2023年02月01日

太陽と月の詩  239 巻頭言

語 り対 面 と オ ン ラ イ ン 、 そ し て ハ イ ブ リ ッ ド

石 川 県 金 沢 市  井 上 裕 子


   ア ン デ ッ シ ュ ・ ハ ン セ ン 著 『 ス ト レ ス 脳 』( 新 潮 社 ・ 2 0 2 2 ) の 中 に 、 興 味 深 い 箇 所 を 見 つ け た 。 コ ロ ナ 禍 の 中 、 デ ジ タ ル 機 器 を 通 し て 外 の 世 界 と 繋 が っ て い て も 、 世 界 中 の 多 く の 人 々 が ス ト レ ス や 孤 独 を 感 じ て い る と い う。 画 面 越 し で は 私 た ち の 社 交 欲 求 は 満 た さ れ な い よ う だ 。

  精 神 科 医 の ハ ン セ ン は そ の 理 由 を 科 学 的 見 地 か ら 説 明 し て い る 。 鍵 と な る の が 鎮 痛 作 用 と 幸 福 感 を も た ら す エ ン ド ル フ ィ ン と い う 神 経 伝 達 物 質 。 ゴ リ ラ や チ ン パ ン ジ ー の 毛 づ く ろ い ( グ ル ー ミ ン グ ) は 、 群 れ の 中 で 社 会 的 絆 を 生 み 、 強 め る 働 き を す る こ と で 知 ら れ て い る が 、 こ の 時 、 エ ン ド ル フ ィ ン の 放 出 が 起 こ っ て い る の だ そ う だ。

  一 方 、 人 間 の 場 合 、「 他 の 人 と 一 緒 に や る 」 こ と で も エ ン ド ル フ ィ ン は 放 出 さ れ 、 連 帯 感 が 生 ま れ る と い う 。 肝 心 な の は 、 複 数 の 人 間 が 同 時 に 同 じ 感 情 を 抱 き 、 物 理 的 に 接 触 す る と い う 点 で あ る 。 笑 う こ と や 踊 る こ と 、 ユ ー モ ア や 感 情 の こ も っ た 話 を 聞 く の は 効 率 の い い 進 化 型 グ ル ー ミ ン グ な の だ そ う だ 。 そ こ で は っ と 気 づ い た 。 語 り は 効 率 の い い 進 化 型 グ ル ー ミ ン グ な ん だ と…… 。

  こ の 三 年 間 、 新 型 コ ロ ナ の パ ン デ ミ ッ ク に よ り オ ン ラ イ ン が 一 気 に 世 の 中 に 浸 透 し て い っ た 。 語 り の 世 界 に も 波 及 し た 。 デ ジ タ ル 機 器 と ネ ッ ト 環 境 が 整 っ て い れ ば 、 ど こ か ら で も 語 り の 会 に 参 加 で き る 。 国 内 外 を 問 わ な い 。 何 と 便 利 な 世 の 中 に な っ た の だ ろ う 。 情 報 通 信 技 術 の 進 化 に 感 謝 で あ る 。

  し か し 、 オ ン ラ イ ン の 語 り は 進 化 型 グ ル ー ミ ン グ の 条 件 を 満 た し て い な い 。 オ ン ラ イ ン (Zoom ) の 場 合 、 語 り 手 は 画 面 中 央 に 映 る 自 身 の 顔 を 見 な が ら 語 る 。 画 面 の 隅 に ギ ャ ラ リ ー の 顔 が 映 し 出 さ れ て い て も 、 聞 き 手 の 反 応 は 捉 え に く い 。 ギ ャ ラ リ ー の カ メ ラ を オ フ に 、 音 声 を ミ ュ ー ト ( 消 音 ) に さ れ る と な お さ ら で あ る 。 ま た 、 ハ イ ブ リ ッ ド ( 会 場 と オ ン ラ イ ン の 併 用 ) の 場 合 、 オ ン ラ イ ン で 参 加 し て い る 語 り 手 や ギ ャ ラ リ ー は 会 場 の 雰 囲 気 を 肌 で 感 じ る こ と は で き な い 。 私 た ち は 五 感 を 通 し て 物 事 を 認 識 す る 。 画 面 越 し で は 五 感 は 満 た さ れ な い 。 対 面 で の 語 り こ そ 、 語 り 手 と 聞 き 手 の 間 に 何 ら か の エ ネ ル ギ ー が 反 応 し 合 い 、 連 帯 感 が 生 ま れ る の で は な い だ ろ う か 。 不 安 定 な グ ロ ー バ ル 時 代 を 生 き る 私 た ち は エ ン ド ル フ ィ ン を 放 出 す る 進 化 型 グ ル ー ミ ン グ を 意 識 的 に 取 り 入 れ る 必 要 が あ る の か も し れ な い 。

( 語り手たちの会 国際・交流事業担当理事)



posted by 語り手たち at 16:36| Comment(0) | 出版物

2023年01月23日

東京都中野区立中央図書館お話会

東京都中野区立中央図書館お話会 報告


 9月、10月と図書館の工事でお休みだったお話会、早速「何のおはなし?」と集まってくれました。

まだコロナ禍の人数制限中ですが、秋から冬へ移り行く季節のおはなしをいろいろ楽しみました。

(第一部 1時半〜1時45分 乳幼児向け 第二部 2時半〜2時45分 幼児・小学生低学年向け)


※11月5日(土) 司会進行  伊知地晃子

第1部 テーマ「秋は実りがいっぱい」(子ども7人、大人4人)

どんぐりころちゃん(手遊び&絵本)(みなみじゅんこ アリス館) 須山優子 

くりくり(絵本)(ひろかわさえこ アリス館) 伊知地晃子 

まちぶせ(語り)(『おはなしぽっちり秋』もりやまみやこ 小峰書店) 須山優子

はしれ!カボチャ(語り)(ポルトガルの昔話 エバ・メフト 小学館) 伊知地晃子 

第2部 テーマ「おいも・さんま・いろいろな秋」(子ども6人、大人5人)

さんまのひらき(手遊び)須山優子 

いもいもほりほり(絵本)(西村敏雄 講談社) 伊知地晃子

ねずみのよめいり(語り)(小林与志 鈴木出版)須山優子  


※12月3日(土) 司会進行  伊知地晃子

第1部 テーマ「ぽかぽかあったまろう」(子ども7人、大人4人)

いとまき(手遊び)伊知地晃子 
とんとんとめてくださいな(語り)(こいでたん作・こいでやすこ絵 福音館書店)須山優子

くまくん、はるまでおやすみなさい(絵本)(ブリッタ・テッケントラップ 徳間書店) 伊知地晃子

第2部 テーマ「寒くってもへっちゃら冬の楽しみ」(子ども4人、大人2人)

雪だるまのチャチャチャ(手遊び)須山優子

ちいさいひなた(絵本)(山田美津子 佼成出版)伊知地晃子

ひなたぼっこ(語り)(『おはなしぽっちり冬』もりやまみやこ 小峰書店)須山優子

うさぎ野原のクリスマス(パネルシアター)(新沢としひこ作詞中川ひろたか作曲)伊知地晃子


※1月7日(土) 司会進行  伊知地晃子

第1部 テーマ「うさぎ」(子ども7人、大人5人)

うさぎさん(手遊び)須山優子 

こうさぎ ぽーん(絵本)(麦田あつこ作 森山標子絵 ブロンズ新社) 伊知地晃子

ぼくにげちゃうよ(絵本)マーガレット・w・ブラウン作 クレメント・ハート絵 ほるぷ出版)  須山優子

うさぎとカメのその後の話(語り)(「まけうさぎ」斎藤隆介作 まつやまふみお絵) 伊知地晃子   

第2部 テーマ「お正月 干支」(子ども4人、大人4人)

しりとり うさぎ年(パネルシアター おはなしかご)須山優子

十二支のお節料理(絵本)(川端誠 BL出版)伊知地晃子

はつゆめちょうじゃ(語り)(こわせたまみ文 村上豊絵 フレーベル館) 須山優子

もちつき(手遊び) 須山&伊知地

*問合せ e-mailsymyuco@gmail.com(須山)Pasted Graphic.jpg


posted by 語り手たち at 09:09| Comment(0) | 中野図書館

2022年12月01日

ブログ記事のご案内

〜ブログ記事のご案内〜

皆様の活動や情報、お知らせなどをHPに載せませんか?
 ご連絡をお待ちしています。右矢印1 メール メールフォーム メール

最近のお知らせ

次項有 和み語り 春 2023.2.3
次項有 あそびの広場 2022.12.4
次項有 宮沢賢治と昔話 2022.11.2





電話で聴く語り
電話で、語り手たちの会理事の語りを聞いてみませんか。
受話器を通して耳元で語りかけてもらうおはなしは、語り手の息づかいも感じられ、満足感も味わえます。 



語りの広場
「語り」とは、文字を見ないでお話を聞き手に届けることです。
語り手たちの会は聞き手と語り手が同じ空間を共有し、お互いに目と目を合わせて行う「語り」をしています。
今はコロナ禍によって、人々が集う語りの会の開催が減ってしまいました。
そこで、「語り」を音声録音にしてお届けいたします。
ぜひ「語り」をお楽しみください。《随時更新中》




語り手の郷
「語り手の郷」は全国で活動されているおはなしグループのみなさんに、おはなし会の様子や練習風景、プログラムなどを自由に紹介してもらうコーナーです。



あそびの広場
わらべうたや手遊びを紹介するコーナーです。



-------------------------------------------------------------------

*その他の記事も、右のカテゴリから選んでご覧ください。


posted by 語り手たち at 20:22| Comment(0) | ブログ記事のご案内