2019年04月10日

古屋和子ひとり語り 卯月のライブ


古屋和子ひとり語り 卯月のライブ


   残された者たち  其の二



1992
年「古屋和子ひとり語り・新春蔵出しライブ」として始めたひとり語りライブも、28回目になりました。
30
回目になる2021年に向けて、昨年から「残された者たち」というテーマで語ることを、始めました。戦死、捕虜、思わぬ成り行きで身内から犯罪者を出してしまった時、残された者達は、何を思い何をするのか?。
40
年語り続けてきた近松の世話浄瑠璃の数々と共に、昨年の平重衡、今年の平宗盛、は長年温め続けていたものです。

----------------------

2019年 4
20()22()


●プログラム

 ・近松門左衛門作   音の臨書・近松世話浄瑠璃集

      「堀川波鼓」       

         語り/古屋和子

 ・平家物語  

  「臆病におわする人なればーー宗盛」   

        語り/古屋和子  琵琶/塩高和之

● 日程

   4月 20日 (土)  平家14:00/近松18:00
   4月 21
日 (日)  近松13:30/平家
17:00
   4月 22
日 (月)  平家14:00/近松
18:30


前売 \3000/当日 \3500/二回通・ペア \5500/学生 \2000

● 於:原宿アコスタジオ
  

         JR原宿駅竹下口から徒歩3分 赤星ビルB1F

● 予約問合:SHOW  
09039087046
                                
oguri18-21@softbank.ne.jp
                                 FAX
0333028043

チラシはこちらから ↓


posted by 語り手たち at 09:52| Comment(0) | 全国語り情報

2019年03月28日

おはなしごっこ012

おはなしごっこ012


 328日でおはなしごっこ01215期が終了しました。

横浜市山内図書館と共催でおこなっている0,1,2歳さん対象のお話であそぶ会です。

今日は 4人のおかあさんがみんなに絵本を読んでくださいました。

楽しくてとってもいい雰囲気。

6か月の間、大きくなってくる子どもたちを一緒に見守ってきてみんながニコニコでした。


15期:写真1.jpg


15期:写真2.JPG




posted by 語り手たち at 22:57| Comment(0) | おはなしごっこ

2019年03月26日

福島 支援の記録

地域支援事業では、事業の一環として 福島の子どもたちにお話を届けています。


事業費から交通費の一部を負担するだけで、あとは会員の皆さんにボランティアでの参加をお願いしております。


この事業は福島の「福島・被災地の子どもと本をつなぐ会」の方々のご協力の上に成り立っています。


これまでの状況をご報告いたします。

地域支援事業担当 村田厚子


2018年度福島支援報告 T

日付


活動場所

対象

語り手

主な語り

 2018/6/15

ほくしん保育園講座

3,4才福島保育連絡会

高橋裕美

とりのみじさ、だれのかさ?

/20

庭坂小学校

1,2,3年生

菅野智子

ちゃっくりかきふ、指太郎 

10/30

瀬上小学校

5,6年生

小阪眞理子

水の種、刑部姫、鬼の唾

11/

飯坂小学校

2年生、保護者参観

村田厚子、

藤木恭子

クリスマスのごちそう

はなたれ小僧さま

  〃

吾妻学習センター

市民講座 大人向け

満月会  大人向け

村田厚子

藤木恭子

虹の嫁、古い小屋

おはなしおはなし、はなたれ小僧さま

11/

野田小学校

1,2,3年生

村田厚子

藤木恭子

さるのてぶくろ、幽霊船のはなし

おんどりと2枚の金貨

11/

本宮市立岩根幼稚園

4,5才児

伊藤裕子

三つの願い、まんまるまんま

11/

矢野目小学校

1,2年生

清水三和子

ギイギイドア、おはなし好きな殿様

                               




続きを読む
posted by 語り手たち at 20:55| Comment(0) | 地域活動支援