2019年05月01日

太陽と月の詩 NO.224 巻頭言

短編小説の味わいを語りに


NPO法人語り手たちの会理事長片岡輝


 この三月十七日に川越で開かれた『弥生語り』で会員が語った十の語りは、折しも競い合って咲き始めた桜のように美しく豊潤で、聞き手を魅了しました。ここ数年来の語り手の成熟ぶりとレパートリーの多様化には、目を見張るものがあります。アマチュアの趣味の域を超えて本格的な語りの文化が花開きつつあると実感します。語り手それぞれの個性的な語り口が、漱石の『夢十夜』の第一夜、賢治の『注文の多い料理店』、松谷みよ子の『みょうが宿』など。再話では、君川みち子の『きつねの桜かんざし』、須山優子の『山吹幻想』などいずれも短編小説の持つ凝縮された物語の魅力を余すところなく伝えてくれました。

 目を文学の世界に転じると、短編小説は一味も二味も違った知られざる傑作の宝庫です。東西古今の作家が、小粒でもピリリと薬味の利いた作品をたくさん書き残しています。ヒューモア、ノンセンス、ロマンス、ホラー、ファンタジー、SF、人情噺、ドキュメンタリーなどなどの手法やスタイルを駆使して、時代、地域、風俗、民族、信仰、ジェンダーなどの違いを超え、物語の底知れない魅力を引き出しています。

 トルコ最高の風刺作家と謳われるアズイズ・ネスインの『口で鳥をつかまえる』(護雅夫訳。藤原書店)の諧謔と悲哀に彩られた作品。アメリカのスティーヴン・ミルファーザーの『十三の物語』(柴田元幸訳・白水社)オープニング漫画と名付けられた『ネコと鼠』は、なんとアニメでおなじみの『トムとジェリー』を文章化したもので、作文の教科書のようです。チェコのカフカの『短編集』『寓話集』(ともに池内紀訳・岩波文庫)も宝石探しを楽しめます。

イタリアからは、アントニオ・タブッキの『時は老いをいそぐ』(和田忠彦訳・河出書房新社)と、デイーノ・ブッツァーティの『待っていたのは』(脇功訳・河出書房新社)を大人向けに。すでにご存じの方も多いと思いますが、子ども向けには、児童文学作家のジャンニ・ロダーリの『パパの電話を待ちながら』(内田洋子訳・講談社)をお薦めします。

 短編小説は、語り手自身が読んで楽しめ、次いで語り手が語ることを通して聞き手が楽しみ、さらには、語りの文化を豊かに実らせることにも貢献するという、いいことずくめの連鎖を生みます。

 近い将来、語り手の肉声で珠玉の短編小説が楽しめる日を首を長くして待っています。

posted by 語り手たち at 16:01| Comment(0) | 太陽と月の詩

2019年04月17日

弥生語り 報告&プログラム

〜弥生語り〜



弥生語りに参加して

矢部みゆき(郡山市)


 今回は、高校1年生(4月より2年生)の若き語り手・阿部さくらさんを東京デビューさせるべく(東京ではなく川越でしたが)、私が代表を務める会(おはなし「玉手箱」)の仲間と4人で参加しました。


ラッキーなことに、第一部では「語りの継承について」大島廣志先生のご講演を聞くことができました。続いて、大島塾の菅野さんと須山さんが登場。自然な身体表現、ゆったりとリラックスさせながら、聞き手の心にありありと情景を見せてくれる語りは、「これぞ『語り手たちの会』の語り!」でした。


 第二部のトップバッター・池上さんは、お人柄がにじみ出た温かい語りでした。次がいよいよさくらさんです。さくらさんは、NHK朗読コンクールで2度日本一に輝いたお嬢さん。中学3年の夏休みに「大人のための語りと朗読の会」で朗読を披露してもらいました。その際、私たちの語りを聞いて「次回は、語りたい」と、高校1年の昨夏、語りデビュー。弥生語りの演目も自ら選び、練習を重ねての出演です。私は自分が語るよりもドキドキし、手に汗握りました。3番・遠藤さんの、宿屋の主人がお金をもらい忘れた落ちの場面では、会場が笑いに包まれました。


4番・清水さんは、文学を語る際に透けて見えがちな文字を全く感じない自然な語り口。特に登場人物の台詞のテンポが抜群でした。5番・芝さんの、そして誰もいなくなった…シュールなストーリーは「頭に柿の木」に収録されています(見逃していました)。トリは君川さん。歌うような美しい語りに魅了されました。司会の井上さんの優しい気配りと途中の手遊びも素敵でした。


さて、肝心のさくらさんの語りですが、皆さまいかがだったでしょうか?育ての親としては、緊張した中でも、朗読で培った声は表情に富み、堂々とした東京(あ、川越)デビューだったと自負しております。


 この日、さくらさんデビューとともに嬉しかったのは、地元の仲間と参加できたことです。優れた語り手になるには、優れた語りを聞くことが何より大事。そして、「語り手は『聞かせておきたい話』と『自分で語りたい話』の両方を持っているべきであり、聞き手が誰かによって、内容を決めることが大切である」との大島先生の講演は、これからの私たちの活動の軸になることでしょう。「私の」でなく「私たちの」軸ができることがありがたいです。


 片岡先生はじめ、スタッフの皆さま、お世話になりました。また、参加させていただきます。




プログラム(参加人数 120名)


一部 語りの継承


講義 語りの継承              大島廣志

語り・・・

ものいう亀(『全国昔話資料集成6 肥後昔話集』岩崎美術社)

  菅野智子

嫁の草取り(『女の底力』一声社)          菅野智子

松山鏡(『越後の民話』未来社 他)            須山優子

山吹幻想(『ふるさと伝説 東京武蔵野挽歌』小学館 他)  須山優子


二部 種種の語り


狸のえりまき(『女むかし・君川みち子再話集』)      池上富士子

夢十夜 第一夜(夏目漱石作)            阿部さくら

ミョウガ宿(『読んであげたいおはなし(上)松谷みよ子の民話』ちくま文庫)

                                    遠藤喜与子

注文の多い料理店(宮沢賢治作)         清水三和子

二百人の泥棒(『頭に柿の木』語り手たちの会発行)       芝匠子

きつねの桜かんざし(女むかし・君川みち子再話集』) 君川みち子

続きを読む
posted by 語り手たち at 23:22| Comment(0) | 語りのイベント

2019年04月10日

古屋和子ひとり語り 卯月のライブ


古屋和子ひとり語り 卯月のライブ


   残された者たち  其の二



1992
年「古屋和子ひとり語り・新春蔵出しライブ」として始めたひとり語りライブも、28回目になりました。
30
回目になる2021年に向けて、昨年から「残された者たち」というテーマで語ることを、始めました。戦死、捕虜、思わぬ成り行きで身内から犯罪者を出してしまった時、残された者達は、何を思い何をするのか?。
40
年語り続けてきた近松の世話浄瑠璃の数々と共に、昨年の平重衡、今年の平宗盛、は長年温め続けていたものです。

----------------------

2019年 4
20()22()


●プログラム

 ・近松門左衛門作   音の臨書・近松世話浄瑠璃集

      「堀川波鼓」       

         語り/古屋和子

 ・平家物語  

  「臆病におわする人なればーー宗盛」   

        語り/古屋和子  琵琶/塩高和之

● 日程

   4月 20日 (土)  平家14:00/近松18:00
   4月 21
日 (日)  近松13:30/平家
17:00
   4月 22
日 (月)  平家14:00/近松
18:30


前売 \3000/当日 \3500/二回通・ペア \5500/学生 \2000

● 於:原宿アコスタジオ
  

         JR原宿駅竹下口から徒歩3分 赤星ビルB1F

● 予約問合:SHOW  
09039087046
                                
oguri18-21@softbank.ne.jp
                                 FAX
0333028043

チラシはこちらから ↓


posted by 語り手たち at 09:52| Comment(0) | 全国語り情報