2017年07月19日

7月のお話


「ナナのアサガオ」


片岡輝・文  花の内雅吉・絵


なかのおじいちゃんが送ってくれた黒いタネから大きなアサガオの花が一輪咲きました。今日はナナの誕生日。つるの先にはバースデイケーキに立てるねじりロウソクそっくりなつぼみが、かぞえるとナナの年と同じ数だけ5つついています。

「おじいちゃんからのプレゼント、よかったわね」とママ。


2017年7月イラスト@パパとあさがお.jpg


「パパがちいさかったときは、アサガオの花のみつをすいに飛んできたダンゴバチやミツバチが花の中にもぐりこむと、花びらすばやく手でつまんで、ハチたちを花の中にとじこめて遊んだものさ」

「ハチはどうなるの?」

「花の中でブンブンワンワンおおさわぎさ」

「さされないの?」

「さされるまえにパット花を開いて逃がしてやるのさ。たまにはさされることもあったなあ。さされたら、いそいでおしっこをつけるんだ。はれあがらないようにね」

「えーつ、おしっこ?」

「よくきくんだぞ。ハッハッハ…」


                                             2017年7月イラストA昼と夜のあさがお.jpg
      

パがおしごとにでかけてしばらくしてのこと、ナナがべそをかきながらとんできました。

「ママ、ママ、どうしよう?お花がしぼんじゃったの」

「アサガオは早起きでしょ。だからお日さまがまぶしくてしぼんだのよ。ナナちゃんに面白いことおしえてあげる。しぼんだ花をつんで、花の先を手でつまんで、根元のところから、息を吹き込んでごらんなさい。ポン!ってかわいい音を立ててはじけるわよ」


      2017年7月イラストBあさがおの色水.jpg

ナが思いっきり息を吹き込むと、風船ガムが破れた時のような音がして、しぼんだ花がはじけました。

「今度は、しぼんだ花を集めて、水を入れたコップの中で、ギュギュってしぼってごらんなさい。アサガオ色のすてきな色水ができるわよ」

色水はかんたんにできました。コップをとおして辺りを見ると、世界中がきれいなピンク色に染まっています。ピンク色の空、ピンク色の犬のシロ、ピンク色の弟のケンちゃん

…あ、ケンちゃんが大事なつぼみをむしり取ろうとしています!


                                              2017年7月イラストC.jpg

「だめ!ナナのお花とっちゃだめ!ほしかったらケンも自分でタネをまきなさい」

ナナナのけんまくに、ケンはびっくりして走っていってしまいました。

明日は七夕さまです。折り紙を切ってつくった短冊にナナはこう書きました。

「おほしさまにおねがい。あお、あか、ピンク、しろ、むらさき、きいろ、おれんじのはなをさかせてください」

アサガオには、きいろやオレンジの花は咲かないのにね。お星さま、きっと困るでしょうね。


 ぎの日の朝のこと。ナナがバースデイプレゼントにもらったママの手作りのゾウの枕を抱いて寝ていると、ケンが大声をあげながらとびこんできました。

「やったー!やったー!ぼくがまいたタネからおはながいっぱいいっぱいさいた!」

ナナがお庭に飛び出してみると、どこにも新しい花なんか見当たりません。

「ぼくね、きのう、アサガオのところにビー玉のタネをたくさんまいておいたんだ。そしたら、ほら、おはながいっぱい!」

ケンが指さす方を見ると、アサガオの葉っぱのあちらこちらに、まあるい朝露がお日さまの光を受けて、キラキラキラキラとひかり輝いておりました。


2017年7月イラストDあさがお.jpg



posted by 語り手たち at 08:44| Comment(0) | お話の国

2017年07月07日

〜ひろがれ!ゆめ・あい・げんき〜 おはなしフェスタ〜

〜ひろがれ!ゆめ・あい・げんき〜

 おはなしフェスタ



想像力を育み、あらゆる世代の生きる力を湧き立たせる「おはなし」の持つ力を体験してみませんか。

絵本作家きむらゆういちさんの講演と五つの分科会で、おとなもこどもも、心のリフレッシュを!!

魅力的な講師の皆さんのナビゲートで、きっと新しい何かに出会えるフェスタです。


詳しくはパンフレットをご覧ください。

    ↓

   パンフ:おはなしフェスタ(会員用).pdf


おはなしフェスタの分科会・宿泊の申し込みは

     77日(金)の消印より受付中


パンフレットの裏面の申込用紙をコピーして、下記まで郵送してください。


送付先 〒963−4312

福島県田村市船引町船引字扇田19

田村市図書館おはなしフェスタ事務局宛


お問い合わせ先 TEL 0247−82−1001

FAX 0247−82−1291


宿泊申し込みについて  

        定員50名、先着順・定員になり次第締め切ります。

        定員に達しましたら、ホームページでお知らせいたします。


奮ってご参加ください。お待ちしています!




posted by 語り手たち at 05:03| Comment(0) | 40周年記念事業

2017年07月06日

地球を泣かせないで 〜平和こそ命〜 を聞いて

地球を泣かせないで 〜平和こそ命〜 を聞いて


地域支援事業担当理事  村田厚子


ある年配の方をこの会にお誘いした時、

「いや、思い出したくないから」

そう言われました。はっとしました。戦争を体験した人は、心の底に触れられたくない痛みを抱えているのです。

考えてみると私は父から直接、戦地での話を聞いたことは一度もありません。母からは、食べ物の調達がどんなに大変で惨めだったか、タンスの中身はみんな食料と交換したという話は何度か聞かされていましたが。


秋山勝彦さんの語り「ぼくの戦争」は、さらりと、時にはユーモアを交え、それなのに悲惨な映像がまざまざと見えてきました。

「原爆の生き残り」という胸に突き刺さる言葉に傷つき、被ばく手帳をもらわなかった秋山さんは、今ではしっかりと子どもたちに、ご自身が経験された戦争を伝えておられます。あっという間にすぎてしまった80分でした。


福島県田村市の宗像さんは、福島原発事故の放射能の影響で椎茸の生産が出来なくなった現状を静かに伝えてくれました。

膨大な数のホダ木(椎茸の植菌をした木材)を、やむなく処分しているところや、アンパンほどもある見事な椎茸の写真などを持参され、よく理解することができました。

6万本のホダ木は汚染物質としてブルーシートに覆われ、7年めに焼却され、700袋のごみになっているとか・・


秋山さんの語りも、宗像さんの語りも、穏やかに語ることで、かえって、怒りや悲しみ無念さがしっかり心に伝わってきました。


会の後半はパーソナルストーリーを聞きました。 秋山さんの「涙を流したワニ」!秋山さんは底知れぬユーモアの持ち主で 会場を笑いと煙(けむ)に巻いてしまいました。

会員の皆さんの語りも短くセンス良くまとめられて、笑いに包まれて楽しく会が終わりました。


最後に片岡理事長が、今、こうして笑っていられるのも、平和のお蔭ですよと、この会のテーマでもある平和こそ命!を強調されました。そして私たち語り手が 戦争の悲惨さや、平和のことを語ってゆかなければと結ばれました。


72日プログラム・・・

1「ぼくの戦争」              秋山勝彦

    『ぼくの戦争 原爆はそらまめがこげるにおい』より


2部 パーソナルストーリーを語る

  「自然の豊かな恵みを受けて」宗像基子

  「告げ口」         新田安季子

  「脱いじゃだめ!」     井上雅美

  「私の叔父」        高橋裕美

  「勾玉」          野田登志子

  「かわいいコロッケ」    須山優子

  「涙を流したワニ」     秋山勝彦




 秋山勝彦氏.jpg

秋山勝彦氏


宗像基子氏.jpg

宗像基子氏


宗像基子氏 (2).jpg

宗像基子氏 写真と共に


秋山勝彦氏と片岡理事長.jpg

片岡理事長と秋山勝彦氏

()


posted by 語り手たち at 22:56| Comment(0) | 40周年記念事業