2018年08月02日

太陽と月の詩 221号 巻頭言

人間への贈り物「想像力」

東京都杉並区 池田香代子

三歳九カ月の孫娘が芝居小屋デビューをはたした。舞台に上がったわけではない。はじめて見物したのだ。

ちいさな劇場は、ハイハイの赤ん坊まで含めて、おさない観客でにぎわっていた。演し物は「赤ずきん」と「ブレーメンの音楽隊」。声優たちがパペットを操りながら、舞台いっぱい、にぎにぎしくストーリーを織りなしていく。

つまり、演者の全身が見えるわけだ。片手に装着した赤ずきんやろばの人形が口をぱくぱくさせ、声は演者が出す。このシステムというか、約束事を受け入れた上で、子どもはパペット芝居を楽しめるものだろうか。

そんな杞憂はすぐに消えた。おおかみが出てくると、孫はシートの上にうしろ向きに立ちあがり、背もたれをつかんで顔だけ舞台のほうに振りむき、いっしんに注視している。怖かったのだ。でも、おもしろくて目が離せないのだ。

ここで、わたしは自分の愚かさに気がついた。孫とはいつもお人形さんごっこをしているではないか。ふたりで人形やぬいぐるみのセリフを言いあいながら、架空のお話を楽しんでいるではないか。だったら、彼女がパペット芝居という様式を瞬時に理解しないわけがない。むしろおさない子どもはおとなよりも、虚実のあわいに立ちあがる演劇的なものに没入する能力に長けている、と考えたほうがいいくらいだ。

それにしても、演じられるストーリーを非現実とわきまえながら全身全霊で楽しむことができるというのは、ヒトという生き物に与えられた、いったいどんな恩寵だろうか。目の前の生身の人間や人形が架空の存在になりきって、こことは異なる世界に生きるさまを受けとめるというわたしたちの想像力には、あらためて驚きを禁じ得ない。しかもこの想像力は、言葉をおぼえたばかりのおさない子どもにすでにゆたかに備わっているのだ。

それは、演者からすれば、想像力というよりは憑依の問題なのかもしれない。物語を演じるとは、モノノケが乗り移ってカタルということだからだ。演者は、乗り移られて異世界に命を得る部分と、それを冷静にコントロールするこちら側の部分に分裂し、そのふたつの部分が最良のコラボレーションをするとき、成功を収める。

次は、孫をお話会につれていこうと思う。きっと、声だけで演じられる異世界を楽しむことだろう。ばぁばのお話は、まわりのおもちゃに気が散って、よく聞いてくれない。わたしの語りがへたくそ、つまり依り代として稚拙だということは措くとして。(ドイツ文学研究者・会員)

posted by 語り手たち at 21:06| Comment(0) | 太陽と月の詩

2018年08月01日

語りカフェ・千話一夜

 新企画ご案内

語りカフェin目白 千話一夜


 新企画語りカフェは、平日の午後(水)皆さまと語り合おう!と企画いたしました。

千話一夜は、日曜の夕方5時からの語りの会、いずれも場所は、目白の子どもの文化研究所です。

共に、お茶を用意してお待ちしています。

ご参加くださいね。










   


《語りカフェ》 平日の会               

@201895日(水)13301530 

A201919日(水)13301530 


《千話一夜》 日曜夜の会  *71日は実施済み

B2018122日(日)17001830 


・会場  目白子どもの文化研究所(3回とも)

      (JR山手線目白駅下車2分 村松ビル3階)


・参加費 語りカフェ:300

          千話一夜:100(菓子飲み物付き)


・申込  事前申し込み当日参加

          語り申込用紙(会報に同封)


・問合わせ 語り普及事業部 須山 

          :042-360-1272

          E-mail:y-harmony@jcom.home.ne.j


チラシはこちら ⇓ 

    新企画 語りカフェin目白(Hp用チラシ).pdf




posted by 語り手たち at 21:59| Comment(0) | 語りのイベント

お話の国

お話の国 シリーズ2 詩を語る 5


あこがれ

詩と文  片岡輝


昔の人は、青春を「疾風怒濤」に例えました。朝に

ロダンの考える人を気取ったかと思うと、昼にはグ

ランドのアンツーカの上で、9秒の記録達成を夢見

て短距離走法にチャレンジする。夕べにはキーボー

ドをたたいて「世界の終わり」に酔いしれる。精神

も肉体も激しい嵐となって、時の流れに身を任す。

支離滅裂が青春です。

今月はそんなナイーブな少年を描いた「あこがれ」。

男の子の青春についての詩です。


あこがれ


少年が

旅に心をひかれるのは なぜ

未知へのあこがれが

たくましい肉体に

沸き立ち騒ぐから


少年が

夢に命をあずけるのは なぜ

愛へのあこがれで

きよらかな魂を

みたしていたいから


少年が

なかをまるめるのは なぜ

移ろうはかなさを

自らの足音に

聞き取り竦むから


少年老いやすく

学成りがたし

成りがたきは

学のみにあらざれば

友よ

疾く生き 疾く走れ

あこがれの色あせぬ

そのうちに


*この詩は、池辺晉一郎さんの曲で、混声合唱組曲『風の航跡』(音楽之友社)に収載されています。

posted by 語り手たち at 21:03| Comment(0) | お話の国