63

妖精 精霊

40

15

世界の語り手たち

42

16

物語の力

49

37

再話と語りU

50

23

現代の語りとは

51

154

櫻井美紀さんの逝去を悼む

52

170

子どもたちに語りをどう手渡すか

53

65

時代を証す

54

67

障がいと語り

55

55

再話のたくらみー物語の再生

56

90

語りの場ーいまむかし

57

80

私の語りた話い

58

85

ふるさとのことばで伝える

61

30

生きる知恵=伝承と記録

62

25

語りを楽しみ、深める

63

9

くちびるにおはなしこころににじを

64

13

明日の語り手たちへ

65

13

いま、改めて、語り手とは?

66

7

レパートリーを豊かにしよう

   
 

150

文化シリーズ 津軽の詩


          メール メールフォームはこちらから メール

posted by 語り手たち at 23:15| Comment(0) | 出版物

2022年05月01日

太陽と月の詩 No.236号 巻頭言

やり過さないために

NPO法人 語り手たちの会 理事長  片岡 輝

 人は愚かなもので、大切なものの本当の価値は、失ってみて初めて気付くことが多い。時流に身をまかせていると、眼力にも曇りが生じてくるのだろうか、とかく自己中心で遠見が効かなくなる。日常の些事ならまだしも、一国の命運ともなれば、後から悔やんでも取り返せない。その失敗の繰り返しの結果は歴史にはっきりと刻まれている。  


 フランク・パヴロフ作 ヴィンセント・ギャロ絵『茶色の朝』(大月書店・2003)は、目が覚めたら一夜のうちに世界が茶色一色に染まり、競馬情報を読もうと思って手にしたいつもの朝刊の題字が「茶色新報」に変わっている。図書館の蔵書の発行元の出版社がつぎつぎと裁判にかけられ、それらの出版物が棚から強制撤去された。茶色の巨大な圧力が日常を押しつぶそうと迫って来る。茶色党がペット特別措置法を制定したので茶色以外のペットは飼えなくなった。「いやだと言うべきだったんだ。抵抗すべきだったんだ。でも、どうやって? 政府の動きはすばやかったし、俺には仕事があるし、毎日やらなきゃならないこまごましたことも多い。他の人たちだって、ごたごたはごめんだから、おとなしくしているんじゃないか?……だれかがドアをたたいている。こんな朝早くなんて初めてだ。

……陽はまだ昇っていない。外は茶色。そんなに強くたたくのはやめてくれ。いま行くから。」  


 物語は、ここで終わっている。その先がどうなるかは、読者の想像力次第だ。哲学者の高橋哲哉は、「やり過さないこと、考えつづけること」とのメッセージを本書に寄せている。「ファシズムや全体主義は権力者が人びとを一方的に弾圧し恐怖政治をしくことによって成立するだけではありません。 …はるかに多くの場合、人びとがそうしたものの萌芽を見過ごしたり、それに気づいて不安や驚きを

覚えながらも、さまざまな理由から、危険な動きをやり過ごしていくことによって成立するのです。」  


 やり過すとは、見ざる・聞かざる・言わざるを決め込むこと。見て・聞いて・もの言うためには、考えつづけることが肝要だ。目をカッと見開き、耳を研ぎ澄まし、口を大きく開けていよう。頭脳を明晰に保つことは言うまでもあるまい。


posted by 語り手たち at 18:55| Comment(0) | 出版物

2022年02月15日

語りの世界

第72号

語りの世界72.jpg

◆語りの世界 第72号
(2022年2月1日発行・語り手たちの会)

目次
特集 物語の中の食べ物
■巻頭のことば
伊那谷の人形浄瑠璃フィールドワークから学んだこと 松山鮎子
■特集 物語の中の食べ物
日本の昔話の中の食べ物ー柳田国男の『遠野物語』からー 石井正己
外国の昔話における食べ物ー時代を超えて魅了する食べ物ー 佐々木由美子
食べ物をめぐる物語 大島廣志編
食べ物の絵本 山田麻子
食べ物のタブー 安藤節子
■連載 テラブレーション講演録
神話と昔話@スサノヲのヲロチ退治 三浦佑之
■FEASTオンラインフェス参加者報告 井上裕子/芝匠子/宝田綾子/光藤由美子/菅野智子/遠藤博子
■連載 語りの仲間たち
元気の素語り” 平野美和子
「瓢箪から駒」的語り手人生 矢部みゆき
「語りは平和の力」と信じて 小野寺るり子
■詩の生まれる時 片岡輝
■連載 世界おはなしの旅
トルコ編 片岡早織
■絵本の散歩道
春のおすすめ絵本 若林孝子
■語り手育成基礎講座
「こどもたちに語る」 こがようこ/菅野智子/井上雅美
■活動紹介 再話研究ゼミの活動 清水三和子/新田安季子/山本直子/渡辺弥生
■お知らせ

*バックナンバーについてはメールでお問い合わせください。
posted by 語り手たち at 17:14| Comment(0) | 出版物